ガリア人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ガリア人ラテン語: Gallī ガッリー、フランス語:Gaulois ゴルワ)は、ケルト語派を話すいわゆるケルト人のうち、ガリア地域に居住してガリア語あるいはゴール語を話した諸部族の人々を指す。

古代ローマ人は、ローマ側による呼称「ガリア人」 (Gallī)と「ケルト人」 (Celtae) をおおむね同義として扱った。しかし、いわゆるケルト人の中でも、小アジアに移住したケルト人(ガラティア人)やブリテン島の諸部族に対してガリア人は明らかに区別することができよう。

歴史[編集]

ガリア諸部族(ガリア人)は、長い期間にわたって互いに反目しあい、統一されることはなかった。紀元前390年頃には共和政ローマに侵攻、首都ローマ市近郊でのアッリアの戦いで完勝、ローマ市内を蹂躙している。しかし紀元前58年ヘルウェティイ族の西進を契機として、ローマの武将ガイウス・ユリウス・カエサルがガリアに侵攻(ガリア戦争)。これに対する諸部族の反応は、応戦・帰服と変転したが、紀元前54~52年頃にアルウェルニ族ウェルキンゲトリクスを盟主として一致団結して大反乱を起こした。そして一時はカエサルを窮地に追い詰めたが、最終的にはカエサルに敗れ去った。

ローマ帝国の支配に組み込まれたガリア諸部族はローマへの同化が進み(ガロ・ローマ文化)、やがてゲルマン人とも混血が進んで、後のフランク王国フランスを形成していった。

現代のフランス人には、ガリア人を自分たちのルーツ・祖先として意識している者もいる。このため、東欧系・アラブ系・トルコ系・アフリカ系の移民系フランス人や、ユダヤ系フランス人、ドイツ系のアルザス人に対して、フランスにルーツを持つ白人をゴルワ (Gaulois) 、つまりガリア人と呼び分けることがある。

著名なガリア人の人物[編集]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • カエサル 『ガリア戦記』 講談社〈講談社学術文庫〉、あるいは岩波書店〈岩波文庫〉。
  • 言語学大辞典』第1巻、三省堂。
    ゴール語の項は、ガリア語とゴール語のちがい、ケルト諸語との関係に詳しい。