アレクサンドリアのアタナシオス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
大アタナシオス
(聖大アファナシイ)
大アタナシオスのイコン
正教会大主教成聖者[1]
西方教会教父教会博士
他言語表記 ギリシア語: Αθανάσιος Αλεξανδρείας
生誕 296年 - 298年
アレクサンドリア
死没 373年5月2日
アレクサンドリア
崇敬する教派 正教会
非カルケドン派
カトリック教会
聖公会
ルーテル教会
記念日

正教会
1月18日ユリウス暦使用教会ではグレゴリオ暦1月31日に相当)
5月2日ユリウス暦使用教会ではグレゴリオ暦5月15日に相当)[1]


西方教会5月2日

アレクサンドリアのアタナシオス、あるいはアタナシオス298年 - 373年5月2日, ギリシア語: Αθανάσιος Αλεξανδρείας, ラテン語: Athanasius アタナシウス)は、4世紀キリスト教神学者ギリシア教父聖職者である。エジプトのアレクサンドリア主教司教、または大主教)を務めた。正教会非カルケドン派カトリック教会聖公会ルーテル教会聖人

大アタナシオスとも呼ばれる。日本ハリストス正教会ではアレクサンドリヤの大主教聖大アファナシイとも呼ばれる[2]

生涯[編集]

アレクサンドリアの輔祭として出席した第1回ニケア公会議でアリウスに反駁し、アリウス派の「御子は被造物である」との説を退け、御父(父なる神、神父「かみちち」とも[注釈 1])と御子(子なる神、神子「かみこ」とも[注釈 2])は同質[3][4](同一本質[3][5]とも、ギリシア語: ὁμοούσιος[注釈 3])であると主張。これがニカイア信条に採択され、三位一体論の形成に寄与した[3]

しかし第1回ニケア公会議では論争に決着はつかず、アリウス派の策動により繰り返し追放されたが(5回)、その都度帰還した[6][7]

アレクサンドリア主教として教会を指導するために行った数々の理論的著述とともに、友人の隠遁修道者聖大アントニオスの伝記作家でもある。また聖書正典に関する文書も残している。

正教会の神学において重要な概念の一つである神成について、聖大アタナシオス(聖大アファナシイ)が「神が人となったのは、人が神になるためであった」[8]と述べた言葉が重要視される。

注釈[編集]

  1. ^ 神父(かみちち)は、正教会での訳語
  2. ^ 神子(かみこ)は、正教会での訳語
  3. ^ 古典ギリシア語再建音:ホモウーシオス、現代ギリシア語転写例:オモウーシオス

参照元[編集]

先代:
アレクサンドロス1世
アレクサンドリア主教
328年 - 373年
(以下、追放年間を考慮に入れれば)
328年339年
346年373年
次代:
ペトロス2世

参考文献[編集]

関連文献[編集]

  • 関川泰寛『アタナシオス神学の研究』(教文館、2006年)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]