プーラ (クロアチア)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
プーラ
Pula
Pula Aerial View.jpg
プーラ市街
Zastava Pule.svg Grb Pule (2).svg
市旗 市章
位置
プーラの位置の位置図
プーラの位置
座標 : 北緯44度52分0秒 東経13度51分0秒 / 北緯44.86667度 東経13.85000度 / 44.86667; 13.85000
行政
クロアチアの旗 クロアチア
  イストラ郡
 市 プーラ
市長 Boris Miletić
地理
面積  
  市域 51.65km2
標高 30m
人口
人口 (2007年現在)
  市域 62,080人
    人口密度   1,093.27人/km2
  都市圏 90,000人
その他
等時帯 中央ヨーロッパ時間UTC+1
夏時間 中央ヨーロッパ夏時間UTC+2
郵便番号 52100
市外局番 52
ナンバープレート PU
公式ウェブサイト : http://www.pula.hr/

プーラクロアチア語:Pulaイタリア語:Pola、スロベニア語:Pulj、ドイツ語:Polei)はクロアチアイストラ郡最大の都市。イストリア半島の他地域同様、穏やかな気候と海、手つかずの自然で知られている。古代ローマ時代からの行政中心地で、ワイン醸造、漁業、造船業、観光業の長い伝統を持つ。

人口[編集]

プーラは都市圏に90,000人の人口を抱えるイスタルスカ郡最大の都市である。2001年の調査によると、人口の多数を占めるのはクロアチア人(71.65%)である。その他の少数民族は、セルビア人5.83%、イタリア人4.82%、ボスニア人1.67%、スロベニア人1.25%となっている[1]

地理[編集]

プーラは7つの丘の下方に横たわっている(丘の名前は、モンテ・ザロ、モンテ・セルペンテ、モンテ・ギロ、モンテ・マニョ、モンテ・パラディーゾ、モンテ・リッツィ、モンテ・ヴィダルという)。市街は広い湾の内側にあり、深さ38mある天然の良港となっている。港は海からと、ファザナ水道を通って入る2つの入り口のある北西側に開いている。

今日、プーラ地域圏は合計で5,165ヘクタールあり、そのうち4,150ヘクタールが陸で、1,015ヘクタールが海である。スヴェティ・イェロリム島とコザダ島、シュティニャン(Štinjan)、ヴェリ・ヴルフ(Veli Vrh)、シヤニツ森で北側を制限されている。東部はモンテセルポ、ヴァルマデ、ブソレル、ヴァルデベク地域、南部は旧式のガス施設、商業港ヴェルダとヴェルダ島、西部はヴェルデラ、ルンゴマレ、ムシルに囲まれる。

温暖な地中海性気候で、平均日照数は一年で2,316時間(一日6.3時間)、年平均気温は13.2℃(2月の平均は6.1℃、7月から8月は26.4℃)で、海は7℃から26℃まで変動する。

歴史[編集]

先史時代[編集]

プーラのコロッセウム
プーラのコロッセウム

人の暮らしていた痕跡は、プーラ近郊のサンダルイ(en:Sandalj)にある洞窟で発見されており、紀元前1万年に遡る [2]新石器時代の陶器が人類の定住を暗示しており、プーラ周辺で見つかっている。

都市が最初に恒久的な居住地として記録されたのは、紀元前10世紀に遡る。古代イストリアに住んでいたイリュリア人らによって築かれたのである。

町は、コルキスに属していたことで初期ギリシャ航海者らに知られていた。金羊毛皮を盗んだイアソンメディアの神話物語で言及されていたのである。コルキスは北アドリア海へイアソンを追放したが、彼は捕まらず、イリュリア人の住んでいたこの地域に最終的に定住した。彼らはこの土地を『ポライ』(Polai、身を隠す都市)と呼んだ。ギリシャ陶器と、アポロン神像の一部が見つかっており、ギリシャ文明の存在が立証されている。

古代[編集]

イストリア半島は紀元前177年にローマ人によって征服された。この時からローマ化が始まった。町は、紀元前46年から45年にかけ、植民地の地位に上がった。この時期に町は成長し、およそ30,000人の人口を持つ全盛期であった。司法権の元で広範囲に渡る周辺地域を持つ、目をひくローマ港となっていった。オクタヴィアヌスマルクス・アントニウスレピドゥスの三頭政治が行われていた紀元前42年の内戦時には、町はユリウス・カエサルの暗殺者マルクス・ユニウス・ブルートゥスガイウス・カッシウス・ロンギヌス側についた。町が、カッシウスの兄弟クイントゥス・カッシウス・ロンギヌス(en:Quintus Cassius Longinus)によって創建されていたためである。オクタヴィアヌスの勝利が確定した後、町は荒れるがままにされた。オクタヴィアヌスの娘ユリアの要請ですぐに町は再建され、コロニア・ピエタス・ユリア・ポーラ・ポレンティア・ヘルクラネア(Colonia Pietas Iulia Pola Pollentia Herculanea')と呼ばれた。偉大な古典建築が建てられ、わずかにその姿をとどめている。ローマ人は市に給水と下水システムを供給した。彼らは10の門のある市壁で防衛を強化した。これらの門の幾つかは今も残る。凱旋式のセルギイのアーチen:Arch of the Sergii)、ヘラクレス門(都市の建設者の名を刻んだ)、そして双子門である。セプティミウス・セウェルス帝時代、市名はレス・プブリカ・ポレンシス(Res Publica Polensis)に変えられた。

425年、町には司教座が据えられた。わずかに残る宗教建造物の名残がそれを立証する。

中世[編集]

古い市壁の残る市街

西ローマ帝国の崩壊後、市と地域は東ゴート族に破壊された。東ゴート王国支配は60年後に終わりを迎え、プーラは東ローマ帝国勢力下のラヴェンナ総督府の支配を受けた(540年-751年)。この時代にプーラは繁栄し、東ローマ艦隊の主要港となった。大聖堂と麗しのマリア教会は、総督府時代からある建物である。

スラヴ人が町周囲に初めてやってきたのは7世紀である。しかし彼らは実際にプーラに定住したことはなく、市は常にローマ都市であり続けた。市の歴史はその位置からイストリアの他都市同様に、ヨーロッパ強国間の国境の書き直しが繁栄され続けた。

788年以降、プーラはカール大帝の治めるフランク王国の支配を受けた。1077年まで、プーラは選挙で選ばれたイストリア伯の本拠となっていた。1148年にヴェネツィア人らに市は征服され、1150年にはヴェネツィア共和国の所有となった。その後数世紀にわたり、市の運命はヴェネツィア勢力ときつく結ばれたのである。1192年にはピサ共和国に占領されたが、すぐにヴェネツィアが奪回している。

1238年、ローマ教皇グレゴリウス9世神聖ローマ帝国に対抗してジェノヴァ共和国とヴェネツィア間の同盟を結んだ。そしてその結果ピサとも対抗することになった。プーラがピサの側についたことから、1243年にヴェネツィアによってプーラは略奪にあった。1267年、1397年の二度、ジェノヴァが海戦でヴェネツィアに敗退するとプーラは破壊された。

プーラはゆっくりと衰退していった。ローマ系の旧家セルギ家とイオノタシ家という地元の名家による内部抗争と、ヴェネツィア=ジェノヴァ間のプーラと港を巡る争いによってプーラの凋落はいっそう進んでいった(13世紀終わりから14世紀)。

プーラは、訪れたイタリアの詩人ダンテ・アリギエーリによって『神曲』に引用された。『イスタルスキ・ラズヴォド』(Istarski Razvod、1325年)もこの時代である。これはラテン語、ドイツ語、クロアチア語で書かれた重大なクロアチア語写本で、グラゴール文字と呼ばれる古いクロアチア語アルファベットで書かれている。

ヴェネツィア、ナポレオン、オーストリア帝国[編集]

ヴェネツィアの古地図に描かれたプーラ、1584年

1331年にヴェネツィア共和国がプーラを掌握し、その支配は1797年まで続いた。14世紀から16世紀、プーラはジェノヴァ、クロアチア=ハンガリー王国軍、ハプスブルク帝国軍から攻撃と占領とを受け続けた。遠隔の中世定住地と町は数カ所が破壊された。戦争に加え、ペストマラリア腸チフスの大流行が市を荒廃させた。1750年代には、わずか300人の市民が市にいるだけであった。

1797年、ナポレオン軍に敗退したせいでヴェネツィア共和国が崩壊し、市はハプスブルク家支配を受けた。フランスが1805年にオーストリアを敗退させた後、プーラはフランス軍の侵攻を受けている。フランス第一帝政の傀儡イタリア王国は、フランス帝国の地方行政区画イリュリア州(Provinces illyriennes)を基礎にして直接すえられたものだった。

オーストリア=ハンガリー帝国とイタリア王国[編集]

プーラ(ポーラ)軍港のオーストリア=ハンガリー帝国海軍艦隊

1813年、プーラ及びイストリア半島はオーストリアのもとに戻った(のちにオーストリア=ハンガリー帝国となる)。プーラは、ハプスブルク家の直轄領となった。この時代にプーラは繁栄を取り戻した。1859年からプーラの広大な天然港はオーストリア軍の主要海軍基地、主要造船中心地となった。プーラは、消えゆく古代遺跡をもつ小都市から産業の町への変換を遂げたのである。プーラの南に位置するロシュニ島は、ハプスブルク家の皇族らの夏の休暇地となった。

1918年にオーストリア=ハンガリー帝国が崩壊すると、プーラとイストリアは和平条約のもとイタリアへ全て与えられた。この時代は、経済・政治ともに不穏な時代であった。ベニート・ムッソリーニファシスト政権下、非イタリア人、特にスラヴ人住民は政治的・文化的抑圧を受け、多くがイストリアの都市から逃れていった。1943年9月、イタリアが第二次世界大戦に降伏するまで、その支配が続いた。ナチス・ドイツ軍が、退却するイタリア軍兵士らによって生じた空白地帯を埋めた。ドイツ軍政時代、プーラは最悪の時期であった。パルチザンのゲリラ闘争を疑われた市民の逮捕、追放、処刑が行われたのである。一方で、連合国側の悲惨な空襲が繰り返され、プーラを全体的に破壊したのだった。

第二次世界大戦後から現代へ[編集]

1945年から数年間、プーラは国連管理下にあった。イストリアは占領地として分割統治されており、1947年9月15日に、ユーゴスラビア社会主義連邦共和国に属するクロアチア社会主義共和国に公式に統合された。

プーラがユーゴスラビアへ併合された際、人口の多数を占めていたのは90%以上いるイタリア人であった。しかし、1947年に和平条約が締結されると、1945年以後も残っていた人々もプーラを去っていった。1946年12月から1947年9月にかけ、イタリア系住民らの多数がプーラを後にした(イストリア脱出en)。1947年から1953年の間、イタリアの文化的遺産(碑文、象徴など)はほぼ完全にプーラの記念物から取り除かれた。

1946年8月18日、プーラはヴェルガロラ爆発事件(en:Vergarolla explosion)の舞台となった。

1946年の調査では、プーラ郡には87,787人の人口があった(64%はイタリア人、32%はクロアチア人、771人のスロベニア人)。プーラのイタリア人は人口の90%近くを占めていた。1931年のプーラには41,439人の住民がいたが、1948年にはわずか19,595人しかいなかった。

直後に、イタリア語名のポーラから、市名は公式にクロアチア語のプーラに改名された。1992年のユーゴスラビア解体後、プーラ及びイストリア半島地域は新たに独立したクロアチアの一部となった。

文化・みどころ[編集]

セルギイ家のアーチ
アウグストゥス神殿
双子門

豊富な政治史の結果として、プーラは古代と現代、地中海と中央ヨーロッパの文化と言語が混じり合う地となった。プーラの建築物はこれら歴史の積み重ねが反映されている。住民は外国語に堪能であることが珍しくなく、特にイタリア語、またドイツ語・英語のできる者が多い。1904年10月から1905年3月にかけ、アイルランドの作家ジェームズ・ジョイスが市内のベルリッツ校で主にオーストリア=ハンガリー帝国海軍将校に英語を教えていた。彼はプーラ滞在中に、ウィリアム・バトラー・イェイツジョージ・ラッセルの両方を当てこすった片面刷りの印刷物を、プーラの印刷所で編刷した[1]

古代ローマ遺跡が保存されていることが有名である。旧市街には狭い通りを挟んで中世及びルネサンス期の建物が軒を連ねる。そして未だローマ時代の敷石が敷かれている。

  • プーラのコロッセウム(en:Pula Arena) - 紀元1世紀に建てられたアンフィテアトルム。この種のものでは世界で6番目に大きい。保存状態が良く、毎年夏に映画祭の会場となる。第二次世界大戦時のイタリア・ファシスト政権下では、イタリア本土へコロッセウム本体を移送する案が出されたが、輸送コストがかさむため断念した経緯がある。
  • セルギイ家のアーチ(en:Arch of the Sergii) - 紀元1世紀に建てられた凱旋門。
  • ローマとアウグストゥス神殿 
  • ドヴォイナ・ヴラタ(hr:Dvojna vrata、双子門) - わずかに残る市壁の一部。2世紀半ばに建てられた。
  • ヘラクレス門(hr:Herkulova vrata) - 紀元1世紀の建設。最高部にヘラクレス神の頭部が飾られている
  • ローマ時代の劇場
  • 聖マリイェ・フォルモゼ礼拝堂(hr:Kapelica sv. Marije Formoze u Puli、麗しのマリア礼拝堂) - 6世紀、東ローマ帝国時代の建築。ギリシャ十字型。ラヴェンナの教会と似ている。床と壁は6世紀のモザイク画で飾られており、ガッラ・プラキディア廟堂のモザイク画に似ている。ベネディクト会派修道院と隣り合っていたが、修道院は16世紀に打ち捨てられた。1605年にヴェネツィアにプーラが占領された際、礼拝堂の財宝がヴェネツィアへ持ち去られた。東方風の石膏製円柱は、現在サン・マルコ寺院の祭壇後部に立っている。
  • 聖フラニェ教会(hr:Samostan i crkva sv. Franje u Puli、聖フランチェスコ教会) - 13世紀後半に建てられた。現在の建物は1314年にロマネスク様式で建てられ、バラ窓ゴシック様式である。
  • プーラ大聖堂(hr:Katedrala u Puli) - 6世紀に建てられ、10世紀に拡張された。ローマ時代からキリスト教徒が祈りを捧げる場であった。ジェノヴァ、ヴェネツィアの攻撃で破壊された後、15世紀にほぼ完全に再建された。ロマネスク、ビザンチン様式の名残が見られる。ファサードはルネサンス期に加えられた。
  • 聖ニコレ教会(hr:Pravoslavna crkva sv. Nikole u Puli) - 6世紀に初めて建てられ、10世紀に一部が再建された。1583年、主としてキプロスナフプリオンからの移住者のための正教会教会となった。
  • カシュテル(hr:Mletačka utvrda u Puli) - 旧市街の中央の丘にそびえる。4つの堡塁を持つ星形の城。ローマ時代のカピトリウムの跡地に、14世紀ヴェネツィア共和国がフランス人建築家の案を採用して建てた。1961年からイストリア歴史博物館となっている。
  • イストリア考古学博物館 - ローマ劇場と双子門近く。1802年、フランスの将軍オーギュスト・マルモンがアウグストゥス神殿の石の記念像を収集したことに始まる、コレクションを所蔵。1949年開館。プーラ周辺の、先史時代から中世までの所蔵品をもつ。

観光[編集]

海岸

プーラ周囲の田園、ターコイズ・ブルーのアドリア海といった美しい自然が、夏期ヴァカンス地として国際的に人気を集めている。近隣のブリユニ国立公園は、ユーゴスラビアの指導者ヨシップ・ブロズ・チトーが夏の別荘を構えてから、多くの各国指導者が訪れた。ローマ時代のヴィラと神殿が、農業地帯や海岸地帯に未だ埋まっている。沿岸は砂浜であり、釣り、古代ローマのガレー船第一次世界大戦時の軍艦の洞窟潜水飛び込み、島に大小ある洞窟へのセーリングができる。

プーラはヨーロッパの自転車網であるユーロヴェロen:EuroVelo)の9号線(バルト海沿岸のグダニスクからチェコ、オーストリア、スロベニア、クロアチアを通過する)の終着地点である。

近郊の海岸で、恐竜の足跡が見つかることがある。

交通[編集]

プーラはクロアチア鉄道網と連結されていない。市内にはバスが運行されている。また、近郊の島嶼部を結ぶフェリー路線があり、ヴェネツィアとの便もある。

著名な出身者[編集]

姉妹都市[編集]

友好都市

その他友好関係のある都市

参考文献及び脚注[編集]

外部リンク[編集]