神秘主義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

神秘主義(しんぴしゅぎ、: mysticism)とは、絶対者(、最高実在、宇宙の究極的根拠などとされる存在)を、その絶対性のままに人間が自己の内面で直接に体験しようとする立場のことである[1][2]

概要[編集]

英語: mysticism などが「神秘主義」と訳されている[1]。この mysticism の語源をたどると ギリシア語: myein(眼や口を閉じる)に由来するとされており[1]、こうした表現が選ばれたことにより、すでに通常の表現が許されない経験が示唆されている[1]

神秘主義の根本的な特質は、umio mystica (ウミオ・ミスティカ、神秘的合一)と呼ばれる、絶対者と自己との合一体験にある[1]。行うことが人間を超えた絶対者との合一であり、通常の自己からすれば絶対的に他なる者との合一であるから、それは必然的に自己からの脱却、あるいは自己という枠を突破することを意味する[1]。つまり絶対者との合一は、脱自を行うということになり、神秘家というのは、いわゆる脱我(=エクスタシー)を体験している者である[1]。その体験において、我々が普段“自己”と信じているものは、絶対者の前に吸収されつくして無になり、同時に絶対者は対象ではなくなり、それが真の自己の根拠になる[1]。このような、“自己”の徹底的な死と復活と言える脱我的合一が神秘体験の宗教的な核心となっているのである[1]

神秘的合一[編集]

神秘主義における神秘的合一は、あくまで自己自身の内面を通して体験される、自己の最内奥におけるできごとである[1]。だからこそ、神秘主義では《》や《》が強調されるのである[1]。(その点で、神秘主義というのは絶対者が世界にあるとする汎神論からは区別される[1]。)

自己の最内奥において、“自己”が破られる体験であり、そこにおいて無限の深さが開かれることである。魂の内奥が“自己”という枠を超えて神の秘奥であるような内面性を体験するのである[1]

合一体験はその最初期においては絶対的受動性とともにある[1]。自己が破られるという体験だからである[1]。自己からは突破できない自我性の最後の壁が彼方から破られる[2]。だが次に、それまで“自己”という枠によってふさがれてしまっていた《の無限の泉》から新しい生命が湧き出てきて、それが自分の生命となる[1]。逆説的なことに、絶対的受動性を経ることによって生の活発な高揚や無限感が与えられるのである[1]

こうした合一体験は、(日常的な感覚、当人以外の第三者が外面的・表層的に見ると)短い時間起きたように見え、長期間続いているようには見えない[1]。だが、それを体験した主体としては、自己理解や世界理解が根本的に入れ替わるほどに決定的なことが起きている[1]

歴史[編集]

西洋で神秘主義の筆頭に挙げられるのが、古代ギリシャエレウシスの秘儀である。類似のものとしてはオルペウス教ピタゴラス教団などがある。やや時代を下り、ネオプラトニズム新プラトン主義)、キリスト教神秘主義、更にはヘルメス思想なども、代表的な神秘主義である。

ユダヤ教の代表的な神秘主義としてはカバラが、イスラーム圏の代表的な神秘主義としてはスーフィズムがある。

インドにおいては、バラモン教ウパニシャッドにおけるアートマン思想などが、典型的な神秘主義であり、ここから派生したヒンドゥー教や、仏教における密教なども含む、いわゆるタントラ教全般も、その典型である。なお、こうしたインドの神秘主義は、20世紀後半のニューエイジムーブメントに多大な影響を与えている。

中国では道教神仙思想日本では密教及び修験道などが、代表的な神秘主義である。

出典・脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s 上田閑照 「神秘主義」『世界大百科事典』 平凡社、1988年
  2. ^ a b 上田閑照 「神秘主義」『宗教学辞典』 東京大学出版会、1973年1月。ISBN 9784130100274

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

執筆の途中です この項目「神秘主義」は、キリスト教に関連した書きかけ項目です。加筆・訂正などをして下さる協力者を求めていますP:キリスト教/PJ:キリスト教)。
執筆の途中です この「神秘主義」は、哲学に関連した書きかけ項目です。この記事を加筆・訂正して下さる協力者を求めていますPortal:哲学)。