ジョージ・ウィリアム・ラッセル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジョージ・ウィリアム・ラッセル

ジョージ・ウィリアム・ラッセルGeorge William Russell, 1867年4月10日 - 1935年7月17日)は、アイルランド民族主義者評論家詩人画家ジャーナリストラテン語 aeon に由来する筆名 Æ を使用した。アイルランド文芸復興運動の中心的役割を果たし、神智学団体のまとめ役や相談役も担った。北アイルランドアーマー州ラーガン生まれ。

神秘主義者として知られ、幼少時から幻覚を目にすることが多かったという。11歳の時にダブリンに引っ越し、服地商として働き始める。アイルランド農業組織協会に従事。1880年頃から神智学に興味を持ち始めた。1885年に学友ウィリアム・バトラー・イェイツがダブリンにヘルメス協会を設立した際にはすぐ加入しなかったが、この組織が神智学協会へと改組されると参加し、さらに1898年にはこの組織を抜けて自らヘルメス協会を復興させた。[1]

1902年ジェイムズ・ジョイスに会い、彼をイェイツを含むアイルランドの文学者に紹介した。ラッセルはジョイスの『ユリシーズ』の中の挿話「スキュレーカリュブディス」にキャラクターとして登場している。

1905年から1923年までは「The Irish Homestead」誌の編集者、1923年から1930年までは「The Irish Statesman」誌の編集者を務めた。

作品[編集]

Bathers
  • Homeward Songs by the Way1894年
  • The Earth Breath and Other Poems1896年
  • The Nuts of Knowledge1903年
  • The Divine Vision and Other Poems1904年
  • By Still Waters1906年
  • Deirdre1907年
  • Collected Poems1913年
  • Gods of War, with Other Poems1915年
  • Imaginations and Reveries(1915年)
  • The Candle of Vision1918年
  • Autobiography of a Mystic1975年
  • Midsummer Eve1928年
  • Enchantment and Other Poems1930年
  • Vale and Other Poems1931年
  • Songs and Its Fountains1932年
  • The House of Titans and Other Poems1934年
  • Selected Poems1935年

脚注[編集]

  1. ^ Peter R. Kuch, ‘Russell, George William (1867–1935)’, Oxford Dictionary of National Biography, Oxford University Press, 2004; online edn, May 2011 accessed 26 Nov 2014