ウィリアム・バトラー・イェイツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ウィリアム・バトラー・イェイツ
ノーベル賞受賞者 ノーベル賞
受賞年:1923年
受賞部門:ノーベル文学賞
受賞理由:

ウィリアム・バトラー・イェイツWilliam Butler Yeats, 1865年6月13日 - 1939年1月28日)は、アイルランド詩人劇作家イギリスの神秘主義秘密結社黄金の夜明け団(The Hermetic Order of the Golden Dawn)のメンバーでもある。ダブリン郊外、サンディマウント出身。作風は幅広く、ロマン主義神秘主義モダニズムを吸収し、アイルランドの文芸復興を促した。日本のの影響を受けたことでも知られる。

1976年から発行されていたアイルランドの20ポンド紙幣に肖像が使用されていた。

年譜[編集]

  • 1865年 画家J・イェイツのもとに生まれる。15歳まではロンドンで過ごす。
  • 1880年 ダブリンに帰郷。父の影響で絵の勉強をしたが、むしろ文学の方面で実力を発揮した。
  • 1889年 「アシーンの放浪」出版。ケルトの古伝説に興味を持ち始める。
  • 1892年 アイルランド文芸協会設立。
  • 1899年 アイルランド国民劇場協会設立。
  • 1923年 ノーベル文学賞受賞。

作品[編集]

  • The Wanderings of Oisin『アシーンの放浪』
  • The Countess Kathleen and Various Legends and Lyrics(「イニスフリーの湖島」を収録している)
  • The Wind among the Reeds『葦間の風』 
  • The Tower『塔』
  • The Celtic Twilight『ケルトの薄明』

主な日本語訳[編集]

  • 『神秘の薔薇』 (井村君江・大久保直幹訳)〈世界幻想文学大系24〉国書刊行会
  • 『幻想録』 (島津彬郎訳) ちくま学芸文庫、2001年
  • 『イエーツ詩集』 (加島祥造編訳) 思潮社〈現代詩文庫〉
  • 『ケルトの薄明』 (井村君江訳) ちくま文庫、1993年
  • 『ケルト幻想物語』 (井村君江編訳) ちくま文庫、1987年
  • 『ケルト妖精物語』 (井村君江編訳) ちくま文庫、1986年
  • 『イエイツ詩抄』 (山宮允訳) 岩波文庫 1946年、復刊1988年ほか
  • 『イエイツ詩選』 (山宮允訳) 吾妻書房 1955年
  • 『イェイツ詩集』 (尾島庄太郎訳) 北星堂書店 1958年
  • 『薔薇 イェイツ詩集』 (尾島庄太郎訳) 角川文庫 1999年
  • 『W・B・イェイツ全詩集』 (鈴木弘訳) 北星堂書店 1982年
  • 『まだらの鳥 自伝小説』 (島津彬郎訳) 人文書院 1997年
  • 『イェイツ詩集』 (中林孝雄・中林良雄共訳) 松柏社 2001年(第4版)
  • 『イェイツ詩集 塔』 (小堀隆司訳) 思潮社 2003年
  • 『最後のロマン主義者 イエーツ訳詩集』 〈加島祥造セレクション1〉 港の人 2007年
  • 『W・B・イェイツ詩集 塔』 (中林孝雄訳) 個人書店銀座店 2008年
  • 『対訳 イェイツ詩集』 (高松雄一編) 岩波文庫 2009年

関連項目[編集]

外部リンク[編集]