古代ローマの人名

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

古代ローマの人名(こだいローマのじんめい)について解説する。共和制ローマの時代までと、ローマ帝国(帝政ローマ)の時代を通して、古代ローマの男性市民は3つの名前(tria nomina)を持っていた。

順番 第一名 第二名 第三名
原語 praenomen nomen (gentile) cognomen
よみ プラエノーメン ノーメン コグノーメン
意味 個人名 氏族名 家族名
ルキウス コルネリウス スッラ

さらに第四名(アグノーメンagnomen)として添え名がつくこともあった。上記スッラは自ら「幸運の人」フェリクスFelixを付け加えた。氏族名は常に世襲で、後には第三名も(家族名となって以降)そうなった。女性は通常、個人名と添え名を持たなかった

歴史[編集]

王政ローマの初期には、人々はロムルスやマニウスといった1つの名前で示されていたようである。ローマが勢力を拡大し、人口も増加してきた時、ファミリー・ネームが用いられるようになった。共和制初期の頃には、家族の全員が最低でも2つの名前、つまり個人名と、後に氏族名に固定され受け継がれる家父長(en:pater familias)の属格形を持つようになった。

この二名式の命名法はこの地域のインド・ヨーロッパ語族の中ではユニークなものだった。さらに名前の核となる部分は、個人名ではなく、世襲制の氏族名であった。おそらく、使われている個人名の種類が少なかったからだと思われる。

共和制後期になると、氏族の重要性が増し、部族投票の規模が拡大し、氏族の中のそれぞれの家を示すために家族名が追加された。このようにして、貴族は一般的に3つの名前を持つようになった。このシステムが用いられた記録は古くは紀元前5世紀後半まで遡ることができるが、定着するまでに時間がかかり、公式の文書に現れたのは紀元前2世紀後半になってからで、さらに帝政ローマ直前のルキウス・コルネリウス・スッラの時代まで一般的なものではなかった。貴族以外への浸透はさらに遅く、平民が家族名を使った最初の例は紀元前125年頃で、その後1世紀は普及しなかった。

東ローマ帝国になると、古代ローマの言葉・文化、それに名前は、徐々にギリシアのものによって置き換えられた。

個人名[編集]

氏族名[編集]

氏族名(第二名、ノーメン、nomen gentile、通常略してnomen、稀にgentilicium)は「氏族」(ゲンス、gens, 複数形:gentes, family clan, en:Gens参照)の名で、男性には男性形で使われる。元々の「氏族」はローマに定住した家族集団の子孫だったが、やがて、特定の地域を満たす全体の氏族(clan)にまで発展した。ローマの地域の拡張は多くの部族(tribe)をも拡大させ、そのため、すべての部族が元々の移住者というわけにはいかなくなった。エトルリア人家系のために付けられたものもある一方、その土地の部族や地形的特徴(たとえば「川」)から付けられたものもあった。古代ローマの氏族名で有名なものを挙げると、アエミリウスクラウディウスコルネリウスドミティウス(Domitius)、ユリウスポンペイウスen:Pompeius)、アントニウスen:Antonius)、ウァレリウスなどである。

家族名(第三名)[編集]

第三名(コグノーメン、コニョーメン)は、元々は同名の人物を区別するためのニックネーム、あるいは個人の名前として使われだした。公式の文書に現れたのは紀元前100年頃になってからである。その名称は身体的または性格的特徴から付けられることが多く、時には皮肉な結果となることもあった。ガイウス・ユリウス・カエサル(ジュリアス・シーザー)の第三名「カエサル」は「豊かで長い髪」を意味するが(異説もあり、詳細はカエサルを参照)、本人は禿げていた。一方、タキトゥスは「沈黙」を意味するが、本人は有名な雄弁家だった。しかし、共和制以降、第三名はニックネームではなくなり、父から子に受け継がれる、氏族(ゲンス)の中でその家を区別する「家族名」に変わった。

氏族名からの派生名[編集]

男性の何人かは、母方の、または養子に出されたのであれば実の父方の氏族名を変化させた「-anus」で終わる第三名を持っていた。たとえば、ウェスパシアヌス(Titus Flavius Vespasianus)の氏族名「フラウィウス(Flavius)」は父親(Titus Flavius Sabinus)の氏族名だが、第三名「ウェスパシアヌス(Vespasianus)」は母親(Vespasia Polla)の氏族名「ウェスパシア(Vespasia)」から付けられたものである。母親の氏族名ではなく家族名から派生した第三名を持つ者もいた。たとえば、カラカラ(本名Lucius Septimius Bassianus)の第三名は、母方の祖父(Gaius Julius Bassianus)の氏族名(ユリアスJuliusだからユリアヌスJulianusになる)ではなく、家族名のバッシアヌス(Bassianus)である。

男性が養子に出された時は、養父の名前に変わる(個人名は除く)。もし望むならば、元々の氏族名を新しい氏族名・家族名の後に付け足すこともできた。たとえば、小スキピオ(Publius Cornelius Scipio Aemilianus)はCornelii Scipiones家の養子であるが、元々はアエミリウス(Aemilius)氏族だった。マーメルクス・アエミリウス・レピドゥス・リーウィアーヌス(Mamercus Aemilius Lepidus Livianus)はAemilii Lepidi家の養子だが、元々はリウィウス(Livius)氏族だった。しかし、すべての養子になった人がそうするわけではなかった。たとえば、アウグストゥス(養子後の本名Gaius Julius Caesar Octavianus)は成人してからは元々の氏族名「オクタウィアヌス(Octavianus)」を使わなかった。Octavii氏族がJulii氏族ほど尊敬されなかったからである。

添え名[編集]

第三名が世襲の「家族名」になって以降、ニックネームとしての機能は失われた。新たに生まれた「添え名」(第四名、アグノーメン)は、出生後(すぐにではない)個々の特徴または特技を示すために付けられた。一般的な添え名は「ピウス(Pius)」で、誠実さや神々への畏敬、家族・国家への献身といった徳を見せる物に付けられた。「高慢」を意味する「スペルブス(Superbus)」、「ハンサム」を意味する「プルケル(Pulcher)」という添え名もあった。

氏族名や家族名と違って、息子にも同じ特性があったか、同じ行いをしない限り、添え名は普通世襲されなかった。しかし、「アウグストゥス」(尊厳者)や「ゲルマニクス」(ゲルマニアを征服せし者)といった勝利の添え名は、やがて第三名として代々受け継がれるようになった。

「家族名(第三名) 氏族名からの派生名」で述べた、氏族名に接尾辞の「-anus」がついて変化した名は、時に添え名と考えられる場合もある。プリスキアヌス(en:Priscian)は「クラウディアヌス(Claudianus)」、「アエミリアヌス(Aemilianus)」をその例として挙げている。

外国の名前[編集]

ローマがイタリア半島の外にも領土を拡大するようになると、外国の名前も取り入れられるようになった。義務を果たした予備兵などローマの市民権を得た人々はそうして構わず、少なくとも旧名の一部を使用した。ローマの支配地域の出身者で、ほとんどはギリシア出身の人々だった。市民権を授けられた非=市民の予備兵たちは皇帝の氏族名を借用し、それに自国の名を第三名として付け加えた。

新しい市民も在位中の皇帝の氏族名を付けることが多かった。たとえば、カラカラ(Marcus Aurelius Antoninus)が帝国内のすべての自由民に市民権を拡大した時には、多くの人々が「アウレリウス(Aurelius)」という氏族名をつけた。(もっともカラカラの本当の氏族名はセプティミウスSeptimiusだった。アウレリウスはローマ貴族を装ったのである)。

女性の名前[編集]

ローマの女性の名前は一般に個人名を持たない。父親の氏族名の女性形のみで、娘が複数の場合は全員が同じ名前だった。もし説明が必要ならば、名前の後に父親の第三名の属格か、結婚後の夫のものを続けた。それゆえにキケロはある女性を「Annia P. Anni senatoris filia」(P. Annius the senatorの娘Annia)と呼んだ。共和制後期には、女性たちも父親の第三名の女性形をつけるようになった。たとえば、アクィリア・セウェラ(en:Aquilia Severa)は、アクィリウス(Aquilius)の娘でセウェルス(Severus)の妻だった(この場合は両方とも氏族名から取られている)。第三名の女性化はしばしば指小語になる。たとえば、アウグストゥスの妻リウィア(Livia Drusilla)はマルクス・リウィウス・ドルスス(M. Livius Drusus)の娘だった。

もし娘が二人いたとしたら、「大(Maior)」と「小(Minor)」で区別することもできた。マルクス・アントニウスの娘は、大アントニアネロの祖母)と、小アントニアクラウディウスの母)である。もし2人以上ならば序数詞で区別される。コルネリア・クインタ(Cornelia Quinta)はコルネリウス(Cornelius)の5番目の娘である。「大」と「小」の添え名は同じ名前の母親と娘も区別する。たとえば、小アグリッピナ大アグリッピナの娘で、小ユリア大ユリアの娘である。

名前の追加とその例[編集]

素性[編集]

初期のローマ人の名前には、個人名と氏族名がフルネームで、その後に、いわゆる素性(父祖の名にちなむか、あるいは父親の明示)を続けた。素性(patronimicus)はラテン語の「filius(子)」(省略形は「f.」)を含み、その属格で理解される父親の個人名の省略形が前置きされた。それだから、M. Antonius M. f. (Marci filius)という人物がいたとしたら、その人は、Marcusの子、Marcus Antoniusということになる。さらに祖父を明示したい時には「nepos(孫)」(省略形は「n.」)を使うこともできた。

共和制の中期には、その人が参加した部族の省略形が素性の後に付け足された。それがいつ名前の正式な一部になったかはわからない。

部族[編集]

部族(または族、tribe)は、祖先を示すものではなく、地理的な区別であった。男性は、主に住んでいる家のあるところの部族に属していた。部族による投票が行われるようになってから、部族は市民権の重要な一部であった。帝国の拡大に伴って、多くの部族も拡大した。(具体的にどんな部族があったかは、en:List of Roman tribesを参照)。

完全な名前の分析例[編集]

Marcus Aurelius Lucii f. Quinti n. tribu Galeria Antoninus Felix, domo Caesaraugustaという人物の名前は、次のように分析できる。

要素 名の種類 備考
Marcus 個人名 マルクス
Aurelius 氏族名 アウレリウス氏族
Lucii f(ilio) 父親の名 ルキウスの子
Quinti n(epo) 祖父の名 クイントゥスの孫
tribu Galeria 出自 ヒスパニア地方のガレリア部族
Antoninus 家族名 アントニヌス家
Felix 添え名 「幸運な人」という意味
domo Caesaraugusta 住所 スペインサラゴサ

日常的には、この人物は家族名の「アントニヌス」か、あるいは個人名と氏族名を合わせて「マルクス・アウレリウス」と呼ばれた。「マルクス・リウィウス・ドルスス(Marcus Livius Drusus)」であれば、単に「ドルスス」か「マルクス・リウィウス」になる。「ユリア・マルキアナ(Julia Marciana)」という女性なら単に「ユリア」である。このことが後世の歴史家にとって研究の障害にもなった。同名の人物が非常に多く、ある名前が誰を意味するのか判断しにくいケースも目立つからである。

個人名の変化[編集]

古代ローマ人の名前は地位や養子縁組などで変わることも多かった。例として以下に初代皇帝アウグストゥスの名前の変遷と、その内容を示す(上段は古代ローマ時代の表記、中段は現代における古典ラテン語での表記、下段はおおよその意味である)。

紀元前63年、ガイウス・オクタウィウス・トゥリヌスとして誕生。

  • C·OCTAVIVS·C·F·THVRINVS
  • Gaius Octavius Gaii filius Thurinus
    • オクタウィウス氏族のガイウス、ガイウスの子、都市トゥリオイを制覇せし者

紀元前44年、カエサル暗殺。遺言により養子となり、その名を受け継ぐ(養父との区別のため、後世の歴史家からはオクタウィアヌスと呼ばれる)。

  • C·IVLIVS·C·F·CAESAR·OCTAVIANVS
  • Gaius Julius Gaii filius Caesar Octavianus
    • ユリウス氏族カエサル家のガイウス、ガイウスの子、旧氏族名オクタウィウス

紀元前42年、カエサルの神格化(en:Apotheosis)に伴い改名。

  • C·IVLIVS·DIVI·F·CAESAR·OCTAVIANVS
  • Gaius Julius Divi filius Caesar Octavianus
    • ユリウス氏族カエサル家のガイウス、神の子、旧氏族名オクタウィウス

紀元前31年、最高司令官を意味するインペラトルを名前に組み込む。

  • IMP·C·IVLIVS·DIVI·F·CAESAR·OCTAVIANVS
  • Imperator Gaius Julius Divi filius Caesar Octavianus
    • ユリウス氏族カエサル家のガイウス、最高司令官にして神の子、旧氏族名オクタウィウス

紀元前27年元老院から「アウグストゥス(尊厳者)」の称号を贈られる。

  • IMP·CAESAR·DIVI·F·AVGUSTVS
  • Imperator Caesar Divi filius Augustus
    • 最高司令官カエサル、神の子アウグストゥス

脚注[編集]

参考文献[編集]