アナト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アナトのブロンズ像

アナト ( ‘nt [‘anatu] ) は、ウガリット神話の主神バアルの妹にて妻とされる、愛と戦いの女神。また、狩猟の女神であり、豊穣の女神でもあると考えられている。

解説[編集]

嵐と慈雨の神バアルの配偶女神としてバアルに特に結合して語られる事が多く、古くは最高神イルの娘にて妻と位置付けられたが、後に嵐と慈雨の神バアルが人気を得て信仰の中心となるとイルの娘でありバアルの妹であり妻の位置づけになった。 神話によれば数々の戦いで多くの敵を殺した非常に好戦的な女神であり[1]、ある時には腰まで血の海で浸されるほど多くの人間を殺してまわり、死者の頭や手を自分の腰に着けたという[2]。その一方で処女 (btlt) の称号でも呼ばれているが。[3]、これはウガリットの女神たちへの尊称であり、アナトは数々の神々の母神でもある。またバアルの姉妹の中で一番美しいとされ、兄バアルへの従順さと熱愛でも知られる二面性のある女神である。

こうした二面性のある性格から、同じく愛と戦いの女神であるメソポタミア神話イナンナ/イシュタルと起源を同じくすると考えられており、同じくバアルの陪神であり、語源的にその名をイシュタルと同じくするアスタルトと同一視する説もある。 キプロスでは同じ戦いの女神であり、名前のよく似たアテーナー (古代ギリシア語: ἈνάθἈθηνᾶ) と同一視され[4]カルタゴのタニト英語版の起源と考えられている。[要出典] また、こうしたアナトの性質は、民間信仰における移行期、神々の権威が一時的に失墜する時の女性の役割を反映していると考えられている。[5]

アナトの神話[編集]

神殿の建造[編集]

兄であるバアルを熱愛し、彼が「自分には専用の神殿が無い」と嘆いた際には、最高神イルの元に赴き、頭蓋を叩き割ると恫喝までして神殿を要求している。実際にはこれは失敗しており、後にイルの妻アーシラトに贈り物をして、神殿建設の願いを叶える[6]。 この神話は雨季の先触れである雷光と雷鳴の神であるバアルと豊穣の女神であるアナトの結合を意味すると考えられ。 実際、神話に関わりのあった時期が明確に述べられており、新年祭の豊穣祭儀を説明するものであり 神殿をもったバアルの権力を象徴しているものと考えられる[7]

モートとの争い[編集]

またバアルがモートに殺された際には、バアルの死体を見つけて嘆き悲しんだ彼女はナイフを使わずに彼の肉を食べ、盃を使わずに彼の血を飲んだ。[要出典]さらにバアルを殺したモートを切り刻み、箕でふるい、これを焼き、臼でひき、畑に撒くという壮絶な復讐を果たした。モートの死体を畑に撒いたことによりバアルは復活し、その7年後にモートも復活した[8]。 この神話はエジプト神話オシリスセトに殺され、その屍が粉々にされて撒き散らされた後、オシリスの妹であり妻であるイシスが嘆きながら死体を集める神話と同じモチーフであり、 これは一年の季節のサイクル、すなわち不毛の冬と作物が実る春から秋の四季の移ろいを説明するものであり、また、豊作と不作の繰り返される農耕の周年のサイクルを反映したものと考えられている[9]

アナトの殺戮[編集]

バアルがヤム=ナハルを倒し、自分の神殿を完成させた祝賀会が開かれた後、アナトは兵士たちを神殿に招いた後に発作的に殺戮の衝動に駆られ、神殿の戸を閉めて集まった兵士たちを殺しつくし、膝まで血の中に漬かり満足すると、神殿を清めて喜びを表わしたとされる[10]この奇妙な神話は女神の活力を示すものと考えられているが、これ以上の説明は難しい。なぜなら、これはアナトの祭儀に由来する神話群の一つであると考えられるが現在はその断片しか解明されていない。今後の発掘で神話や祭儀の全容が解明されたのなら、神話の意味する事を説明できるだろう[11][要検証 ] また、アナトは、ヤム=ナハルと同類の生き物であるレビヤタンをバアルと共に倒したとされる[12]

天の弓[編集]

ある時アナトは、ハルナイム(ハラナムとも)の王ダニルウ英語版(ダニエルとも)が工芸神コシャル・ハシス英語版に頼んで、息子アクハト英語版の為に特別に作らせたを手に入れようと考えた。彼女はアクハトに、不死の命とその弓を交換しようと持ちかけるが、アクハトは頑としてこれを拒んだ。これに怒るアナトはイルの下へ行き、アクハトに復讐する事を告げた。イルはこれを咎めるが彼女は聞かず、自身に仕える戦士・ヤトパン(ヤプタンとも)をに変えて他の鷲達と共に送り込み、アクハトを殺させた。すると、アクハトの死と共に地上に乾季が訪れた。アナトは自分の所業を後悔した。そしてアクハトの姉バグハトは弟の喪が明けた後、復讐を誓い、弟の仇であるヤトバンを探し出し殺した。その後の物語の詳細は粘土板の消失で不明だが、おそらくアクハトは蘇生し、地上にはまた雨が降るようになったと思われる[13]この神話もモートとの争いと同じく、一年のサイクルを説明するものであり、カナアンで繰り返される乾季と雨季の季節の移ろいを神話に反映させたものと考えられる[14][要検証 ]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『神の文化史事典』44-45頁(アナトの項)。
  2. ^ 『ウガリトの神話 バアルの物語』58頁。
  3. ^ 『ウガリトの神話 バアルの物語』29頁。
  4. ^ 『ウガリトの神話 バアルの物語』164頁。
  5. ^ 『オリエント神話』182頁。
  6. ^ 『ウガリトの神話 バアルの物語』124頁。
  7. ^ 『オリエント神話』211-212頁。
  8. ^ 『ウガリトの神話 バアルの物語』145-147頁。
  9. ^ 『オリエント神話』233頁。
  10. ^ 『ウガリトの神話 バアルの物語』59頁。
  11. ^ 『オリエント神話』207頁。
  12. ^ 『ウガリトの神話 バアルの物語』114-116頁。
  13. ^ 『世界最古の物語』228-242頁(「天の弓」)
  14. ^ 『オリエント神話』270頁。

参考文献[編集]