ラハム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ラハム(Lahamu)は、バビロニアの神話に登場する神で、アプスーティアマトから最初に生まれた娘にあたる。

兄弟のラフムとの間に、アンシャールキシャールをもうけた。ラハムはある時は大蛇として、またある時は赤い帯と6つの巻き髪を持つ女性として描かれる。常にラフムとともに描かれており、海の沈泥(シルト)を表現すると考えられている。

参考文献[編集]

  • Michael Jordon, Encyclopedia of Gods, Kyle Cathie Limited, 2002