ヴァラーハ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
牙で大地を持ち上げ、ヒラニヤークシャを倒すヴァラーハ。

ヴァラーハ(Varāha,サンスクリット: वराह)は、ヒンドゥー教におけるの姿をしたヴィシュヌ神の第3のアヴァターラ(化身)である。大地プリティヴィー)を海の底へ沈めた、恐ろしきダイティヤ族の王ヒラニヤークシャを打ち破るために遣わされ、1000年にも及ぶ戦いの末、勝利を収める。

ヴァラーハは純粋な猪、もしくは擬人化され、猪の頭を持つ男の姿で描かれた。後にそれは4本の腕を持ち、2本で車輪と法螺貝、残りの手で矛、剣あるいは蓮を持ち、あるいは祈りの姿勢をとる姿で描写された。大地は猪の牙の間に握られていた。

このアヴァターラはプララヤ洪水)からの蘇生及び新しいカルパ(周期)の確立を象徴し、それゆえ創造神話を構成すると考えられる。

ヴァラーハ・プラーナ』はヴァラーハ自身が語りを行なう、叙述形式のプラーナである。

タミルナードゥ州に Sri Mushnam の名で知られる非常に古い寺院があり、ティルパティーバードリナートと同様の「スヴァヤンブームルティであると思われる。