ガロ・ローマ文化

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ガロ・ローマ時代の戦士のブロンズ像

ガロ・ローマ文化(Gallo Roma)とは帝政ローマ支配下であったガリア(現在のフランス)の独自文化を呼ぶ。その範囲は主に属州であったガリア・ナルボネンシスの地域であったが、広範囲な意味で南フランス、北イタリア、そしてアクィタニアにまで広がった。この影響は後にオック語のように独自の文化圏を南フランスに形成してゆく原動力となった。

このような南部の影響に対して現在のフランス北部は後にフランク族の支配下となり、むしろメロヴィング朝下での文化の影響を受けるようになった。この文化の違いは13世紀アルビジョワ十字軍により北フランス勢力が南フランスを支配するようになるまで継続した。

ガロ・ローマ文化は、ローマ文化での影響により主に公共への貢献、都市部での生活の重視といった面に現れ、ヴィラなどの自給自足可能な物資供給源によって支えられた。そして帝政後期、イタリア本国が3世紀の危機という混乱期になるとガリアはこのような文化に支えられて、一時期ではあるが、ガリア帝国という独立政権を支えるようになる。そして西ローマ帝国が滅亡した後もガロ・ローマ文化は西ゴート王国へと継承されていった。