カラカラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カラカラ
Caracalla
ローマ皇帝
Caracalla Naples1.jpg
カラカラ胸像
ナポリ美術館所蔵)
在位 209年 - 217年4月8日
戴冠 209年2月4日
全名 ルキウス・セプティミウス・バッシアヌス (195年以前)
Lucius Septimius Bassianus
マルクス・アウレリウス・アントニヌス・カエサル(198年)
Marcus Aurelius Antoninus Caesar
カエサル・マルクス・アウレリウス・アントニヌス・アウグストゥス(211年)
Caesar Marcus Aurelius Antoninus Augustus
カエサル・マルクス・アウレリウス・セウェルス・アントニヌス・ピウス・アウグストゥス(死没時)
Caesar Marcus Aurelius Severus Antoninus Pius Augustus
出生 188年4月4日
ルグドゥヌム
死去 217年4月8日(満29歳没)
ハッラーン
簒奪 マクリヌス
子女 ヘリオガバルス
(従姉の子(従甥)、落胤を自称)
王朝 セウェルス朝
父親 セプティミウス・セウェルス
母親 ユリア・ドムナ
テンプレートを表示

ルキウス・セプティミウス・バッシアヌスラテン語Lucius Septimius Bassianus[1]188年4月4日 - 217年4月8日)は、ローマ帝国皇帝で、セウェルス朝の君主としては第2代当主となる。本名よりもカラカラ(Caracalla)という渾名で呼ばれる場合が多く、歴史学者達もこのように呼称している[2]

セウェルス朝の初代君主セプティミウス・セウェルスの長男であり、ローマ史上に残る暴君の一人として記憶される[3]。一方で全属州民にローマ帝国の国民としての権利と義務(市民権)を与えるアントニヌス勅令を決定し、結果的にローマ領内における民族・人種による出自差別を撤廃した事で知られる。他に銀貨の改鋳(銀の含有量を減らした)、大浴場(カラカラ浴場)の建設などを肯定的に評価する歴史家も存在する。

ただし勅令の目的は歴史家カッシウス・ディオによれば税収拡大が目的ではないかと考えられており、また利点以外に様々な影響を帝国にもたらしている。

生い立ち[編集]

ルキウス・セプティミウス・バッシアヌスは、ガリアのルグドゥヌムで元老院議員ルキウス・セプティミウス・セウェルスとその後妻である巫女ユリア・ドムナの長男として生まれた。彼はラテン人フェニキア人混血であり(風貌にもそれが強く現れている)[4][5]、母方を通じて属州シリアなどオリエント圏にも出自を持っていた[6][7][8]

父が内乱を制して皇帝に即位すると、政治的駆け引きの一環としてかつて先代王朝を形成していたアウレリウス氏族との関連を持たせる為にマルクス・アウレリウス・アントニヌス・カエサルMarcus Aurelius Antoninus Caesar)に改名したが、殆どの人間は彼をカラカラという渾名で呼んだ。カラカラとはガリア地方独特のフード付きチュニックの事で、彼が幼少期から好んで着ていた服装だった。209年、父から弟ゲタと共に共同皇帝としての指名を受けているが、実質的な権限はまだ持たなかった。

治世[編集]

ゲタ胸像

即位と粛清[編集]

セプティミウス・セウェルス帝はカレドニア遠征中に属州ブリタニアのエボラクムで病没した。父の遠征に同行していたカラカラは同じ立場であった弟ゲタと共に実権を掌握して、本格的な統治を開始した。カラカラ帝とゲタ帝は父の始めた戦争を早々と切り上げると、帝都ローマに帰還した。

しかしローマに戻った兄弟はそれぞれ独自に統治を行う事を望み、激しく帝国の主導権を争った。余りにもの争い振りに内乱すら起こりえる有様であり、二人は帝国を二分して統治する計画を立てた。しかし帝国領の分裂に危機感を抱いた母ユリア・ドムナに反対され、宮殿内での兄弟の諍いは続いていった。211年、遂にカラカラ帝はゲタを殺す決意を固めて近衛兵隊を抱き込み、母が用意した和解の場で弟を殺害するという凶行に及んだ。ゲタ帝は駆けつけた母親の腕の中で息絶えたと伝えられている。カラカラは厚顔無恥にも「弟から身を守った」と嘯いたが、カラカラの側が先に仕掛けたのは誰もが知る事実であった。

カラカラ帝の敵意は凄まじく、弟を殺しただけでは飽き足らずダムナティオ・メモリアエ(名誉の抹殺)を元老院に命令している。ゲタ帝とカラカラ帝を共に描いていた通貨や絵画からは全てゲタ帝の姿が削り取られ、胸像は打ち壊された。更にゲタ帝に好意的であった貴族や元老院議員にも粛清の手は及び、亡父の重臣を含めた大勢の人間が処刑された。

頭部像

初期統治[編集]

権力を確立したカラカラ帝は資金確保の為、貨幣価値の切り下げを実行に移した。デナリウス銀貨に含まれていた銀量を56.5%から51.5%にまで減らし、代わりに他の金属を混ぜ込んで価値を引き下げた。同時に新しい通貨としてアントニニアヌス銀貨を採用して2デナリウス相当の価値に設定したが、銀の含有量はデナリウス銀貨の1.5倍程度であった[9]。これらの行動で帝国内では貨幣価値の全体的な低下が起こり、インフレーションが進行する結果となった。

213年、セウェルス帝が唯一手を付けていなかった西方国境でアレマンニ族による攻撃が激化した事を受け、カラカラ帝は属州ゲルマニア・スペリオルアグリ・ディクマテスに親征を行った。同地でカラカラ軍は侵攻するアレマンニ軍にマイン川の戦いで戦術的勝利を収めている。しかしアレマンニ族の本拠地は落とせず、膠着した戦況を嫌ったカラカラ帝は蛮族と講和を結ぶ事を選択した。講和は蛮族に和解金を支払って撤退を促す屈辱的な内容であったが、元老院は国境問題を解決したとしてゲルマニクス・マキシムス(Germanicus Maximus)の称号を与えた。

同時期にカラカラは母方の故郷であるシリアなどの東方属州に赴き、そのまま後に暗殺されるまで首都ローマには一度も戻らなかった。

212年、カラカラは「アントニヌス勅令Constitutio Antoniniana )」を発布し全属州民にローマ市民権を付与した。正規の国民には相続税や奴隷解放税の納税を義務づけられる点から、この勅令は主に税収の拡大を狙ったものとされている。既にイタリア本土の住民は一部の使用人階層などを除けば本国民であった事から、狙いが属州に住む植民者以外の住民であった事は明らかである。ただし僅かながらラテン人でありながら、準市民権に留まる住民が農村部には残存していた為、彼らもこの法律の範囲に含められる。

アレクサンドリア
カラカラ浴場

暴政[編集]

歴史家エドワード・ギボンはカラカラの治世を「人類共通の敵」とまで痛罵しているが、その暴政が本格化するのは東方属州へ移住した213年からとなる。従って彼の横暴を一身に受けたのは殆どが東方属州の諸都市・諸地域であり、カラカラの残りの治世はこれらの地域に対する略奪と虐殺に費やされたと言って過言ではない。ギボンは『ローマ帝国衰亡史』で「カラカラ帝は近衛兵を従えて不満を押さえ込み、元老院議員達は粛清を恐れて皇帝の気分を損ねないように機嫌をとる日々を送っていた。巨費を投じて街中に自分の別荘や劇場を建て、資金が足りなくなると裕福な商人や貴族に言いがかりをつけて財産を没収したり、法外な重税を強いたりといった行動に出た」と辛辣に批判している[10]

東方属州最大の都市であるアレクサンドリアでは、カラカラが実の弟を殺害した事を正当防衛だと主張した事を揶揄する詩が流行した。この噂を聞きつけたカラカラ帝はアレクサンドリアへと赴き、民衆の誤解を解く場を持ちたいと提案した。意外に寛大な行動を見せたカラカラ帝に民衆は感心して皇帝の弁明を聞く為に集まったが、カラカラは集まった無抵抗の民衆を兵士に命じて虐殺させた。集会に集まった民衆を殺し尽くしただけでは満足せず、カラカラ帝は更に数日間にわたってアレクサンドリア市内を徹底的に破壊して民衆を殺戮した。カッシウス・ディオの記録によれば凄惨な殺戮劇の中、2万名以上の住民が殺害されたという。

またカラカラ帝は軍権力を重視した父セウェルスの政策を踏襲して軍事費の増加や兵士の給与増を推し進め、軍団兵の年俸は675デナリウスにまで高められた。また自ら兵士達と食事を取ったり陣地建設で資材を運ぶなどのパフォーマンスを積極的に見せて兵士達からの信頼を勝ち取った[11]。カラカラは軍の力を味方に付ける事に成功し[10]、民衆や貴族を弾圧する権力基盤を整えた。しかし軍事費の著しい増大はセウェルス時代より益々深刻になり、帝国の財政にとって大きな負担になっていった。

カラカラは多くの胸像を作ったがその殆どはそれまでの皇帝が好んだ「哲学者風」の装いと柔和な表情ではなく、短髪で厳しい顔つきの物を作らせている。これも軍人達の人気を考えて作ったものであり、図らずもその軍隊から権力を簒奪した軍人皇帝達によって採用される様式となった[12]

歴史家ヘロディアヌスによれば、216年にカラカラ帝はパルティア帝国との戦争を計画し始めた[13]。並行して彼は自らの名を後世に明確な形で残したいと考え、数少ない業績として知られるカラカラ浴場を建設している。

暗殺[編集]

遠征準備の為、エデッサに入城したカラカラ帝は護衛を務めていたユリウス・マルティアリス(Julius Martialis)という近衛兵に刺殺された。一説にカラカラは軍列を止め、道端で放尿している所を後ろから刺されて絶命したとされている。暗殺理由は個人的なもので、数日前に同じ近衛兵であった親族が無実の罪で処罰されたことに対する復讐であったとされる。

隊列から離れて一人で用を足していたカラカラはその暴政から考えれば呆気ない最期を迎えた。マルティアリスは馬を奪って逃げようとしたが、他の衛兵が放った矢に倒れたと伝えられる。

家系図[編集]

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
マルキア
 
マルクス・トラヤヌス
 
ネルウァ
 
ウルピア
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
マルキアナ
 
トラヤヌス
 
ポンペイア
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アエリウス・ハドリアヌス
 
大パウリナ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ルボ・ルピリウス・フルギ
 
マティディア
 
 
 
ウィビウス・サビニウス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ルピリア・アンニア
 
アンニウス・ウェルス
 
ルピリア・ファウスティナ
 
ウィビア・サビナ
 
ハドリアヌス
 
アンティノウス
 
小パウリナ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ドミティア・ルキッラ
 
マルクス・アンニウス・ウェルス
 
マルクス・アンニウス・リボ
 
大ファウスティナ
 
アントニヌス・ピウス
 
ルキウス・アエリウス
 
ユリア・パウリナ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
コルニフィキア
 
マルクス・アウレリウス
 
小ファウスティナ
 
アウレリア・ファディラ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
サリナトル
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
小コルニフィキア
 
ファディラ
 
コンモドゥス
 
ルキッラ
 
ルキウス・ウェルス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アンニア・ファウスティナ
 
 
 
ユリア・マエサ
 
 
 
ユリア・ドムナ
 
セプティミウス・セウェルス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ユリア・ソエミアス
 
ユリア・アウィタ
 
カラカラ
 
ゲタ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アウレリア・ファウスティナ
 
ヘリオガバルス
 
アレクサンデル・セウェルス
 

関連項目[編集]

References[編集]

  1. ^ Born Lucius Septimius Bassianus and later called Marcus Aurelius Antoninus and Marcus Aurelius Severus Antoninus.
  2. ^ "Caracalla" The New Zealand Oxford Dictionary. Tony Deverson. Oxford University Press 2004. Oxford Reference Online. Oxford University Press.
  3. ^ "Caracalla" World Encyclopedia. Philip's, 2005. Oxford Reference Online. Oxford University Press.
  4. ^ Marcel Le Glay. Rome : T2, Grandeur et chute de l'Empire p336. Librairie Académique Perrin, 2005. ISBN 978-2262018986
  5. ^ Gilbert Meynier. L’Algérie des origines :De la préhistoire à l’avènement de l’Islam p74. La découverte, 2007. ISBN 978-2707150882
  6. ^ Irfan Shahid, Rome and The Arabs: A Prolegomenon to the Study of Byzantium and the Arabs, Washington, 1984, Dumbarton Oaks Research Library, p. 167, ISBN 0884021157
  7. ^ Glen Warren Bowersock, Roman Arabia, Cambridge, Harvard University Press, 1983, pp. 126–128, ISBN 0674777565 [1]. "with the last of his names, he clearly tried to forge a link with the ultimate Antonines, who were the Arab emperors from the family of Julia Domna"
  8. ^ Maxime Rodinson, The Arabs, Chicago, University of Chicago Press, pp. 55, ISBN 0226723569, [2], "The emperor Septimus Severus married an Arab from Emessa, Julia Domna, whose sons and great-nephews ruled Rome."
  9. ^ Tulane University "Roman Currency of the Principate"[3]
  10. ^ a b Gibbon, Edward, The Decline And Fall Of The Roman Empire, Vol. 1. Chapter 6.
  11. ^ Caracalla
  12. ^ Metropolitan Museum of Art: Portrait head of the Emperor Caracalla". acc. no. 40.11.1a
  13. ^ Herodian's Roman History, chapter 4.11: Caracalla's Parthian War, translated by Edward C. Echols (Herodian of Antioch's History of the Roman Empire, 1961 Berkeley and Los Angeles), online at Livius.org

External links[編集]

  • Life of Caracalla (Historia Augusta at LacusCurtius: Latin text and English translation)