コンスタンティウス2世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
コンスタンティウス2世の肖像が彫られたコイン

コンスタンティウス2世Constantius II, 317年8月7日 - 361年11月3日)は、ローマ帝国の皇帝(在位337年 - 361年)。当初は帝国を3分割して東方を担当したが、353年に単独の統治者になった。キリスト教を優遇し、猜疑心の強さから粛清をたびたび行なった。父帝コンスタンティヌス1世と同様、熱心なキリスト教徒であったが、父帝とは反対にアリウス派を支持し、司教アタナシウスを迫害した。

生涯[編集]

イリュリクムにおいてコンスタンティヌス1世と2度目の妻ファウスタ英語版マクシミアヌス帝の娘)の間に3兄弟の次男として生まれる。326年に異母兄クリスプスがファウスタと密通したとの告発があり、コンスタンティヌスはクリプスを裁判にかけて処刑した。数ヶ月後、この告発は虚偽で、その出所が明らかにファウスタであるとして、ファウスタも処刑された。

宦官が取り仕切る宮廷内で他の兄弟とともに育てられ、324年に副帝の称号を与えられた。337年に死去した父親の葬儀はコンスタンティノープルで行われたが、滞在地の距離から彼一人が参加した。葬儀のしばらく後で、コンスタンティノープルにいる親族は従兄弟にあたるガッルスユリアヌスだけを残して粛清された。首謀者はコンスタンティウス2世であったと考えられている。その後、3人の兄弟は会談を行い、揃って帝位に就いて帝国を3分割して統治することとなった。コンスタンティウス2世は東方を担当してサーサーン朝ペルシアの攻撃に対処した。

その後、兄コンスタンティヌス2世340年に弟コンスタンス1世との戦いに敗れて殺害され、西方領全体を支配下に置いたコンスタンス1世も、それから10年後、ゲルマン族出身の将軍マグネンティウスの反乱で殺された。コンスタンティウス2世はガッルスを軟禁状態から解放して副帝に指名し、自らは僭帝マグネンティウス討伐に向かう。ドナウ河畔のムルサの戦いでマグネンティウスは敗走し、イタリアへ逃げ帰る。コンスタンティウス2世は、マグネンティウスがイタリアに閉じこもっているうちに、ヒスパニアと北アフリカを占領し、追いつめられたマグネンティウスは自殺したため、コンスタンティウス2世は帝国を再統一した。

しかし、猜疑心の強さから354年にガッルスに謀反の嫌疑をかけて処刑し、翌355年にユリアヌスを副帝に任命してガリアへ派遣した。帝国東方でペルシア軍が進攻してくると、コンスタンティウスはユリアヌスに兵の供出を要求した。これに対してユリアヌス配下の兵が反対し、ユリアヌスを正帝に推戴した。板ばさみとなったユリアヌスはこれを承諾する。

それに対してコンスタンティウス2世は、ペルシアと和睦してアンティオキアを発ち、ユリアヌス討伐に向かうが、その道中の小アジアで361年に45歳で病死した。臨終の際、後継者としてユリアヌスを指名したといわれる。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  • DiMaio, Michael, and Robert Frakes, "Constantius II," De Imperatoribus Romanis site.