ダイティヤ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ダイティヤDaitya)は、インド神話に登場するアスラの一族。「ディティの息子たち」という意味で、主にカシュヤパ仙とその妻の1人ディティとの間に生まれた子供たち、あるいはその家系に属する一族を指す。

ディティの子ヒラニヤークシャヒラニヤカシプや、その子孫にあたる偉大なるアスラ王マハーバリヴィシュヌ神の化身(アヴァターラ)に倒された。他にもティロッタマーが原因で死闘を繰り広げたスンダウパスンダ兄弟王や、『マハーバーラタ』の英雄アルジュナに滅ぼされたニヴァータカヴァチャ族もダイティヤ族の末裔とされる。

ただし中にはバーナースラのようにデーヴァ神族であるシヴァスカンダ親子と共闘したダイティヤ族もいるし、プラフラーダのようにヴィシュヌを篤く信仰する者もいるなどすべてのダイティヤ族がデーヴァ神族と敵対するアスラではないことに留意したい。

またマハーバリの妻で、バーナースラの母であるコータヴィーはダイティヤ族の守護女神とされる。

基本的にヒラニヤカシプ、マハーバリ、スンダ・ウパスンダ兄弟王といった三界(天界、地上界、地下界)をデーヴァ神族から奪還した者が多く、大変強力な魔族であると言える。

関連項目[編集]