アンシャル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アンシャルまたはアンシャール (英語:Anshar) は、シュメール神話アッカド神話に登場する天の。名前は「天の中心」を意味する。アンシュルアシュルアッシュルともいう。

キシャルの兄(または弟)にして夫。アンシャルとキシャルはともにラハムラフムの子で、アヌエアを(伝承によっては、エンリルをも)産んだ。アンシャルはニンリル英語版の配偶神とされることもある。アッカド神話ではアンシャルと呼ばれ、パンテオンの祖とされるが、アッシリア神話ではアッシュルと呼ばれ、パンテオンの最高神とされている。アッシリアサルゴン2世は、自らの権威を増すために、「アッシュル」(創世記文書エヌマ・エリシュに記されており、自らの名前の一部ともなっている)、「アンシャル」との区別を始めたとされている。

関連項目[編集]