閏月

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

閏月(うるうづき/じゅんげつ)とは、旧暦すなわち太陰太陽暦において加えられる「」のこと。これによって一年が13ヶ月となる。

解説[編集]

太陰暦は、空のが欠けて満ちそして再び欠けるまでを「一ヶ月」とし、それを12回繰り返すことで12ヶ月すなわち「一」としている。しかしこの月の満ち欠け(平均朔望月 = 約29.530 589日)による12ヶ月は約354.3671日であり、太陽暦の一年(約365.2422日)とくらべて約11日ほど短いので、この太陰暦をこのまま使い続けるとと実際の季節が大幅にずれてしまう。このずれは11×3=33日つまり3年間で1ヶ月分ほどになる。

そこで太陰太陽暦ではこの太陰暦の12ヶ月に、約3年に1度、1ヶ月を加え13ヶ月とし、季節とのずれをなるべく少なくする調整をする。この挿入された月を閏月という。これは二十四節気節気中気を、一年12ヶ月それぞれの月に割り当てるが(立春一月の節気、雨水を一月の中気とするなど)、暦をそのまま使い続けると二十四節気とは次第にずれが重なってくる。そのずれで中気が本来割り当てられた月のうちに含まれなくなったとき、その月を閏月としたものである。ただし同じ二十四節気を用いた太陰太陽暦でも、暦法によっては閏月を置く方法はこれとは異なる場合がある。閏月の挿入の有無が太陰太陽暦と太陰暦との違いである。閏月の月名は、その前月の月名の前に「閏」を置いて呼称する。例えば「四月」の次に挿入される閏月は「閏四月」となる。また閏月が加わることにより、年末に立春を迎えることがある(年内立春)。太陰太陽暦では閏月を挿入した年のことを閏年という。時折「13月」という月が存在するものと考えられていることがあるが、それは誤解である。

閏月を19年のあいだに7回加えると、ほぼ誤差なく暦を運用できることは古代から知られていた。これは或る月日の月相(月の欠け方)が同じとなる周期が19年であることによるもので、この周期をメトン周期(中国では「章」)という。中国ではの時代から暦に閏月を入れることが行われていたが、春秋時代のころにはこのメトン周期の原理が知られており、さらに太初暦以来、二十四節気を暦法に用いた置閏法によって閏月が暦に入れられている。日本で最初に使われた太陰太陽暦は中国で元嘉10年(442年)から行われた元嘉暦であったとされており、その後幾度か改暦が行われたが、閏月の入る太陰太陽暦は明治時代の政府による改暦まで使い続けられた。

しかしながら19年のあいだの7回をどこに入れるかには、ルールが確立しておらず、暦作成者の判断による。例えば日本では古来より西日本では伊勢暦、東日本では三島暦が主に用いられたが、時として閏月を挿入する時期が異なっていたため、日本国内で日付の異なる暦を使っていた事もあった。

参考文献[編集]

  • 広瀬秀雄 『暦』〈『日本史小百科』〉 東京堂出版、1978年

関連項目[編集]