プルシャ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

プルシャpurusha, サンスクリット: पुरुष)とは

インド神話[編集]

世界の最初に存在したとされ、『リグ・ヴェーダ』においては、原人プルシャの身体から太陽や月、神々や人間など世界の全てが生れたという。

千個の目と千個の頭、千本の足を持つと言われる。

サーンキヤの概念[編集]

サーンキヤ学派では、精神原理プルシャと物質原理プラクリティが対置されている。サーンキヤでは、プルシャは物質的要素をまったくはなれた純粋なもの、とされる。同学派は、「私はだれだれである」とか「私の何々は」といった意識は、プラクリティから生じた心理器官に属する、とし、それらの意識は上位器官である理性に属する、とするが、プルシャはそうした意識や理性とは別である、とし、またプルシャは様々な感情とも異なる、とする。プルシャは、プラクリティの展開がつくりだす現象世界を観照する、とする。プルシャを説明するのに、水面やに映った映像を見る人のたとえが用いられている[1]

脚注[編集]

  1. ^ 『哲学思想事典』岩波書店、1998年 pp.1410-1411 茂木秀淳執筆担当

関連項目[編集]

神話関連
インド哲学関連