ラーヴァナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ラーヴァナ
プランバナン寺院で俳優の演じるラーヴァナ(インドネシア)

ラーヴァナ(रावण、Rāvana)は、インドにおける魔王の1人。叙事詩ラーマーヤナ』に登場するラークシャサ羅刹)の王で、ランカー島セイロン島)を本拠地としてラークシャサ族を治める。10の頭、20の腕と銅色の目、月のように輝く歯と山のような巨体を持つ。ヴィスヴェーシュヴァラとラークシャサ族のスマーリンの娘カイカシーとの息子。クンバカルナヴィビーシャナシュールパナカーと兄弟。アスラ神族の1つダーナヴァ族のマヤの娘マンドーダリーを妃とし、インドラジットメーガナーダ)をもうけた。また、富と財宝の神クベーラ神とは異母兄弟にあたる。

ラーヴァナはかつて傲慢さゆえにランカー島を追われたラークシャサ族の再興を期して、千年のあいだ苦行に励いだ。それは10ある頭を1つずつ切り落として火にくべるという荒行で、最後の1つを切ろうとしたとき、ブラフマー神に認められて絶大な特権を得た。またシヴァの住むカイラス山を揺らして罰せられたラーヴァナは、シヴァに許された際チャンドラハース(月の刃)という剣を貰う。そして、当時ランカーを治めていたクベーラ神と戦って、空を飛翔する戦車プシュパカ・ラタを奪取し、たがいの父であるヴィスヴェーシュヴァラの仲裁によって、クヴェーラ神はカイラス山に退き、ラーヴァナはランカーを得た。

その後ラーヴァナは征服戦争に乗り出す。アルジュナとの戦いでは大敗したが、キシュキンダーでは猿王ヴァーリンと同盟を結び、アヨーディヤーを荒廃させ、冥府に攻め入ってヤマ神の軍勢と戦う。また神々に対しても戦いを挑み、息子メーガナーダはインドラ神に勝利する。これらの戦いによってラーヴァナは、多くの王や聖仙、半神たちから人妻や娘を奪ってランカーに連れ去った。

こうした行為によって、神々はヴィシュヌ神に助けを仰ぎ、ヴィシュヌ神はアヨーディヤーの王子ラーマとして転生し、ラーヴァナを討つことを約束したという。後にラーマによって同族が殺されたことに怒り、ダンダカの森でラーマの妃シーターを奪うが、これをきっかけに猿軍を率いるラーマとのあいだに大戦争が勃発する。

脚注・出典[編集]

関連項目[編集]