立秋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
二十四節気

立秋(りっしゅう)は、二十四節気の第13。七月節(旧暦6月後半から7月前半)。

現在広まっている定気法では太陽黄経が135のときで8月7日ごろ。ではそれが起こるだが、天文学ではその瞬間とする。恒気法では冬至から5/8年(約228.28日)後で8月7日ごろ。

期間としての意味もあり、そのように用いる場合は、この日から、次の節気の処暑前日までの期間を指す。

季節[編集]

初めての気配が現れてくる頃とされる。七月節(旧暦7月)。『暦便覧』では「初めて秋の気立つがゆゑなれば也」と説明している。

夏至秋分の中間で、昼夜の長短を基準に季節を区分する場合、この日から立冬の前日までがとなる。暦の上ではこの日が暑さの頂点となる[1]。翌日からの暑さを「残暑」といい、手紙や文書等の時候の挨拶などで用いられる。また、翌日から暑中見舞いではなく残暑見舞いを出すことになる。

藤原敏行は「秋来ぬと目にはさやかに見えねども 風の音にぞおどろかれぬる」(古今和歌集)と詠んだ。

この日に至っても梅雨が明けない場合は「梅雨明け」の発表はされなくなる。それゆえに、東北地方などでは「梅雨明けなし」となることがある。

全国高等学校野球選手権大会も立秋頃にで開幕を迎える。

日付[編集]

日時 (UT) 日本 中国
2001年 8月7日10:52 8月7日 8月7日
2002年 8月7日16:39 8月8日 8月8日
2003年 8月7日22:24 8月8日 8月8日
2004年 8月7日04:19 8月7日 8月7日
2005年 8月7日10:03 8月7日 8月7日
2006年 8月7日15:40 8月8日 8月7日
2007年 8月7日21:31 8月8日 8月8日
2008年 8月7日03:16 8月7日 8月7日
2009年 8月7日09:01 8月7日 8月7日
2010年 8月7日14:49 8月7日 8月7日
2011年 8月7日20:33 8月8日 8月8日
2012年 8月7日02:30 8月7日 8月7日
2013年 8月7日08:20 8月7日 8月7日
2014年 8月7日14:02 8月7日 8月7日

定気法での立秋の瞬間の日時 (UT) と、日本中国での日付は表のとおり。

年を4で割った余り
0 1 2 3
1800年 - 1831年 8日 8日 8日 8日
1832年 - 1859年 7日 8日 8日 8日
1860年 - 1891年 7日 7日 8日 8日
1892年 - 1899年 7日 7日 7日 8日
1900年 - 1915年 8日 8日 8日 9日
1916年 - 1951年 8日 8日 8日 8日
1952年 - 1979年 7日 8日 8日 8日
1980年 - 2007年 7日 7日 8日 8日
2008年 - 2039年 7日 7日 7日 8日
2040年 - 2071年 7日 7日 7日 7日
2072年 - 2099年 6日 7日 7日 7日
2100年 - 2127年 7日 7日 8日 8日
2128年 - 2159年 7日 7日 7日 8日
2160年 - 2191年 7日 7日 7日 7日
2192年 - 2199年 6日 7日 7日 7日

グレゴリオ暦による19世紀から22世紀までの日本の立秋は表のとおり [2] [3] [4]。 今年2014年の立秋は8月7日

365日からの超過分が毎年蓄積し、 4年に一度閏年でリセットされる様子が分かる(立秋は閏日の挿入される2月末日より後のため、 4で割り切れる年が先頭)。

1916年 - 2071年には8月7日8月8日だが、1915年までは8月9日もあり、2072年からは8月6日もある。

七十二候[編集]

立秋の期間の七十二候は以下の通り。

初候
涼風至(りょうふう いたる) : 涼しいが立ち始める(日本・中国)
次候
寒蝉鳴(かんせん なく) : が鳴き始める(日本)
白露降(はくろ くだる) : 朝が降り始める(中国)
末候
蒙霧升降(もうむ しょうごう) : 深いが立ち込める(日本)
寒蝉鳴(かんせん なく) : 蜩が鳴き始める(中国)

前後の節気[編集]

大暑立秋処暑

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 天気予報などでアナウンサーが「今日は立秋、暦の上では秋に入りましたが、相変わらず暑いですね」など語ることがあるが、暦の上では立秋こそ暑さの頂点であり、徐々に暑さが緩むのはその翌日からなので、立秋をそのように捉えることは誤りである。立春に関しても同じような誤りがある。
    一方、手紙等の時候の挨拶などで用いる「立秋とは名ばかりのこの暑さ」の場合は、立秋翌日から処暑までを意味しているのでおかしくはない。
    同様の誤解は立春についてもみられる。
  2. ^ 現代の天体力学による位置推算のため、過去の暦の記述とは必ずしも一致しない。また将来の見積もりも(主に閏秒の不確かさから)日付が前後する恐れがある。
  3. ^ JPL HORIZONS Web-Interface
  4. ^ NASA による ΔT の解説計算式

関連項目[編集]