太陽暦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

太陽暦(たいようれき、英語:solar calendar)とは、地球太陽の周りを回る周期(太陽年)を基にして作られた暦法)である。1年の日数を1太陽年に近似させている。世界で多くの地域で使用されているグレゴリオ暦は、太陽暦の1つである。

概要[編集]

太陽暦は、地球が太陽の周りを回る周期(太陽年)を基にしている。その周期は、365.24219日[1]であり、1年を365日とすると4年で1日以上のずれが生じる。そのずれを補正するため閏日を設けられている。
エジプトでは、太陽暦は歴史が始まってから使われてきた[2]。ローマ共和国(ローマ帝国の前身)では、紀元前46年に、従来の太陽太陰暦のローマ暦に代えて導入された[2]。そのとき導入したカエサルの名をとってユリウス暦と呼ばれる。その後、1582年に、ユリウス暦の補正の仕方(置閏法)を改良したグレゴリオ暦ローマ教皇グレゴリウス13世により制定され、世界中に普及した。

日本と太陽暦[編集]

日本では、明治5年12月2日(1872年12月31日)まで太陽太陰暦天保暦)が使用されていたが、1873年に太陽暦であるグレゴリオ暦を導入し、導入日を明治6年1月1日とした。 しかし、それ以前にも、古くは戦国時代の末頃よりキリシタンの人々に使われてきた[2][3]江戸時代本多利明は太陽暦の便利さを説いている。中井履軒山片蟠桃は、太陽暦の見本を作った[4]。蘭学医の大槻玄沢は、寛政6年閏11月11日(1795年1月1日)にオランダ正月を開催した。安政元年(1854)以降、天文方の渋川景祐によって日本最初の本格的な太陽暦「万国普通暦」が刊行された[2][5]

太陽暦に基づく暦法[編集]

主に西洋の大部分で使用実績がある暦法[編集]

それ以外で使用実績がある暦法[編集]

使用実績がほとんどない暦法[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 平成27年 理科年表
  2. ^ a b c d 内田正男.
  3. ^ 堂崎天主堂キリシタン資料館
  4. ^ 華胥国新暦 中井履軒
  5. ^ 万国普通暦 国立公文書館

参照文献[編集]

  • 内田正男 「太陰暦」『世界大百科事典』 平凡社、東京都、平凡社。