ダイティヤ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ダイティヤDaitya)は、インド神話に登場するアスラ族の1つ。「ディティの息子たち」という意味で、主にカシュヤパ仙とその妻の1人ディティとの間に生まれた子供たち、あるいはその家系に属するアスラたちを指す。

彼らはいずれも神々の敵対者で、特にディティの子ヒラニヤークシャヒラニヤカシプや、その子孫にあたる阿修羅王マハーバリヴィシュヌ神の化身(アヴァターラ)に倒されるか、または降伏した。他にもティロッタマーが原因で滅びたスンダ、ウパスンダの兄弟や、『マハーバーラタ』の英雄アルジュナに滅ぼされたニヴァータカヴァチャ族もダイティヤとされる。

またマハーバリの妻で、バーナの母であるコータヴィーはダイティヤ族の守護女神とされる。