小満

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
二十四節気

小満(しょうまん)は、二十四節気の第8。四月中(通常旧暦4月内)。

現在広まっている定気法では太陽黄経が60のときで5月21日ごろ。ではそれが起こるだが、天文学ではその瞬間とする。恒気法では冬至から5/12(約152.18日)後で5月23日ごろ。

期間としての意味もあり、この日から、次の節気の芒種前日までである。

西洋占星術では、小満を双児宮ふたご座)の始まりとする。

季節の特徴[編集]

万物が次第に成長して、一定の大きさに達して来るころ。『暦便覧』には「万物盈満(えいまん)すれば草木枝葉繁る」と記されている。

畑が緑黄色に色付き始める。

沖縄では、次の節気と合わせた小満芒種(すーまんぼーすー)という語が梅雨の意味で使われる。

日付[編集]

日時 (UT) 日本 中国
2001年 5月20日23:44 5月21日 5月21日
2002年 5月21日05:29 5月21日 5月21日
2003年 5月21日11:12 5月21日 5月21日
2004年 5月20日16:59 5月21日 5月21日
2005年 5月20日22:47 5月21日 5月21日
2006年 5月21日04:31 5月21日 5月21日
2007年 5月21日10:11 5月21日 5月21日
2008年 5月20日16:00 5月21日 5月21日
2009年 5月20日21:51 5月21日 5月21日
2010年 5月21日03:33 5月21日 5月21日
2011年 5月21日09:22 5月21日 5月21日
2012年 5月20日15:16 5月21日 5月20日
2013年 5月20日21:09 5月21日 5月21日
2014年 5月21日02:59 5月21日 5月21日

小満の瞬間の日時 (UT) と、日本・中国での日付は表のとおり。

年を4で割った余り
0 1 2 3
1800年 - 1831年 21日 21日 22日 22日
1832年 - 1859年 21日 21日 21日 22日
1860年 - 1891年 21日 21日 21日 21日
1892年 - 1899年 20日 21日 21日 21日
1900年 - 1923年 21日 22日 22日 22日
1924年 - 1951年 21日 21日 22日 22日
1952年 - 1983年 21日 21日 21日 22日
1984年 - 2015年 21日 21日 21日 21日
2016年 - 2043年 20日 21日 21日 21日
2044年 - 2075年 20日 20日 21日 21日
2076年 - 2099年 20日 20日 20日 21日
2100年 - 2103年 21日 21日 21日 22日
2104年 - 2135年 21日 21日 21日 21日
2136年 - 2167年 20日 21日 21日 21日
2168年 - 2195年 20日 20日 21日 21日
2196年 - 2199年 20日 20日 20日 21日

グレゴリオ暦による19世紀から22世紀までの日本の小満は表のとおり [1] [2] [3]。 今年2014年の小満は5月21日

365日からの超過分が毎年蓄積し、 4年に一度閏年でリセットされる様子が分かる(小満は閏日の挿入される2月末日より後のため、 4で割り切れる年が先頭)。

1983年までは5月21日5月22日のいずれか(稀に5月20日)。 1984年からしばらく5月21日が続き、2016年からは5月20日5月21日のいずれか(稀に5月22日)になる。

七十二候[編集]

小満の期間の七十二候は以下の通り。

初候
蚕起食桑(かいこ おこって くわを くらう) : を盛んに食べ始める(日本)
苦菜秀(くさい ひいず) : 苦菜がよく茂る(中国)
次候
紅花栄(こうか さかう) : 紅花が盛んに咲く(日本)
靡草死(びそう かる) : など田に生える草が枯れる(中国)
末候
麦秋至(ばくしゅう いたる) : が熟し麦秋となる(日本)
小暑至(しょうしょ いたる) : ようやく暑さが加わり始める(中国)

前後の節気[編集]

立夏小満芒種

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 現代の天体力学による位置推算のため、過去の暦の記述とは必ずしも一致しない。また将来の見積もりも(主に閏秒の不確かさから)日付が前後する恐れがある。
  2. ^ JPL HORIZONS Web-Interface
  3. ^ NASA による ΔT の解説計算式