ソティス周期

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ソティス周期(ソティスしゅうき)は、1を365(1暦年)とする民衆(シビル暦)と、1年を約365.25日(1シリウス年)とする、シリウスに基づいたソティス暦(太陽暦)との間で発生する季節のずれが、元に戻る(同期する)期間の長さである。

民衆暦(シビル暦)では、1年間に約0.25日ずつ季節が遅れるため、4年で1日のずれが生じる。しかし民衆暦(シビル暦)には宗教上の理由により閏年・閏月・閏日が存在しないため、このずれは放置され、年々、暦の月日と実際の季節とがずれていく。

ソティス周期とは、民衆暦(シビル暦)におけるこのずれが1年分(365.25日分)に達するのにかかる、365.25/0.25あるいは365.25×4=「1461暦年」=「1460シリウス年」のことを差すのが一般的である。

民衆暦(シビル暦)における「1461暦年」(365×1461)は、ソティス暦(太陽暦)における「1460シリウス年」(365.25×1460)に一致する。

紀元139年にこの一致をみたので、逆算すると、紀元前4241年、または、紀元前2781年にソティス暦(太陽暦)は始まったと考えられている。

ソティス(Sothis)とは古ラテン語シリウスのことであり、古代エジプトでは、ナイル川の氾濫の予測と農業のために用いられた。