ティアマト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ティアマット

ティアマトシュメール語アッカド語: tiamat)は、メソポタミア神話en)の女神である。

呼称[編集]

シュメール語で、その名は「苦い水(塩水)」()を意味し、伴侶である神アプスーは「甘い水(淡水)」の意である。

古代バビロニア神話では、アッカド語で全ての神々を生み出した「生命の母[1]」の意である。

神話[編集]

アプスーとティアマトは多くの神々を生んだが、彼らとの生活が煩わしかったアプスーは、ティアマトに彼らを殺すよう持ちかけた。しかし、母なるティアマトはそれを拒み、逆に息子達へアプスーの企みを教えて、警告した。エアは、ティアマトの警告を聞くと、兄弟姉妹と語らってアプスーを殺してしまった。

ティアマトは太母として敬われたが、やがてエアたちは権威を欲し、ティアマトに神々の主の座を降りてくれるように願った。この要求はティアマトを激怒させ、使いの神を吊るし上げて辱めた上で、返した。ティアマトの力に恐れをなした神々だが、彼女を怒らせた以上、退く事も出来なくなってしまった。

さて、孫の世代に当たる神々に、マルドゥク(エアの息子)という勇猛な神がいた。最強の武神たるマルドゥクは、ティアマトへ宣戦布告する。ティアマトのほうも、権威の象徴たる「天の石版」をキングーという神に授け、マルドゥクを迎え撃った。しかし、マルドゥクの力の前にキングーはあっさりと敗れてしまう。ティアマトはその巨体で戦いに臨み、マルドゥクを飲み込もうと襲い掛かったが、マルドゥクには秘策があった。ティアマトが彼を飲み込もうと口をあけた瞬間、暴風を叩きつけて口が閉じられないようにし、ティアマトの体の中へ剣を突き通した。さしものティアマトも、これには耐え切れず死んだ。

マルドゥクは彼女の体を二つに引き裂き、一方を天に、一方を地に変えた。彼女の乳房は山になり、そのそばに泉が作られ、その眼からはチグリスとユーフラテスの二大河川が生じたとされる。こうして、母なる神ティアマトは、世界の基となった。

出土した粘土板等で実際の女神について確認できる記述は、彼女が「角」と「尾」を持っていたことのみである。

ティアマトが生み出した11の魔物[編集]

  • ウシュムガル(龍)
  • ムシュマッヘ(七岐の大蛇)
  • ムシュフシュ(蠍尾竜)
  • ウガルルム(巨大な獅子)
  • ウリディンム(狂犬)
  • ウム・ダブルチュ(嵐の魔物)
  • ラハム(海魔)
  • ギルタブリル(蠍人間)
  • クサリク(有翼の牡牛)
  • バシュム(毒蛇)
  • クリール(魚人間)

フィクションにおけるティアマト[編集]

ティアマトはフィクション作品でしばしばドラゴン)とされる(下半身がという説もある[2])。テーブルトークRPGダンジョンズ&ドラゴンズ』に登場する女神Tiamatは多頭のドラゴンでもある。日本においても、ロールプレイングゲーム真・女神転生』シリーズで「邪龍」に分類され、同じロールプレイングゲームの、『オウガバトルサーガ』や『ファイナルファンタジーシリーズ』ではドラゴンの姿で登場する。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ti (生命) + ama (母) = tiamat
  2. ^ 『図説 幻獣辞典』 幻冬舎コミックス

関連項目[編集]