ギルタブルル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ギルタブルル(Girtablulu ギルタブリル、ギルタブルウル)は、バビロニア神話に登場する半人半獣の怪物。 上半身と足の部分は人間だが、腰はサソリであり、サソリと同じ尻尾を持つ。死神のような容貌をしているとも言われる。

一種の聖獣であり、『ギルガメシュ叙事詩』では、天界と冥界に通じるマーシュ山の番人として描かれている。

参考文献[編集]

  • 「幻想動物事典」新紀元社
  • 「オリエントの神々」新紀元社