ヒンドゥー暦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ヒンドゥー暦ヒンズー暦(慣用表記)はインド政府が各地の暦法を統一し、1957年に制定したインド公式の暦法インド国定暦。また、サカ紀元(サカ紀)を紀元とする紀年法のことも指す。

ただし、インドにはヒンドゥー教などで現在も使用される太陰太陽暦の暦が数多くあり、これらの暦のことを指してヒンドゥー暦(インド暦)と呼称する場合がある。これらの暦には地方によって呼び方や年数まで異なるものもある。ヒンドゥー暦といった場合、ここでいう国定暦のことを指しているのかそのほかの暦のことを指しているのか判断を要する。

インド国定暦[編集]

詳細は「インド国定暦」を参照。

太陽暦の一種であり、1年の周期や閏年の計算はグレゴリオ暦と同一であるが、月の置き方が黄道十二宮に基づいている点が相違点である。1年を2ヶ月ずつの6季節に分けている。年始はグレゴリオ暦の3月22日であり、閏年の場合は3月21日に始まる。

この暦ではサカ紀元の紀元を「0年」としてで数えるのが一般的である。これが西暦78年に当たるため、グレゴリオ暦で平年の場合、3月22日以降は西暦から78年を引き、3月21日以前では79年を引くとヒンドゥー暦に換算できる(閏年の場合は共に1日前にずらして考える)。例えば西暦2000年3月21日はヒンドゥー暦1922年に当たる。閏年を調べるには、ヒンドゥー暦に78年を足しその合計数が西暦で閏年か確認する。ただし、インドにおいても紀元を「1年」として数え序数)で数える場合もあるので、暦の計算をするときなどは注意が必要である。

月名称[編集]

名称 季節 グレゴリオ暦月 十二宮
1月 Maysha Vasant 4-5月 おひつじ座
2月 Vrushabha Vasant 5-6月 おうし座
3月 Mithuna Grishma 6-7月 ふたご座
4月 Karka Grishma 7-8月 かに座
5月 Simha Varsha 8-9月 しし座
6月 Kanya Varsha 9-10月 おとめ座
7月 Tula Sharad 10-11月 てんびん座
8月 Vrushchika Sharad 11-12月 さそり座
9月 Dhanu Hemant 12-1月 いて座
10月 Makar Hemant 1-2月 やぎ座
11月 Kumbha Shishir 2-3月 みずがめ座
12月 Meena Shishir 3-4月 うお座

関連項目[編集]