コグノーメン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

コグノーメンcognomen, 複数形:cognomina、教会式発音でコニョーメンとも)は、元々は古代ローマの人名の第3番目の名前(第三名)のことをいう。コグノーメンは当初は愛称(ニックネーム)だったが、世襲される名前(家族名に近いもの)になった時、その本来の目的は失われた。Cognomenという語は、接頭辞のco-(〜と一緒に)+nomen(名前)に由来する。また人名だけではなく、ローマ軍団の通称(例えば第1軍団ゲルマニカの「ゲルマニカ」)もコグノーメンと呼ばれていた。 英語でも元々の意味通りにではないが使われている。

歴史的使用[編集]

ラテン語プラエノーメンが(個人名を示す)限られた性質であるため、ある家の分家と他とを区別するため、時には戦争などでの個人の業績を強調するため、コグノーメンは発達した。大スキピオのスキピオ(en:Scipio (cognomen))がコグノーメンの一例である。しかし、ガイウス・マリウスのようにコグノーメンを持たない者もいた。しかし、共和制ローマの後期になると、コグノーメンが日常的会話の中で使用されることが典型的になった。ローマ帝国(帝政ローマ)初期には、コグノーメンで兄弟を区別するアンナエウス氏族の例がある。大セネカ(Lucius Annaeus Seneca、en:Seneca the Elder)には3人の息子がいたがその名前は(コグノーメンを太字で示す)、ルキウス・アンナエウス・ノウァトゥス(L. Annaeus Novatus)、ルキウス・アンナエウス・セネカ(小)(L. Annaeus Seneca Minor、セネカ)、ルキウス・アンナエウス・メラ(L. Annaeus Mela)であった。


成功した将軍たちが名誉のコグノーメンが付けられることもあったが、それと対照的に、身体的または個人的特徴から付けられたコグノーメンもあった。たとえば、「赤毛」を意味する「ルフス(Rufus)」、「左利き」を意味するガイウス・ムキウスのコグノーメン「スカエウォラ(Scaevola)」である。

上流階級は通常お互いを呼び合うのにコグノーメンを使用した[1]

今日、著名な古代のローマ人はそのコグノーメンだけで呼ばれていることが多い。例えば、マルクス・トゥッリウス・キケロを「キケロ(Cicero)」(「ヒヨコマメ」の意味)、ガイウス・ユリウス・カエサルを「カエサル(Caesar)」(英語読みは「シーザー」)などである。

一般的な英語での使用[編集]

コグノーメンは英語にも取り込まれ、Cognomen(複数形:cognomens)として、あだ名(Moniker)、芸名(ステージネーム)、ペンネーム、別名(エイリアス)、愛称(ニックネーム)、professional nameなど、何でもありの用語として、普通に使われている。


脚注[編集]

  1. ^ Powell, J.G.F. "A Note on the Use of the Praenomen " The Classical Quarterly, New Series, Vol. 34, No. 1. (1984), pp. 238-239.


関連項目[編集]