シルミウム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シルミウムの遺跡
シルミウムの位置

シルミウム (Sirmium)はローマ帝国パンノニア地方にあった古代都市である。現在のセルビア共和国西部、スレムスカ・ミトロヴィツァに当たる。

紀元前1世紀にイリュリア人の街をローマ人が征服したものを起源とするが、後に発展し、パンノニア属州の経済的中心地となり、さらに古代末期にはローマ帝国の4つの首都のうちのひとつとなった。

紀元後1世紀ローマ植民市に昇格し、103年にパンノニアが上パンノニア下パンノニアに分割されると、下パンノニアの首府となった。296年ディオクレティアヌス帝がパンノニアの再編成を行い、旧来の2属州を4属州に改めるに伴い、パンノニア・セクンダの首府となった。

293年テトラルキア開始にともない、帝国が4つに分割されると、アウグスタ・トレヴェロールム(トリーア)、メディオラヌム(ミラノ)、ニコメディア(イズミット)と並び、シルミウムは帝国の4つの首都のひとつとなった。テトラルキアの間、シルミウムはガレリウスの首都であった。また、帝国が4分割されると、318年から379年まで、そのひとつイリュリクム地域の首府となった。379年に、イリュリクムは2つに分割され、シルミウムはイタリア地域に帰属させられた。

4世紀以降、シルミウムはキリスト教の活動にとって重要な場所となった。シルミウムには主教座(司教座)がおかれ、5つの教会会議が開催された。またシルミウムには皇帝の宮殿が置かれ、街は繁華を極めた。

4世紀末に、シルミウムはゴート族にいったん占領され、そののちふたたび東ローマ帝国に帰した。441年に、フン族に占領され、そのあといくつかの蛮族によって支配された。567年、再度東ローマ帝国に編入されたが、582年アヴァール人に占拠され、破壊された。

シルミウム出身のローマ皇帝[編集]

シルミウム生まれのローマ皇帝は6名いる。

統一されたローマ帝国の最後の皇帝であるテオドシウス1世はシルミウムで戴冠した。260年、皇帝僭称者インゲヌウスレゲリアヌスもまた、シルミウムで皇帝を自称した。また他の多くのローマ皇帝も、シルミウムに滞在した経験をもっている。

外部リンク[編集]