フィリッピーノ・リッピ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フィリッピーノ・リッピ
自画像
生誕 1457年
プラート
死去 1504年4月
フィレンツェ
テンプレートを表示

フィリッピーノ・リッピFilippino Lippi,1457年 - 1504年4月)はイタリア画家フィリッポ・リッピの息子。母は父の聖母子像のマリアのモデルにもなったルクレツィア・ブーティ。

生涯[編集]

トスカーナ州プラートで生まれる。父の弟子であったサンドロ・ボッティチェリに師事。父同様画家となり、メディチ家お抱えになった。特に、ボッティチェリと共にフィレンツェの黄金期を築いたロレンツォ・デ・メディチに贔屓にされた。