小アントニア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
小アントニア

小アントニア(Antonia Minor, 紀元前36年 - 紀元37年)はユリウス・クラウディウス朝の家系に属する皇族の女性。

父はマルクス・アントニウス、母はアウグストゥスの姉小オクタウィア。姉に同名のアントニアがいる。姉と区別するために小アントニアと呼ばれる。

生涯[編集]

幼少期、未婚時代[編集]

ギリシアアテネで生まれる。すぐにローマに兄弟たちと母親に連れられた。父親アントニウスは紀元前32年に離婚、紀元前30年には自死していたので、アントニアは父親についてはあまり知ってはおらず、幼少期は専ら母親オクタウィア、義理の伯母のリウィア、そして伯父のアウグストゥスのもとで育てられた。また彼女は裕福でローマを訪れる人々を招き入れる事が多かった。その中には後に四皇帝内乱の時代に皇帝になるウィテリウスの父親もいた。

紀元前16年ネロ・クラウディウス・ドルースス(大ドルスス)と結婚。夫はアウグストゥスの連れ子で彼の妻リウィアの実子、後の皇帝ティベリウスの弟であった。2人の間には何人か子供が生まれたが、3人だけが成人を迎える事ができた。

夫の死[編集]

夫ドルススはゲルマニアに転戦中、紀元前9年に落馬が原因で死んでしまう。その後アウグストゥスから何度も再婚するよう催促があったが、彼女は独身を貫いた。その後彼女は自分達の子供達をローマで育てるが、必ずしも幸福とは限らなかったようである。まず19年に息子ゲルマニクスが中東のアンティオキアで謎めいた(おそらくはマラリアによる)死を迎える。23年には娘のリウィッラセイヤヌスと結託、夫の小ドルススを毒殺する。その後31年セイヤヌスは処刑され、その際に小ドルスス毒殺の真相がティベリウスの知るところとなる。リウィッラは母親アントニアのもとに送られ、処断を委ねられた。カッシウス・ディオによると、アントニアは娘リウィッラを監禁、餓死させたと言う。こうして彼女のもとに残った子供はクラウディウスのみとなったが、生育が未発達なこの息子をひどく嫌い、愚か者の話をする時には「息子クラウディウスよりも愚かな人」と公然と比較の対象として蔑むほどだった(そのクラウディウスが皇帝としては見事な実績を残したのは大いなる皮肉である)。

カリグラの即位[編集]

37年にティベリウスが没し、カリグラが帝位に就く。そして彼女は、妹ドルシッラが生前そうだったように丁重に扱われた。しかし、皇母リウィア以外の女性に送られた事のない称号「アウグスタ」を彼女に与えようとしたが、これを辞退する。その6ヶ月後、カリグラは病に伏せ、その間に彼女は何かしらの忠告を彼に与えたらしい。これがカリグラの勘に触り、同年カリグラによって自殺を命ぜられる。スエトニウスによると、カリグラによる毒殺だったと言う。

41年にカリグラが暗殺され、息子クラウディウスが帝位に就くと「アウグスタ」の称号が贈られた。

系図[編集]

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
カエサル1世
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
カエサル2世
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
大マリウス
 
ユリア・カエサリス
 
大カエサル
 
アウレリア
 
セクストゥス・カエサル
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
小マリウス
 
小コルネリア
 
ユリウス・カエサル
 
小ユリア
 
アティウス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ポンペイウス
 
ユリア・カエサリス
 
 
 
 
 
オクタウィウス
 
アティア
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
スクリボニア
 
アウグストゥス
 
リウィア
 
クラウディウス・ネロ
 
アントニウス
 
小オクタウィア
 
小マルケッルス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アグリッパ
 
大ユリア
 
ティベリウス
 
大ドルスス
 
小アントニア
 
大アントニア
 
ルキウス・ドミティウス
 
小マルケッラ
 
メッサリヌス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
大アグリッピナ
 
 
 
ゲルマニクス
 
 
クラウディウス
 
 
 
 
グナエウス・ドミティウス
 
ドミティア・レピダ
 
バルバトゥス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
カエソニア
 
カリグラ
 
小アグリッピナ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
メッサリナ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ユリア・ドルシッラ
 
 
 
 
 
 
 
ネロ
 
クラウディア・オクタウィア
 
ブリタンニクス