クラウディウス氏族

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

クラウディウス氏族(ラテン語:gens Claudia)は、古代ローマ氏族のひとつ。

もともとはサビニ族を祖とし、ローマと平和的な関係を求めたアッティウス・クラウススが約5000人のクリエンテスと共にローマへと移り住み、土地と元老院の議席を与えられた。そしてローマ社会のパトリキの名門として成長を遂げるが、アッティウス・クラウディウス・サビヌスなどのように不遜な振舞いによって市民の反感を買い、ローマ社会を混乱させる者も存在した。

伝統的に高慢・強気・非妥協的・先見性、国家利益を最優先とする確固たる意思、強い責任感、といった資質を持つ男たちが多い。しかしながら、その資質は軍隊を率いる際には利点となる点も多く、歴代非常に多くの高官を送り出した。第2代皇帝ティベリウスの頃までは、執政官28人、独裁官5人、財務官7人、凱旋将軍6人、次席凱旋将軍20人を数える。

その後もクラウディウス氏族の血統は絶えることなく続き、アウグストゥスの後継者ティベリウスを経てユリウス氏族とともに帝政ローマの皇族としての血統を築き上げることとなる。

クロードクローディアクラウディオクラウディアといった人名はこの氏族に由来する。

関連項目[編集]