ドゥルガー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ドゥルガー

ドゥルガーदुर्गा durgā)は、ヒンドゥー教女神。その名は「近づき難い者」を意味する。外見は優美で美しいが、実際は恐るべき戦いの女神である。10本あるいは18本の腕にそれぞれ神授の武器を持つ。神々の要請によって魔族と戦った。シヴァ神の神妃とされ、パールヴァティーと同一視された。

神話によると、アスラの王マヒシャースラがアスラ族の軍勢を率いて天界を攻め、神々を追放してしまった。神々は怒り、口から光を放射して一点に集中させた。その光の中からドゥルガーは生まれたとされる。ドゥルガーは魔神討伐のため神々から武器を、ヒマラヤの神ヒマヴァットからはトラドゥン)を乗り物として授かった。ドゥルガーは次々とアスラの軍勢を滅ぼし、最後に水牛の姿をしたマヒシャースラを討ち取った。ドゥルガーがシヴァ神の三叉戟でマヒシャにとどめをさす図マヒシャマルディニーはこの話に由来する。

ドゥルガーは、魔神ドゥルガーを大戦争の末に滅ぼしたとき、記念としてその魔神の名を自らの名前にしたのだという。 シュムバ、ニシュムバとの戦いでは、怒りによって黒くなったドゥルガーの額から女神カーリーを生み出した。この女神はドゥルガー以上に純粋に戦闘を楽しむ女神とされる。さらにドゥルガーは逆立った髪から7人(あるいは8人)の戦いの女神・マトリカスを生み出している。

10月ごろに行われるドゥルガー・プージャーはドゥルガーを祝う祭であり、とりわけベンガル地方では盛大に執り行われた。

また、ドゥルガーは別名をヴィカラーラ(「恐るべき者」の意)と言い、仏教では興福寺八部衆二十八部衆畢婆迦羅十二神将毘羯羅となっている。また、密教に於いては菩薩天台宗では如来)とされ、六観音、七観音の一尊である准胝観音となっている[1]。黒闇天とも同一視される。

また、突伽天女塞天女とも呼ばれ[2]玄奘三蔵の伝記『大慈恩寺三蔵法師伝(慈恩伝)』では突伽という表記で登場する。

出典[編集]

  1. ^ 斎藤昭俊 『インドの神々』 吉川弘文館
  2. ^ 佐藤任 『密教の神々 その文化史的考察』 平凡社

関連項目[編集]