ヒラニヤカシプ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ヒラニヤカシプ(Hiranyakashipu)とは、アスラ神族の名前である。子はプラフラーダである。名の意味は「金の衣を着たもの」という意味である。

概要[編集]

ヴィシュヌの化身ナラシンハ(人獅子)。膝の上で殺されているのがヒラニヤカシプ

兄弟であったヒラニヤークシャがヴィシュヌの化身ヴァラーハに打ち取られた無念を晴らすべく、修業に修業を重ねとうとうブラフマー神から力を授ることに成功した。[1]その力とは「テーヴァ神族にもアスラ神族にも人にも獣にも昼にも夜にも家の中でも外でもない、地上でも空中でも、しかもどんな武器でも殺されない体」というものであった。こうして無敵同然の体を得たヒラニヤカシプ悲願だった天界奪回に成功し、ヒラニヤークシャの無念を晴らした。

ところが天界奪還後、息子プラフラーダはあろうことか一族の宿敵であるはずのヴィシュヌを懸命に信仰した。信仰を辞めないプラフラーダを見てついにヒラニヤカシプはわが子を殺そうとしたができなかった。ヒラニヤカシプはさらに激怒し「お前の神とはどこにいるんだ、だったらこの柱の中にもお前がいう神とやらがいるのか!」とプラフラーダに問い詰めたその時、突如玄関の柱の中からヴィシュヌの化身ナラシンハ(人獅子)が突き破って登場して父ヒラニヤカシプを抹殺した。[2]こうしてテーヴァ神族はマハーバリが支配するまで3界を支配した。

参考文献[編集]

菅沼晃編 「インド神話伝説辞典」東京堂出版 1985,p281.

脚注[編集]

  1. ^ 菅沼晃編 「インド神話伝説辞典」,p281ではブラフマーから力を授かったのではなく、「シヴァ神から3界を1000年の間支配することを許された」とある。
  2. ^ 無敵の体であるはずのヒラニヤカシプをいかにして抹殺したのかはプラフラーダまたはナラシンハの項目を参照いただきたい。

関連項目[編集]