スリランカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
世界 > アジア > 南アジア > スリランカ
Example.of.complex.text.rendering.svg この項目にはインド系文字が含まれています。環境によっては、フォントをインストールしていても、母音記号の位置が乱れたり結合文字が分かれたりします詳細
スリランカ民主社会主義共和国
ශ්‍රී ලංකා ප්‍රජාතාන්ත්‍රික සමාජවාදී ජනරජය (シンハラ語)
இலங்கை சனநாயக சோஷலிசக் குடியரசு (タミル語)
スリランカの国旗 スリランカの国章
国旗 国章
国の標語:なし
国歌Sri Lanka Matha
スリランカの位置
公用語 シンハラ語タミル語 [注記 1]
首都 スリジャヤワルダナプラコッテ[注記 2]
最大の都市 コロンボ
政府
大統領 マヒンダ・ラジャパクサ
首相 D・M・ジャヤラトナ英語版
面積
総計 65,610km2119位
水面積率 1.3%
人口
総計(2012年 20,277,597人(57位
人口密度 323人/km2
GDP(自国通貨表示)
合計(2013年 8兆5,616億[1]スリランカ・ルピー
GDP (MER)
合計(2013年 658億[1]ドル(70位
GDP (PPP)
合計(2013年 1,360億[1]ドル(64位
1人あたり 6,530[1]ドル
独立
 - 日付
イギリスより
1948年2月4日
通貨 スリランカ・ルピー (LKR)
時間帯 UTC (+5:30)(DST:なし)
ISO 3166-1 LK / LKA
ccTLD .lk
国際電話番号 94
  1. ^ 憲法上、「連結語」(link language) として英語が指定されている。
  2. ^ 旧首都はコロンボ

スリランカ民主社会主義共和国(スリランカみんしゅしゃかいしゅぎきょうわこく)、通称スリランカは、南アジアインド亜大陸(インド半島)の南東にポーク海峡を隔てて位置する共和制国家首都スリジャヤワルダナプラコッテ

1948年2月4日、イギリスから自治領英連邦王国)のセイロンとして独立。1972年にはスリランカ共和国に改称し、英連邦内の共和国となり、1978年から現在の国名となった。人口は約2027万(2012年)である[2]島国で、現在もこの国が占める主たる島をセイロン島と呼ぶ。国名をスリランカに改称したシリマヴォ・バンダラナイケは世界初の女性首相である。また、国民の7割が仏教徒上座部仏教)である。

国名[編集]

正式名称はシンハラ語Sri Lankā Prajathanthrika Samajavadi Janarajayaタミル語Ilangai Jananayaka Socialisa Kudiarasu

公式の英語表記は Democratic Socialist Republic of Sri Lanka。通称 Sri Lanka。

日本語の表記はスリランカ民主社会主義共和国。通称はスリランカ。漢語ではセイロン島を錫蘭とも書き、略語は「錫」である。仏典では、人口の多数を占めるシンハラ人にちなんで、島名をシンハ・ドヴィーパ(ライオンの島。獅子の島)といったことから、「師子国」とも記されている。『ラーマーヤナ』に登場するラークシャサ(羅刹)の王のラーヴァナが住まいするランカー島は、現在のスリランカを意味するという説が有力とされてきたが、定説ではない。

スリランカはシンハラ語で、正確にはシュリー・ランカー。シュリーは「聖なる」という意味の接頭辞であり「光り輝く」「高貴な」といった意味合いを含む。ランカーは古くからこの島を示す固有名詞であり、正確な語源は判明していない。一説には「美しいこと」を意味する単語アランカーワと同根とも言われる。

歴史[編集]

独立後[編集]

独立式典
  • 1948年:2月4日にイギリス連邦内の自治領英連邦王国)として独立した。国名はセイロン統一国民党 (United National Party, UNP) のD.S.セーナーナーヤカ英語版が首相に就任した。
  • 1949年:タミル人の選挙権を剥奪。
  • 1951年サンフランシスコ講和会議において、セイロン代表として会議に出席していたジュニウス・リチャード・ジャヤワルダナ蔵相(後、スリランカ第2代大統領)は「憎悪は憎悪によって止むことはなく、憎悪をすてることによって止む」という仏陀の言葉を引用して、対日賠償請求を放棄する演説を行った。
  • 1956年:総選挙で人民統一戦線が勝利し、スリランカ自由党 (Sri Lanka Freedom Party, SLFP) のS.W.R.D.バンダラナイケが首相に就任し、シンハラ語公用語法案を制定した。さらに、タミル人は公務員から排除された。このシンハラ・オンリーの政策によってタミル人との対立が高まり、後の大規模な民族対立の原因となる。仏陀入滅2500年祭 (Bhuddha Jayanti) が開催され、シンハラ仏教ナショナリズムが高揚する。東部とコロンボでタミル人の民族暴動が起こる。
  • 1959年:S.W.R.D.バンダラナイケが仏教僧によって暗殺される。
  • 1972年:SLFPが選挙に勝利して、S.バンダラナイケが首相に就任し、仏教を準国教扱いにする新憲法を発布した。共和制に移行し、国名をスリランカ共和国に改称。「タミルの新しい虎」(Tamil New Tiger。「タミル・イーラム解放の虎」Liberation Tigers of Tamil Eelam、LTTEの前身)が成立し、「タミルの国」、イーラム (Eelam) 樹立の要求を掲げて、分離独立運動を開始した。
  • 1977年:UNPが選挙に勝利し、ジャヤワルダナが首相に就任して、資本主義の導入、経済の自由化が始まる。
  • 1978年議院内閣制から大統領が執行権を行使する大統領制に移行し、現国名に改称。

26年に亘る内戦[編集]

戦闘の激化により避難する人々

内戦終結後[編集]

ラジャパクサ大統領が反政府勢力「タミル・イーラム解放のトラ (LTTE)」の制圧と内戦の終結を宣言し、四半世紀に及ぶ内戦は2009年5月に終了した。以後、ラジャパクサは内戦終結の功績を背景に政権の強化を図っており、2010年1月には任期を前倒ししての大統領選挙により、内戦の司令官だったフォンセカ英語版前陸軍参謀長を破り再選を達成。4月には議会選挙も行われ、与党連合統一人民自由同盟が全225議席中144議席を獲得し、圧勝した。同年9月には大統領の三選禁止条項を撤廃する憲法修正案も可決させるなど、大統領への集権化が進められている[5]

一方、内戦終結後は復興需要ならびに観光業の復活から、2010年・2011年とGDPが8%台の成長を続けるなど、急速な経済発展が続いている[6][7]

政治[編集]

ロシアメドヴェージェフ首相と会談するラジャパクサ大統領

共和制。大統領制と議院内閣制が混合した体制となっている。国会は総議席数225の一院制で、2010年現在はラジャパクサ大統領が率い、農村部や労働者階級を基盤とするスリランカ自由党率いる与党連合統一人民自由同盟が144議席、知識人や上流階級を基盤とする統一国民党が60議席、タミル人の民族主義政党、タミル国民連合英語版は14議席、共産主義政党で、かつては武装闘争も展開した人民解放戦線 (JVP) が7議席を占めている。

外交面では、非同盟の立場を維持しつつ、歴史的、文化的にも関係が深い隣国インドと、政治や経済、安全保障上、極めて重要な国として良好な関係維持に努めている。また経済社会開発の観点から日本を含む先進諸国との関係強化を重視しているほか、近年は中国イランとの関係も強化しており、2009年には1986年以降長らく最大の援助国であった日本に代わって、中国が最大の援助国となっている[8]。南部ハンバントタでは中国の援助の下、大規模な港湾・空港整備が行われており、中国の進出を象徴するプロジェクトとなっている[9]

また、南アジア地域協力連合 (SAARC) の原加盟国であり、2006年、東南アジア諸国連合地域フォーラム (ARF) にも加盟するなど、最近は南アジアや東南アジア諸国との協力関係強化にも力を入れている[10]

1948年の独立以降、一貫して民主主義が維持されているが、他方で2009年内戦最終局面での避難民や捕虜の取り扱い、2010年の大統領選挙に敗退したフォンセカ英語版元陸軍参謀総長の逮捕、同年の憲法の大統領の三選禁止条項の撤廃といった点から、西欧諸国からは人権上の問題を指摘されている[11][12][5]

地方行政区分[編集]

スリランカの州

地方行政区分として、スリランカの国土は9つの[13]、25のに分けられている[14]

[編集]

州はスリランカにおいて19世紀から存在していた。しかしそれらは、1987年に行われた地方分権を意図した1978年憲法第13次改正による州議会設立まで、何の法的裏づけも持たない存在だった[15]。州議会は一定の自治権を持っており、いかなる省庁の下にも置かれていない。州の設立後は、それまで中央の省庁が担っていた活動の一部を州が担うようになった[15]。ただし、土地と警察行政に関する部分については引き続き中央政府の管理下に置かれている[16][17]。憲法改正直後の1988年から2006年にかけては、北部州と東部州は内戦の和平協定の一環として合併しており、北東部州英語版とされていた[18][19]。1987年以前は、植民地時代と同様、全ての行政はを基準として行われていた。2012年現在、それぞれの州は選挙により選ばれた州議会により統治されている。

スリランカの州
スリランカの州 州都 面積 (km²) 人口
中部州(スリランカ)の旗中部州 キャンディ 5,674 2,556,774
東部州(スリランカ)の旗東部州 トリンコマリー 9,996 1,547,377
北中部州(スリランカ)の旗北中部州 アヌラーダプラ 10,714 1,259,421
北部州(スリランカ)の旗北部州 ジャフナ 8,884 1,060,023
北西部州(スリランカ)の旗北西部州 クルネーガラ 7,812 2,372,185
サバラガムワ州の旗サバラガムワ州 ラトゥナプラ 4,902 1,919,478
南部州(スリランカ)の旗 南部州 ゴール 5,559 2,465,626
ウバ州の旗ウバ州 バドゥッラ 8,488 1,259,419
西部州(スリランカ)の旗 西部州 コロンボ 3,709 5,837,294

県とその他の自治体[編集]

スリランカはまた25のにも分割される[20]。それぞれの県は県事務所により運営されている。県はさらに256のDivisional Secretary地区(DS地区、と訳される[21])に分割され、同様にDS地区は14,008ほどのGrama Niladhari地区(GN地区)に分割される[22]。これらの県はシンハラ語ではDisa、タミル語ではMāwaddamとして知られている。Disa(通常英語ではDissavonyと表記される)は昔の公爵領に由来しており、特にマータレーとウバではそれが顕著である。県次官が県を統括する。

地方自治体は3種類に分かれており、2004年時点で都市部に置かれるMunicipal Councilが18、半都市部のUrban councilが13、それに農村部のPradeshiya Sabha (aka Pradesha Sabhai) 256自治体存在する[23]。これらの自治体は元々koraleとrataという封建時代のカウンティに由来しており、以前はDivisional Revenue OfficerからD.R.O.地区として知られていた[24]。D.R.O.は後にAssistant Government AgentsとなりA.G.A.地区として知られるようになった。現在ではDivisional Secretaryとなっている。

軍事[編集]

スリランカ軍はスリランカ陸軍スリランカ海軍スリランカ空軍の3つの組織で構成されている。志願制を採用しており兵役適齢は18歳から49歳まで、総兵力は予備役も含めて150,900人(2008年時点)。LTTE設立以後同組織との戦闘を繰り返してきた。保有兵器は旧ソ連製、中国製のものが大半を占めており、69式戦車J-7等旧式のものが多く、軍艦も哨戒艦等の小型艦船が主流で潜水艦や対潜哨戒機は保有していない。また、防空システムの構築も遅れており、2007年3月にLTTEが改造民間機を用いた攻撃を行った際には、コロンボの北35kmの地点にあるカトゥナーヤカ空軍基地への侵入を許し、爆撃を受け兵士3人が死亡し16人が負傷、軍用ヘリ数機が損傷し、整備棟の一部が損壊する被害を受けている。

地理・気候[編集]

地理[編集]

スリランカの地図
アダム橋

セイロン島インド洋にあり、ベンガル湾の南西、アラビア海の南東に位置する。インド亜大陸とはマンナール湾ポーク海峡が隔てる。ヒンドゥー教の神話ではインドとはラマと呼ばれる橋で結ばれていた。アダム橋と呼ばれる所々海面に顔を出す石灰岩礁が連なり、その昔完全な天然の陸橋であったが、1480年の嵐で壊れたとのことである。海峡は狭く、インドからスリランカ海岸を望める。大型船舶には浅すぎるため島を迂回せざるを得ず、最初1860年に英政府が検討して以来、何度も運河の建設が検討されてきた。島の北部は平坦地が続き、南部に向かうにつれて山地が多くなる。大きく分けると三分される。第一は中央部から南部にかけての山岳・高原地帯で、最高峰はピドゥルタラーガラ山 (2,524m) で、アダムスピークも含めて、2000メートル級の山々が連なり、山麓に1000m前後の高原が広がる。第二は標高300から900mの高原ベルト地帯で、山岳地帯の周辺部である。第三は海岸沿いの平地で、南西部では狭く、北部から東部にかけては平坦な土地が広がる。雨量の多い南部の中央高地から河川が放射状に流れ出し、最長の川はマハウェリ川(全長335km)で、北東に流れてベンガル湾に注ぎ、海岸部に広い沖積平野を形成する。北部のジャフナ半島は平坦地が続き、井戸水を利用して、地下水灌漑による農耕を行なっている。

気候[編集]

乾燥地帯 (dry zone) と湿潤地帯 (wet zone)

気候は熱帯性であり高温多湿で、海岸部・低地では年平均気温27~28 °Cであるが、高地の気候は冷涼である。ヌワラ・エリヤ(標高約1890m)では年平均気温22 °Cと一年中常春のような気候である。気候の特色はモンスーンの影響が強いことで、年2回の季節風である南西モンスーンと北東モンスーンに伴い、季節に応じて降雨量が変化する。5月~9月にかけての南西モンスーンの時期はヤラ期 (yala) と呼ばれ、風が山岳地帯に遮られて島の南西部に多量の雨をもたらす。特に5~6月は大雨で、7~9月はやや減少する。ヤラ期には、北部から北東部は風下になり乾燥する。10月から12月は無風状態となって気団の影響で天候は不安定になり、全島で雨の多い日々が続く。11月~3月にかけての北東モンスーンの時期は、北東部を中心に1月までは雨が多い。この頃、南西部は1年で最も雨の少ない時期になる。3~4月は無風状態に入り、やや雨が増加する。

国土の全体は、年間降雨量75インチ(1875ミリ)を基準として、乾燥地帯 (dry zone) と湿潤地帯 (wet zone) に大別され、乾燥地帯は北部から中部にかけてで国土の7割を占める。南部の湿潤地帯には総人口の3~4割が居住し、人口密度も高い。湿潤地帯では2回の雨季を利用して二期作が可能であるのに対して、乾燥地帯は1年に1回の雨季であるマハ期を主体に農業が営まれる。北部では大規模な溜池灌漑が展開し、用水と排水を分離せずに、灌漑水の反復利用率を高めることを目標とした「貯水システム」が確立していた。アヌラーダプラポロンナルワを中心に展開した古代の王国の基盤には権力による水系の管理体制があり、王都は水系の結節点にあり、仏教を精神の支柱とし、寺院が水利施設を統御することで高度の安定を保ちえた。しかし、13世紀末以降、王国は北部を放棄して南部に王都を移す。その原因は、侵入者による灌漑設備の破壊、気候の変化、土壌の劣化、病虫害、マラリアの蔓延、過剰開発など様々の理由が挙げられている。

経済[編集]

色と面積で示したスリランカの輸出品目

IMFの統計によると、2013年GDPは659億ドルである。一人当たりのGDPは3,162ドルと世界平均のおよそ30%の水準に留まるが、隣国インドと比べるとおよそ2倍、南アジア全体でもモルディブについで第2位と、南アジアでは経済が発達している地域である。購買力平価ではそれぞれ1,360億ドル、6,530ドルとなる。同年のGDP成長率は7.3%と高い水準を記録している。[1]

高層ビルが並ぶWTC周辺(コロンボ

イギリス植民地時代の19世紀から20世紀にかけて、スリランカはシナモン天然ゴムといった作物のプランテーション経済下にあった。これらの作物は現在でも同国の主要な輸出品目として残っている[26]。同時代に行われた近代的な港湾開発により、スリランカは貿易の中継点として戦略的に重要な価値を持つことになった[27]1948年から1977年にかけては、政府により社会主義に強く影響された経済政策が採られた。植民地的なプランテーションの多くが解体され、産業の国有化福祉国家論に基づく政策が勧められた。1977年に資本主義の導入、経済の自由化がなされ、国営企業の民営化規制緩和、それに民間企業の育成が進められた[28]

茶や天然ゴム、コーヒー砂糖といった作物の生産・輸出はいまだこの国において重要なポジションを占めるが、産業化により食品加工や繊維産業、電気通信それに金融といった分野の重要性も増加している。スリランカの主な経済部門は観光産業、茶の栽培、繊維産業、それに稲作やその他農産業である。これらの部門に加えて、中東地域を中心とする海外への出稼ぎもこの国の経済に大きく寄与している[29]2010年の調査では、こうしたサービス部門がGDPの6割を占めており、鉱工業部門は28%、農業部門は12%であった[29]。また経済の85%を民間部門の活動が占めている[30]。隣国インドはスリランカの最大の貿易相手国である[31]。国内では地域によって経済格差があり、首都の位置する西部州がGDPの45.1%を生み出しており、南部州中部州といった他の州は10.7%と10%といった数値に留まっている[32]2009年に終結した内戦からの復興が進んでおり、終結の翌2010年には、戦場となった北部州で22.9%という高いGDP成長率が記録された[33]

一人当たりのGDPは2005年からの5年間で約2倍へと成長しており[34]、この期間に貧困率は15.2%から7.6%に、失業率は7.2%から4.9%に、コロンボ証券取引所英語版時価総額は4倍へと成長した[29]。90%の家庭が電化されており、人口の87.3%が安全な飲料水を利用可能で、39%には水道により水が供給されている[29]。格差も同様に縮小しており、2010年のジニ係数は0.36となっている[35]携帯電話の利用者数も2005年から2010年で550%もの急成長をみせている[29]。スリランカは南アジアで最初に3G、3.5G HSDPA、3.75G HSUPAそれに4G LTEによるモバイルブロードバンドが導入された国である[36]

世界経済フォーラムが発行する国際競争力レポート英語版2011年版では、スリランカ経済を労働力と天然資源に依存した段階 (factor-driven stage) から工業化が進展した段階 (efficiency-driven stage) への過渡期と分析しており、その国際競争力は調査対象の世界142か国中52位であると報告している[37]。また保健医療と初等教育の分野では45位、ビジネスの洗練性では32位、イノベーションでは42位そして市場効率性では41位との報告も行っている。ニューヨーク・タイムズは2010年、世界31か所の観光地の中でスリランカをその第1位に選出した[38]ダウ・ジョーンズは2010年、スリランカをエマージング・マーケット(新興国市場)へと分類し、同様にシティグループは2011年2月、成長が見込まれる3G国英語版へと分類した[39]。スリランカは人間開発指数 (HDI) においても他の南アジア諸国より良い数値を付けており、その指数は0.696である[40]

しかし、5年間の間に貧困率が半分に削減されたとはいえ、1日2ドル未満で暮らす広義の貧困層となると2011年時点でいまだ566万人が該当すると推定されており、これは国民のおよそ25%に相当する[41]。幼児の栄養失調はいまだ問題とされており、5歳以下の子供の29%が体重が不足しているとの報告がなされている[42]。また58%の幼児が6か月から11か月の間、38%の子供が12か月から23か月の間貧血に見舞われる。蚊が媒介するデング熱が現在でも主要な感染症として残りつつも[43]非感染性疾患英語版(NCD、生活習慣病)も体調不良や障害、早逝の85%を占めるほど拡大している[44]。スリランカの平均寿命は77.9才で、この数値は世界の平均より10%ほど高い[29]。しかし、乳児死亡率は1000人当たり8.5人、妊産婦死亡率は同0.39人であり、この統計はまだ開発途上国の数値である。

農業[編集]

水田稲作中心で、南部では天水農業、北部では溜池灌漑、ジャフナ半島では井戸水灌漑で栽培する。農耕の生産暦では南部では雨に合わせてヤラ期は4月に播種、7~9月に刈り取る。マハ期は8月~10月にかけて播種し、2~3月に刈り取る。植民地時代のプランテーションの影響が残り、低地の標高200メートル程度まではココナッツ、標高500メートルまではゴム、それ以上の標高ではの生産が盛んである。茶の生産量では世界第3位であり、セイロンティーと呼ばれ、名産品である。しかし、この茶栽培は、病気(コーヒーさび病英語版)によって壊滅的打撃を受けたコーヒー栽培の代替であったことはあまり知られていない。現在では、ごく少量ではあるがコーヒーの栽培が復活している。

交通[編集]

スリランカの鉄道
スリランカ航空 A340型機

スリランカの交通網は、主にスリランカ最大の都市コロンボを中心とした道路網により構成される。多くの道路は細く状態も悪いが、コロンボやその近郊の主要な道路は比較的良い状態に保たれている。2011年にはスリランカ初となる高速道路がコロンボと南部のゴールの間に開通しており、さらなる路線拡大が進められている。スリランカで最も一般的な公共交通機関は、こうした道路網を利用するバスである。公営・民営それぞれのバスが存在しており、都市と農村の両地域において運行されている。

鉄道[編集]

スリランカの鉄道網はイギリス植民地時代の遺産に大きく依存しており、今日では国内の物流に占める割合は限られている。スリランカにおいて鉄道はすべて政府により運行されている。鉄道の総延長は約1420kmで、道路網と同様にコロンボを起点とした鉄道網が整備されている[45]軌間にはインドと同じ1676 mmの広軌が用いられている。

航空[編集]

スリランカの空の玄関は、コロンボから北に約35 kmのカトゥナーヤカに位置するバンダラナイケ国際空港である。スリランカのナショナル・フラッグ・キャリアであるスリランカ航空が、同空港をハブ空港としたアジア路線とヨーロッパ路線を就航している。2013年には南部ハンバントタに第2国際空港となるマッタラ・ラジャパクサ国際空港が開港した。また2012年現在、コロンボ南部のラトゥマラナ空港も国際化が図られている。

国民[編集]

言語・宗教別の民族分布(1981年)
:シンハラ人仏教
:タミル人(ヒンドゥー教
:ムーア人イスラム教
:シンハラ人/タミル人(キリスト教

2012年現在、スリランカは世界で57番目に人口が多い国であり、その人口増加率は0.73%[46]出生率は1000人当たり17.6人で死亡率は同6.2人である[29]。国内では西海岸の人口密度が高く、特に首都周辺に人口が集中している。

民族構成[編集]

2012年の統計では、総人口約2027万人のうちシンハラ人は1,517万人 (74.9%)、タミル人は311万人 (15.4%)、ムーア人が187万人 (9.2%)、混血のバーガー人とユーラシアンが3万7千人、その他に含められる先住民ヴェッダ人などとなっている。タミル人の内部も、古代以来の移住で形成されたスリランカ・タミル(227万人)と、19世紀半ばにイギリスが南インドからプランテーション経営のために労働者として連れてこられたインド・タミル(84万人)に分かれる。ムーア人も9~10世紀頃に島に住み着いたアラブ系の人々を主体とするスリランカ・ムーアと、インドから移住してきたインド・ムーアに分かれる。統計上では、マレーシアから傭兵として連れてこられたマレー人(4万人)が計上されている。ヴェッダ人は統計上ではその他(2万2千人)に含められている[47]

言語[編集]

シンハラ語タミル語は国語にして公用語であり、連結語として英語も憲法上認められている。日常的にはほとんどの国民がそれぞれの民族語(シンハラ人はシンハラ語、タミル人はタミル語)を使っている。この他にバーガー人やユーラシアンと呼ばれる英語を母語にする人が国民の一割いる。彼らはコロンボに集住していて、スリランカ社会における指導的役割を担っている。バーガー人はポルトガル人やオランダ人の男性と現地女性との混血、ユーラシアンはイギリス人の男性と現地女性との混血である。ムーア人は主にタミル語を使用する。ヴェッダ人は独自の言語(ヴェッダ語英語版、ただしこのヴェッダ語ですらすでにシンハラ語基盤のクレオール言語である)を持っていたとされるが、シンハラ人との同化が進み、話者は現在、いるとしてもごく少数と見られる。

宗教[編集]

スリランカの宗教
宗教 パーセント
仏教
  
70.19%
ヒンドゥー教
  
12.61%
イスラム教
  
9.71%
キリスト教
  
7.45%
出典: 2011年人口・住宅センサス[48]

国民の7割を仏教が占める。2番目に多いのはヒンドゥー教だが、その他にイスラム教キリスト教も1割弱存在する。シンハラ人とタミル人の中にはキリスト教徒もいる。特にシンハラ人の漁民は、仏教の不殺生戒を守ることが出来ないので、キリスト教に帰依しているものが多い。ムーア人やマレー人はイスラム教である。バーガー人やユーラシアンはキリスト教徒である。独立後の民族紛争、1983年の大規模な民族対立以来、ヒンドゥー教徒のタミル人と仏教徒のシンハラ人の対立が深まっているとされるが、民族と宗教を結びつけて考える動きは近代になって生み出された言説である。

文化[編集]

ヒンドゥーのカヴァディ英語版祭(バブニヤ

スリランカには2500年の歴史に裏づけされた文化が存在する[49]。それは主に仏教ヒンドゥー教の影響を受けたものである[50]。しかし他にも、例えばイスラムの伝承ではエデンの園を追放されたアダムとイヴがこの島を訪れたとしている[51]。この島の主な文化としては、古都キャンディアヌラーダプラを中心とするシンハラ人の文化と、ジャフナを中心とするタミル人の文化、2つの伝統文化が根付いている。さらに現代では、イギリスの植民地文化にも大きな影響を受けている。また、スリランカには民主主義の伝統も宿っているとされる[51]

最初のタミル人の移住は紀元前3世紀頃だとみられている[50]。それ以後、シンハラ人とタミル人は共存を続けており、2つの民族集団は物理的にはその境界はほとんど曖昧になっている[52]。古代スリランカには優れた灌漑技術と建築技術が存在していたことが記録されている。豊かな伝統文化はこの国の長い平均余命と発達した医療、それに高い識字率に支えられている[51]

食文化と祭典[編集]

スリランカの代表料理ライス・アンド・カレー

スリランカの料理としては、ライス・アンド・カレー、ピットゥ英語版キリバットロティインディ・アーッパ、ワッタラッパン(マレーを起源とするココナッツミルク、ジャガリー、カシューナッツ、卵、それにシナモンやナツメグといったスパイスから作るプディング状のデザート)、コットゥ英語版、それにアーッパといったものが存在する[53]パラミツ(ジャックフルーツ)は時々ライス・アンド・カレーの代わりに食される。伝統的な食事では、プランテンバナナの葉に乗せて提供される。

スリランカ料理には、中東からの影響として伝統的なムーア人の料理が含まれている。またオランダとポルトガルの影響もあり、バーガー人の伝統的な料理としてランプレイス(米などをバナナの葉に包んで蒸し焼きにしたもの)、Breudher(オランダのクリスマスケーキ)、Bolo Fiado(ポルトガル風のケーキ)、Gum Billas(オランダ風のハチミツでコーティングしたお菓子)といった料理も食されている。

4月には仏教英語版ヒンドゥー教英語版でそれぞれ新年が祝われる[54]。7~8月には、古都キャンディエサラ・ペラヘラ祭というスリランカ仏教における象徴的なお祭りがあり、これはおおよそ1ヶ月間に亘って行われる[55]。祭りでは飾り付けられた象とともに、ファイアーダンス、ウィップダンス、キャンディアンダンスそれに様々な他の文化のダンスが繰り広げられる。その他、タミル人にはタイ・ポンガル英語版マハー・シヴァラトリー英語版が、イスラム教徒にはハッジラマダーンといった行事があり、毎年祭事が催される。

教育[編集]

スリランカの識字率は92.5%であり[29]、これは開発途上国としては極めて高い水準である[56]。青年の識字率では98%[57]、 コンピュータ識字率は35%[58]小学校(プライマリースクール)への進学率は99%である[59]。教育制度として、全国全ての子供に9年間の義務教育を適用している。無償教育英語版の制度が成立したのは1945年のことで[60]、これはC. W. W. Kannangara英語版とA.ラタナーヤカの活動によるものである[58][61]。スリランカは、世界でも数少ない初等教育から高等教育まで、全ての教育が無償な国の一つである[62]

Kannangaraは農村の子供たちに教育を施すために、Madhya Maha Vidyalaya英語版(セントラルスクール)の設立を主導した[58]1942年、特別教育委員会は国民のための効率的で質の高い教育システムを構築するため広範な改革を提案した。しかし、1980年代に入りこのシステムは中央政府が管理するものと州政府が管理するものの2つへと分割された。その結果、エリートの国立学校英語版は中央の教育省の管轄に置かれ、州の学校は州政府の管轄に置かれることとなった。2010年現在、スリランカにはおおよそ9,675の公立学校と、817の私立学校そして仏教学校(ピリウェナ英語版)が存在する[29]国立大学は全土に15校存在する[63]。しかしながら、教育システムは労働市場が必要とする人材とのミスマッチ、教育格差、中等教育から高等教育への進学が困難、といった問題を抱えている[64]。近年では、いくつかの私立校がこのギャップを埋めるための役割を果たしているが、高等教育におけるその割合はまだ僅か5.1%ほどである[65]

世界遺産[編集]

ルワンワリサーヤ仏塔(アヌラーダプラ

スリランカ国内には、ユネスコ世界遺産リストに登録された文化遺産が6件、自然遺産が2件ある。

文化遺産
聖地アヌラーダプラ(1982年)、古代都市ポロンナルワ(1982年)、古代都市シギリヤ(1982年)、聖地キャンディ(1988年)、ゴールの旧市街と要塞(1988年)、ダンブッラの黄金寺院(1991年)
自然遺産
シンハラジャ森林保護区(1988年)、スリランカの中央高地(2010年)

祝祭日[編集]

祝祭日
日付 日本語表記 英語表記
1月15日 タミル豊穣祭英語版 Tamil Thai Pongal Day
1月24日 預言者生誕祭 Milad-Un-Nabi (Holy Prophet's Birthday)
2月4日 独立記念日 National Day
3月10日 ヒンズー教神聖日 Mahasivarathri Day
3月29日 聖金曜日 Good Friday
4月13日・14日 シンハラ・タミル元日 Sinhala & Tamil New Year Day
5月1日 メーデー Mayday
5月満月とその翌日 ウェサック・ポヤ・デー(仏陀の生誕・成道・涅槃の日) Vesak Full Moon Poya Day
6月満月 ポソン・ポヤ・デー(仏教伝来の日) Poson Full Moon Poya Day
7月満月 エサラ・ポヤ・デー Esala Full Moon Poya Day
8月9日 ラマダーン Id-Ul-Fitr (Ramazan Festival Day)
10月16日 ハジ祭 Id-Ul-Alha (HadjiFestival Day)
11月2日 ディーパーワリ Deepavali Festival Day
12月25日 クリスマス Christmas Day

日付は2013年のもの[66][67]。宗教的な祝祭日は年によってずれるものが多い。上記以外でも毎月満月の日は仏教のポヤ・デーで寺院参詣(斎戒日)。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e World Economic Outlook Database, April 2014”. IMF (2014年4月). 2014年9月23日閲覧。
  2. ^ Census of Population and Housing 2011 Enumeration Stage February – March 2012 (PDF)”. Department of Census and Statistics – Sri Lanka. 2012年11月24日閲覧。
  3. ^ a b c 荒井悦代 (2009年8月). “現地リポート スリランカ—内戦終結”. アジ研ワールド・トレンド 2009年8月号 (No.167). ジェトロ. 2013年5月28日閲覧。
  4. ^ Sri Lanka declares fall of rebel east, Tigers defiant” (英語). ロイター (2007年7月11日). 2013年3月27日閲覧。
  5. ^ a b 村田真一 (2011年). “スリランカ武力紛争の軍事的解決がもたらしたもの-大統領への集権化と民族問題の政治的解決の停滞という逆説-”. 外務省調査月報 2011/No.3. 外務省. 2013年5月27日閲覧。
  6. ^ 崎重雅英 (2012年12月). “内戦終結後の小売市場”. ジェトロセンサー 2012年12月号. ジェトロ. 2013年5月27日閲覧。
  7. ^ 高成長続くスリランカ~投資主導型成長がベンガル湾全域に拡大へ~”. 日本総研 (2012年6月22日). 2013年5月27日閲覧。
  8. ^ 第3章 IV.スリランカ民主社会主義共和国における調査 (PDF)”. 第10回参議院政府開発援助 (ODA) 調査派遣報告書. 参議院 (2013年12月). 2014年2月14日閲覧。
  9. ^ 荒井悦代 (2012年3月). “スリランカの内戦をめぐる中国とインド”. ジェトロ. 2013年3月18日閲覧。
  10. ^ 日本国外務省 スリランカの情報
  11. ^ 荒井悦代 (2010年6月). “スリランカ—内戦終結から1年”. ジェトロ. 2013年5月27日閲覧。
  12. ^ スリランカ軍が前参謀長を逮捕、1月大統領選の野党統一候補”. ロイター (2010年2月9日). 2013年5月27日閲覧。
  13. ^ The Constitution of Sri Lanka – Eighth Schedule”. Priu.gov.lk. 2011年7月17日閲覧。
  14. ^ The Constitution of Sri Lanka – First Schedule”. Priu.gov.lk. 2011年7月17日閲覧。
  15. ^ a b Provincial Councils”. The Official Website of the Government of Sri Lanka (2010年9月3日). 2011年7月17日閲覧。
  16. ^ Lanka heads for collision course with India: Report”. Indian Express (2011年6月12日). 2011年8月26日閲覧。
  17. ^ Accepting reality and building trust”. Jehan Perera. peace-srilanka.org (2010年9月14日). 2011年8月26日閲覧。
  18. ^ North-East merger illegal:SC”. LankaNewspapers.com (2006年10月17日). 2009年8月22日閲覧。
  19. ^ North East De-merger-At What Cost? Update No.107”. Hariharan, R.. southasiaanalysis.org (2010年10月19日). 2011年8月26日閲覧。
  20. ^ District Secretariats Portal”. District an Divisional Secretariats. 2011年8月26日閲覧。
  21. ^ 評価調査結果要約表”. JICA. 2013年6月15日閲覧。
  22. ^ List of Codes for the Administrative Divisions of Sri Lanka 2001 (PDF)”. Department of Census and Statistics. p. 3. 2011年8月26日閲覧。
  23. ^ Commonwealth Secretariat英語版 (2004). Commonwealth Local Government Handbook. London. p. 146. ISBN 978-0-9542917-9-2. 
  24. ^ Dilesh Jayanntha (2006). Electoral Allegiance in Sri Lanka. London: ケンブリッジ大学出版局. pp. 82–85. ISBN 978-0-521-02975-9. 
  25. ^ World Gazetteer online”. World-gazetteer.com. 2011年9月21日閲覧。
  26. ^ Echoes of a Plantation Economy”. historyofceylontea.com. 2011年2月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年12月8日閲覧。
  27. ^ The Strategic Importance of Sri Lanka to Australia”. asiapacificdefencereporter.com. 2012年12月8日閲覧。
  28. ^ Sri Lanka – an Overview”. Fulbright commission. 2012年12月8日閲覧。
  29. ^ a b c d e f g h i Annual Report 2010”. Ministry of Finance – Sri Lanka (2011年). 2012年12月8日閲覧。
  30. ^ Country Partnership Strategy (PDF)”. アジア開発銀行. p. 1 (2008年10月). 2012年12月8日閲覧。
  31. ^ 65th Independence Day of India celebrates in Sri Lanka”. InfoLanaka (2011年8月). 2012年12月8日閲覧。
  32. ^ Western Province share of national GDP falling: CB”. Sunday Times (2011年7月17日). 2012年12月8日閲覧。
  33. ^ Sri Lanka's Northern province has recorded the highest GDP growth rate of 22.9 per cent last year”. Asian Tribune英語版 (2011年7月18日). 2012年12月8日閲覧。
  34. ^ Per capita income has doubled”. tops.lk (2011年5月). 2012年12月8日閲覧。
  35. ^ Inequality drops with poverty”. Department of Census and Statistics. p. 3. 2012年12月8日閲覧。
  36. ^ Saarc: Sri Lanka Takes a Lead”. voicendata.ciol.com (2011年8月31日). 2012年12月8日閲覧。
  37. ^ Schwab, Klaus (2011). The Global Competitiveness Report 2011–2012. World Economic Forum. pp. 326–327. http://www3.weforum.org/docs/WEF_GCR_Report_2011-12.pdf 2012年12月8日閲覧。. 
  38. ^ “The 31 Places to Go in 2010”. The New York Times. (2010年1月24日). http://www.nytimes.com/2010/01/10/travel/10places.html 
  39. ^ Joe Weisenthal (2011年2月22日). “3G Countries”. Businessinsider.com. 2012年12月8日閲覧。
  40. ^ Explaining HDI value and rank changes in Human Development Report 2010”. UNDP. p. 2. 2012年12月8日閲覧。
  41. ^ Poverty in Asia and the Pacific: An Update (PDF)”. アジア開発銀行 (2011年11月). 2012年12月8日閲覧。
  42. ^ Malnutrition: The situation”. UNICEF. 2012年12月8日閲覧。
  43. ^ “Sri Lanka dengue eradication push”. BBC. (2009年7月9日). http://news.bbc.co.uk/2/hi/south_asia/8138917.stm 
  44. ^ Tackling Non-Communicable Diseases in Sri Lanka”. 世界銀行. 2012年12月8日閲覧。
  45. ^ About us - Overview”. スリランカ鉄道局英語版 (2011年9月27日). 2012年12月7日閲覧。
  46. ^ Population growth (annual %)”. 世界銀行. 2006年8月12日閲覧。
  47. ^ A2 : Population by ethnic group according to districts, 2012” (英語,シンハラ語,タミル語). Census of Population and Housing 2011. スリランカ統計局. 2013年1月19日閲覧。
  48. ^ Sri Lanka Census of Population and Housing, 2011 - Population by Religion”. Department of Census and Statistics, Sri Lanka (2012年4月20日). 2012年11月3日閲覧。
  49. ^ Sri Lankan culture and history”. reddottours.com. 2012年11月22日閲覧。
  50. ^ a b Pre-Colonial Sri Lankan History”. panix.com. 2012年11月22日閲覧。
  51. ^ a b c Nubin 2002, p. 94
  52. ^ Nubin 2002, p. 97
  53. ^ Jayakody, Padmini. Simply Sri Lankan. オーストラリア: Lulu.com. p. 3. ISBN 978-1-4092-1942-2. 
  54. ^ Wickremeratne, Swarna (2006). Buddha in Sri Lanka: remembered yesterdays. Suny Press. p. 31. ISBN 978-0-7914-6881-4. 
  55. ^ Dassanayake, M. B. (1970). The Kandy Esala perahera: Asia's most spectacular pageant. コロンボ: Lake House Bookshop. p. 7. 
  56. ^ Gunawardena, Chandra (1997). “Problems of Illiteracy in a Literate Developing Society: Sri Lanka”. International Review of Education 43 (5/6): 595–609. doi:10.1023/A:1003010726149. JSTOR 3445068. 
  57. ^ Sri Lanka – literacy rate”. indexmundi.com. 2012年11月21日閲覧。
  58. ^ a b c Govt targets 75 % computer literacy rate by 2016”. The Daily News. 2012年11月21日閲覧。
  59. ^ Sri Lanka – Statistics”. UNICEF. 2012年11月21日閲覧。
  60. ^ De Silva, K.M. (1981). A Short History of Sri Lanka. Los Angeles: カリフォルニア大学出版英語版. p. 472. ISBN 0-520-04320-0. 
  61. ^ Who was "Father" of free education in Sri Lanka?: C.W.W. Kannangara or A. Ratnayake?”. Trans Currents. 2012年11月21日閲覧。
  62. ^ Education: Traditional and Colonial Systems”. Library of Congress Country Studies英語版. 2012年11月21日閲覧。
  63. ^ Sri Lanka University Statistics 2010”. University Grants Commission英語版. p. 3. 2012年11月21日閲覧。
  64. ^ Facing Global and Local Challenges: The New Dynamics for Higher Education – Sri Lanka Country Report”. UNESCO. pp. 3–4. 2012年11月21日閲覧。
  65. ^ Educational Indicators 1980–2009”. University Grants Commission英語版. 2011年7月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年11月22日閲覧。
  66. ^ 祝祭日 - スリランカ”. ジェトロ (2013年1月11日). 2013年2月4日閲覧。
  67. ^ Bank Holidays, Public Holidays & Full Moon Poya Days - 2013 (PDF)” (英語). スリランカ行政・総務省 (2013年). 2013年2月4日閲覧。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]