デーヴァ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アンコールワットに彫られたヒンドゥーの神々

デーヴァ (サンスクリット देव, deva) は、サンスクリットを意味する語である。女性形デーヴィー (देवी, devī)。印欧祖語に由来する。

ヒンドゥー教仏教などインド系の諸宗教で現われる。

漢訳仏典では、天部天人天神、天部神などと訳される。

デーヴァが住む世界をデーヴァローカ (devaloka, deva loka) と呼び、天界天道天上界などと漢訳される。

インドのデーヴァはイランダエーワと同一の語源と言われるが、イランのゾロアスター教ではダエーワは悪神である。

ラテン語デウス (dēus) などと同じ語源である。

関連項目[編集]

デーヴァの名をもつ人物[編集]