北の零年

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
北の零年
監督 行定勲
脚本 那須真知子
製作 「北の零年」製作委員会
製作総指揮 岡田裕介、坂本眞一
出演者 吉永小百合
渡辺謙
豊川悦司
柳葉敏郎
石原さとみ
吹越満
寺島進
平田満
鶴田真由
石橋蓮司
石田ゆり子
香川照之
音楽 大島ミチル
撮影 北信康
編集 今井剛
製作会社 東映東京撮影所
配給 東映
公開 2005年1月15日
上映時間 168分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

北の零年』(きたのぜろねん)は、2004年製作、2005年公開の日本映画

明治初期に起こった庚午事変に絡む処分により、明治政府により徳島藩淡路島から北海道静内へ移住を命じられた稲田家の人々の物語である。

あらすじ[編集]

明治4年(1871年)、小松原志乃は稲田家の家臣一同とともに、先遣隊として静内にいる夫・英明のもとへと向かった。静内の地を開墾すれば稲田家の領地となるという政府の言葉を信じ、一同はみな希望に満ちていた。厳しい冬に苦しむ一同に救いの手をさしのべたのは、アイヌのモノクテとアシリカだった。

最初の冬を越え、ようやく稲田家当主(殿)が到着するが、廃藩置県によって移住命令が反故になったことだけを告げ、そのまま帰国してしまう。置き去りにされた一同は、それでも英明の檄のもと開拓に夢を託すが、作物はなかなか根付かない。状況を打開するため札幌へと向かった英明は消息を絶ってしまい、残された一同にも過酷な運命が待ち受けていた。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

受賞歴[編集]

  • 第29回日本アカデミー賞
    • 優秀作品賞
    • 優秀監督賞
    • 優秀脚本賞
    • 最優秀主演女優賞
    • 優秀助演男優賞
    • 優秀助演女優賞
    • 優秀音楽賞
    • 優秀撮影賞
    • 優秀照明賞
    • 優秀美術賞
    • 優秀録音賞
    • 優秀編集賞
  • 第23回ゴールデングロス賞 日本映画部門 優秀銀賞

関連項目[編集]

外部リンク[編集]