マルクス・クロディウス・プピエヌス・マクシムス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
プピエヌス・マクシムス

マルクス・クロディウス・プピエヌス・マクシムス古典ラテン語Marcus Clodius Pupienus Maximus, 178年頃? - 238年7月29日)は、六皇帝の年と称された年にローマ帝国皇帝として即位した人物。

ゴルディアヌス1世らの死後に、元老院によってデキムス・カエリウス・カルウィヌス・バルビヌスと共同で擁立された。バルビヌスはローマに留まり、プピエヌスがマクシミヌス・トラクスを追撃に出た。対立していたマクシミヌスが6月に兵士によって殺害され、マクシミヌス軍兵士もプピエヌスに投降したため、プピエヌスはローマに帰った。2人はゲルマン人とパルティア人への遠征を計画したが、口論が絶えず、バルビヌスと激しく敵対したため、親衛隊によってバルビヌス共々殺害されて、遺体はティベリス川へ投げ込まれた。

関連項目[編集]