大暑

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
二十四節気

大暑(たいしょ)は、二十四節気の第12。六月中(通常旧暦6月内)。

現在広まっている定気法では太陽黄経が120のときで7月23日ごろ。ではそれが起こるだが、天文学ではその瞬間とする。恒気法では冬至から7/12(約213.06日)後で7月23日ごろ。

期間としての意味もあり、この日から、次の節気の立秋前日までである。

西洋占星術では、大暑を獅子宮しし座)の始まりとする。

季節[編集]

快晴が続き、気温が上がり続けるころ。『暦便覧』には「暑気いたりつまりたるゆえんなればなり」と記されている。

夏の土用が大暑の数日前から始まり、大暑の間じゅう続く。小暑と大暑の一か月間が暑中で、暑中見舞いはこの期間内に送る。

大寒と互いに半年後・半年前である。小寒小暑も同じ関係である。

日付[編集]

日時 (UT) 日本 中国
2001年 7月22日18:26 7月23日 7月23日
2002年 7月23日00:14 7月23日 7月23日
2003年 7月23日06:04 7月23日 7月23日
2004年 7月22日11:50 7月22日 7月22日
2005年 7月22日17:40 7月23日 7月23日
2006年 7月22日23:17 7月23日 7月23日
2007年 7月23日05:00 7月23日 7月23日
2008年 7月22日10:54 7月22日 7月22日
2009年 7月22日16:35 7月23日 7月23日
2010年 7月22日22:21 7月23日 7月23日
2011年 7月23日04:12 7月23日 7月23日
2012年 7月22日10:00 7月22日 7月22日
2013年 7月22日15:56 7月23日 7月22日
2014年 7月22日21:41 7月23日 7月23日

大暑の瞬間の日時 (UT) と、日本中国での日付は表のとおり。

年を4で割った余り
0 1 2 3
1800年 - 1807年 23日 23日 24日 24日
1808年 - 1835年 23日 23日 23日 24日
1836年 - 1871年 23日 23日 23日 23日
1872年 - 1899年 22日 23日 23日 23日
1900年 - 1927年 23日 23日 24日 24日
1928年 - 1955年 23日 23日 23日 24日
1956年 - 1987年 23日 23日 23日 23日
1988年 - 2019年 22日 23日 23日 23日
2020年 - 2047年 22日 22日 23日 23日
2048年 - 2075年 22日 22日 22日 23日
2076年 - 2099年 22日 22日 22日 22日
2100年 - 2107年 23日 23日 23日 23日
2108年 - 2135年 22日 23日 23日 23日
2136年 - 2163年 22日 22日 23日 23日
2164年 - 2195年 22日 22日 22日 23日
2196年 - 2199年 22日 22日 22日 22日

グレゴリオ暦による19世紀から22世紀までの日本の大暑は表のとおり [1] [2] [3]。 今年2014年の大暑は7月23日

365日からの超過分が毎年蓄積し、 4年に一度閏年でリセットされる様子が分かる(大暑は閏日の挿入される2月末日より後のため、 4で割り切れる年が先頭)。

1955年までは7月23日7月24日のいずれか(稀に7月22日)。 1956年から1987年までは7月23日が続いた。 1988年以降は7月22日7月23日のいずれかとなる。

七十二候[編集]

大暑の期間の七十二候は以下の通り。

初候
桐始結花(きり はじめて はなをむすぶ) : の実が生り始める(日本)
腐草為蛍(ふそう ほたると なる) : 腐った草が蒸れとなる(中国)
次候
土潤溽暑(つち うるおいて あつし(じょくしょす)) : 土が湿って蒸暑くなる(日本・中国)
末候
大雨時行(たいう ときに ゆく(ときどき おこなう)) : 時として大雨が降る(日本・中国)

前後の節気[編集]

小暑大暑立秋

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 現代の天体力学による位置推算のため、過去の暦の記述とは必ずしも一致しない。また将来の見積もりも(主に閏秒の不確かさから)日付が前後する恐れがある。
  2. ^ JPL HORIZONS Web-Interface
  3. ^ NASA による ΔT の解説計算式