プラフラーダ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ナラシンハ。膝の上にヒラニヤカシプ。後ろにプラフラーダ

プラフラーダ(Prahlāda)とは、アスラ神族の名前である。父はヒラニヤカシプ、子はヴィローチャナである。ダイティヤ族の神である。

概要[編集]

ヴィシュヌの化身ナラシンハ(人獅子)

プラフラーダは天界をテーヴァ神族から奪って天をも治めたヒラニヤカシプアスラ王の子にもかかわらず、あろうことか天敵テーヴァ神族のヴィシュヌを幼少期から献身的に信仰したという。ヒラニヤカシプはこの行いに激怒しプラフラーダを殺そうとしたがヴィシュヌを信仰するあまり加護を得ているため部下はプラフラーダを殺すことができなかった[1]。ヒラニヤカシプはやむなく師のもとに追いやった。プラフラーダはヴィシュヌをさらに信仰してついに解脱にいたったという。

もう一つの説話のほうが有名である。プラフラーダはヒラニヤカシプにプラフラーダ抹殺を命じられた部下を逆にヴィシュヌの教えを必死に説き、ついにプラフラーダ抹殺命令を下された部下までもがやがてヴィシュヌを崇拝するようになったという。ヒラニヤカシプはさらに激怒し「お前の神とはどこにいるんだ、だったらこの柱の中にもお前がいう神とやらがいるのか!」とプラフラーダに問い詰めたその時、突如玄関の柱の中からヴィシュヌの化身ナラシンハ(人獅子)が突き破って登場して父ヒラニヤカシプを抹殺した[2]。その後プラフラーダはアスラの王となってパーターラに住んだという[3]

参考文献[編集]

菅沼晃編 「インド神話伝説辞典」東京堂出版 1985,p294.

脚注[編集]

  1. ^ ヒラニヤカシプは妹ホリカの力を使って殺そうとしたが失敗し逆にホリカが死んだ。
  2. ^ ヒラニヤカシプは修行によってテーヴァ神族にもアスラ神族にも人にも獣にも昼にも夜にも家の中でも外でもない、地上でも空中でも、しかもどんな武器でも殺されない体というものをブラフマーから得ていた。そこでヴィシュヌはナラシンハに化身し家の中でも外でもない玄関で、昼でも夜でもない夕方で、人でも獣でもどちらでもない体で、武器ではなく己の腕と指と爪で、空中でも地上でもない己の膝の上で心おきなくヒラニヤカシプを抹殺した。このとき玄関に誘導したのはあろうことか子プラフラーダとも言われている。またプラフラーダが迫害されたときにたまたま玄関で彼を助けるためにヴィシュヌはナラシンハに化身して玄関の柱の中にいったん隠れて、ヒラニヤカシプが現れるやいなや柱を突き破り不意打ちでヒラニヤカシプを抹殺したとも言われている
  3. ^ 『パドマ・プラーナ』ではプラフラーダはその後テーヴァ神族の世界へ昇りついにヴィシュヌ神と一体となったという。

関連項目[編集]