ヴィローチャナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ヴィローチャナ(Virocana)は、インド神話仏教説話で古くから、アスラ阿修羅)族の王、あるいは単に太陽神とされる[1]

アスラ王ヒラニヤカシプの孫にあたり、プラフラーダの子。アスラ王バリの父。

チャーンドーギア・ウパニシャッド』第8章[2]において、デーヴァ神群の王インドラ帝釈天)、アスラ族の王ヴィローチャナが「本当のアートマン(自我)とは何か」という真理を求め創造主(プラジャーパティ)の元を訪れたとある。その奥義を得てヴィローチャナは満足し、アスラたちに伝えたという。

ヴィローチャナとインドラがプラジャーパティに聞いた真理とは「美しい飾りをつけ、水や鏡に映る身像、それこそ自我であり、梵(宇宙の真理)である」というものであったという。ヴィローチャナはこれを聞いて満足して帰ったという。しかし、インドラはこの嘘(盲目の人は水面の姿を見ることができないではないか)に気がつきプラジャーパティの元に戻りさらにたずねさらにプラジャーパティに質問すると、プラジャーパティは「そうだ」と言い、それを聞いたインドラはさらにプラジャーパティの元で修行して真理を得たという[3]

仏典では『サンユッタ・ニカーヤ』11篇第一章第八節「阿修羅の主であるヴィローチャナ(あるいは目的)」に登場しており、対応する求那跋陀羅訳『雑阿含経』の漢文(一一一九)では「鞞盧闍那子婆稚阿修羅王」と表記される。この経典には釈迦の前でサッカ(帝釈天)と対話するシーンが収められている。帝釈天が「怒り狂う他人を静止するためには『耐え忍び、静かにしていること』だ」と言った。また「人は目的が達成まで努力せねばならぬ。目的が達成されたのならば耐え忍ぶことより優れたものはない」の言ったに対し、ヴィローチャナは「耐え忍ぶという部分に過失がある。これでは愚者はますます増長してしまう」と言ったという。さらに「一切の生き物は目的を目指して生まれたものであり、分に応じて努力が達成されたのならば、享楽は目的に応じて享受することが最高である。」とヴィローチャナが徳目を説くと、サッカがヴィローチャナが述べた言葉に「(目的が達成されたならば)耐え忍ぶことより優れたものはない」と付け加えて返した、という内容である。

後にこの2人の王は決戦に至る。天界軍率いるインドラはアスラ軍率いる王ヴィローチャナの戦車が壊れた時に隙を付いて殺し、勝利を得た。この時死したヴィローチャナの魂はヴィローチャナの妻に入り、ヴィローチャナの息子マハーバリが誕生する。マハーバリは親の敵のばかりに逆にインドラ率いる天界軍を打ち負かし、三界の王となる(詳細はマハーバリの項を参照)。

脚注[編集]

  1. ^ 山際素男編訳「空っぽの部屋のバリ」『マハーバーラタ 第7巻』第50頁において、インドラ神(帝釈天)とダーナヴァ(インドラ達に対抗した神、アスラと解しても良い)王ヴィローチャナの息子バリとの問答が記されている。
  2. ^ Chandogya Upanishad: The Chanters' Teaching: Book VIII Part II
  3. ^ 佐藤任著『悲しき阿修羅』によると、肉体そのものをアートマンと考えるアスラたちの『ウパニシャッド』(奥義)だという

参考文献[編集]

  • 佐藤任『悲しき阿修羅』平河出版社(ASIN B000J7WEP8)
  • 中村元訳『ブッダ 悪魔との対話 サンユッタ・ニカーヤⅡ』岩波文庫ISBN 978-4003332924
  • 山際素男編訳「空っぽの部屋のバリ」『マハーバーラタ 第7巻』三一書房 東京 1996年

関連項目[編集]