朔望月

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
朔望周期。新月(朔)から満月(望)を経て次の新月(朔)まで

朔望月(さくぼうげつ、英語:synodic month)は、満ち欠けの1周期である。特に、(新月)から次の朔、あるいは望(満月)から次の望までの期間を呼ぶ。朔とは太陽と月の黄経差が0°)、望は太陽と月の(黄経差が180°)のときである。

平均朔望月[編集]

月の複雑な軌道のため、周期にはおよそ29.27日から29.83日の幅がある。この平均平均朔望月と呼び、地球と月の公転周期から求めることができ、約29.530 589日であるが、次に示すように、少しずつ長くなっている。

  • 2000年(元期J2000.0) 29.530 588 853日 = 29日12時間44分02.8769秒 = 2 551 442.8769秒
  • 2013年央         29.530 588 882日 = 29日12時間44分02.879 秒[1] = 2 551 442.879 秒  

平均朔望月の計算式は次の通りである[2]

 平均朔望月(日) = 29.530 588 853(日) + 0.000 000 002 162 × Y

ここで、Y は、J2000.0(2000年1月1日12時(地球時TT))からのユリウス年数である。 したがって、1ユリウス世紀につき、0.000 000 2162日、すなわち 約0.018 68秒ずつ長くなることになる。

月の大小[編集]

太陰暦太陰太陽暦では、の日をの第1日目に合わせることにしているので、朔望月の計算をもとに1日(ついたち)を決め、大の月(1ヶ月30日の月)、小の月(1か月29日の月)を配当していくようにしている。もちろん平均すれば、平均朔望月にはぼ等しくなる。

脚注[編集]

  1. ^ 天文年鑑編集委員会 『天文年鑑』2013年版、誠文堂新光社、2012年11月、p.190(このページの執筆者:井上圭典)。ISBN 9784416212851
  2. ^ Month lengths 原典はMichelle Chapront-Touzé (1991). Lunar tables and programs from 4000 B.C. to A.D. 8000. Richmond, Va.: Willmann-Bell. ISBN 9780943396330.