0年

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

0年(ゼロねん、れいねん)とは、ある時間枠の中で基点となる、またはその前年を「0」で表した年数である。紀元元号双方において、ほとんどの紀年法には、0年は存在しない。しかし、天文学では、0年を設定する(後述)。

紀年法とは言えないが、今後の新しい時代の始まりとなりうる象徴的な出来事が起こった年を指す語として使用されることがある。

西暦[編集]

西暦(キリスト紀元)には、通常は、グレゴリオ暦においてもユリウス暦においても、0年を設けない。

しかし、ISO 8601:2004天文学における暦(en:Astronomical year numbering)では西暦0年を設定している。具体的には西暦1年元年)の前年である紀元前1年を「西暦0年」とし、紀元前2年負数で「西暦-1年」、紀元前3年負数で「西暦-2年」、…と紀元前の年を1年ずつずらして用いる(紀元前100年は「-99年」となる)。これは、「1」の前が「-1」となる紀元前西暦をそのまま適用しようとすると整数算法に反してしまい、算術計算を用いて天文学的事象の演算をする際に不具合が生じるためである[1]。「紀元前1年」、「1月0日」も参照のこと。

  • 通常の紀年法:紀元前3年 →紀元前2年 →紀元前1年 →紀元1年 →紀元2年 →紀元3年
  • 天文学での紀年法:西暦 -2年 →西暦 -1年 →西暦0年 →西暦1年 →西暦2年 →西暦3年

例:紀元2年から紀元前3年までの年数の算出法

  • 通常の紀年法:2-(-3)-1 = 4年(紀元1年を跨ぐ場合には、1年を減じなければならない)
  • 天文学での紀年法:2-(-2) = 4年(紀元1年を跨がない場合の年数の算出方法と同じである)

その他の紀年法など[編集]

インドで公式に使用されているインド国定暦ヒンドゥー暦)は、基点となる年を「0年」として、基点となる年からの間隔を「N年」「紀元前N年」と表現する。この方法では、基点となる年からN年後が「紀元N年」、基点となる年からN年前が「紀元前N年」となる。一方で、基点となる紀元元年を1年とする(序数年として数える)西暦などでは、基点となる年からN年後が「紀元N+1年」、基点となる年からN年前が「紀元前N年」となり、紀元後の計算において経過した年数との間で1年のずれが生じる。これは、日本皇紀や、台湾の民国紀元、東アジアにおける元号などでも同様である。

また、タイカンボジアラオスでは、釈迦が入滅した翌年の西暦紀元前543年仏滅紀元元年(=1年)としているため、釈迦が入滅したその年の紀元前544年を仏滅紀元元年とするミャンマースリランカの紀元と1年の違いが生じる。この前者の紀元では紀元前544年を「仏滅紀元0年」と表現する場合もある。

一般的な紀年法以外でも、大きな時間の流れの中で基点となる出来事、あるいは新しい時代の始まりとなりうる象徴的な出来事が起こった年を、「(紀元)0年」「零年」「ゼロ年」と呼ぶことがある(「0時」も同様)。例えば、現代の日本で私年号としても用いられている「戦後」は、第二次世界大戦が終わった西暦1945年を「戦後0年」(時代の基点)として、その後の経過年数を表す場合にも計算されている(西暦2013年は「戦後68年」となる)。

また、ある決まった年ではなく、まだ何もない(の)状態やそこからの始まりを予感させること、黎明期を表す抽象的な概念として、例えば映画のタイトルになった「北の零年」「ドイツ零年」「アフガン零年」などがある。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ 佐藤正幸 『世界史における時間』 山川出版社2009年、1版1冊、71頁。ISBN 978-4-634-34966-7

関連項目[編集]