シャヘル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

シャヘルは、カナン神話(ウガリット神話)における曙(明けの明星)の神。黄昏(宵の明星)の神シャレム(ちなみにエルサレムは「シャレムの家」を意味するという説がある)とは対になる神とされる。ラス・シャムラ文書の伝承によると、海辺を歩いていたイルが波の中に飛びこみ、その手を波のように伸ばして二人の女性(アーシラトアナトとする説がある)を口づけと共に抱擁し、シャレム(夕暮れ)とシャヘル(夜明け)を生ませたとされる。

イザヤ書の「曙の子ルシフェル」という言葉は、聖書で唯一のルシフェルへの言及であるが、「ヘレル・ベン・サハル(輝ける曙の息子)」というヘブライ語の意訳である。よって、シャヘルはルシフェルの父とも解釈できるが、バーバラ・ウォーカーのシャヘルが太陽神に反逆して堕とされ、それがルシフェルの神への反逆の伝説の下敷きになったとする主張[1]が周知され、しばしば両者は同一視される。

脚注[編集]

  1. ^ バーバラ・ウォーカー『神話・伝承事典 失われた女神たちの復権』