ウガリット神話

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ウガリット神話(ウガリットしんわ)は、シリアの地中海岸にあった古代都市ウガリットに保存されていた粘土板文書に記されていた神話である。

内容は、同じセム系神話として旧約聖書などとも共通する物が多い。

特に重要視されているのは、英雄神バアルの戦いと死、そして再生を描いたものである。

主な神々[編集]