雨水

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
二十四節気

雨水(うすい)は、二十四節気の第2。正月中(通常旧暦1月内)。

現在広まっている定気法では太陽黄経が330のときで2月19日ごろ[1]ではそれが起こるだが、天文学ではその瞬間とする。恒気法では冬至から1/6年(約60.87日)後で2月20日ごろ。

期間としての意味もあり、この日から、次の節気の啓蟄前日までである。

西洋占星術では雨水を双魚宮うお座)の始まりとする。

季節[編集]

空から降るものがからに変わり、雪が溶け始めるころ。『暦便覧』には「陽気地上に発し、雪氷とけて雨水となればなり」と記されている。実際は積雪のピークであり、それゆえ、この時節から寒さも峠を越え、衰退し始めると見ることもできる。

春一番が吹き、の鳴き声が聞こえ始める地域もある。

昔から農耕の準備を始める目安とされてきた。

日付[編集]

日時 (UT) 日本 中国
2001年 2月18日14:27 2月18日 2月18日
2002年 2月18日20:13 2月19日 2月19日
2003年 2月19日02:00 2月19日 2月19日
2004年 2月19日07:50 2月19日 2月19日
2005年 2月18日13:31 2月18日 2月18日
2006年 2月18日19:25 2月19日 2月19日
2007年 2月19日01:08 2月19日 2月19日
2008年 2月19日06:49 2月19日 2月19日
2009年 2月18日12:46 2月18日 2月18日
2010年 2月18日18:35 2月19日 2月19日
2011年 2月19日00:25 2月19日 2月19日
2012年 2月19日06:18 2月19日 2月19日
2013年 2月18日12:01 2月18日 2月18日
2014年 2月18日17:59 2月19日 2月19日

雨水の瞬間の日時 (UT) と、日本・中国での日付は表のとおり。

年を4で割った余り
1 2 3 0
1801年 - 1824年 19日 19日 19日 20日
1825年 - 1860年 19日 19日 19日 19日
1861年 - 1896年 18日 19日 19日 19日
1897年 - 1900年 18日 18日 19日 19日
1901年 - 1928年 19日 19日 20日 20日
1929年 - 1960年 19日 19日 19日 20日
1961年 - 1996年 19日 19日 19日 19日
1997年 - 2028年 18日 19日 19日 19日
2029年 - 2064年 18日 18日 19日 19日
2065年 - 2096年 18日 18日 18日 19日
2097年 - 2100年 18日 18日 18日 18日
2101年 - 2132年 19日 19日 19日 19日
2133年 - 2168年 18日 19日 19日 19日
2169年 - 2200年 18日 18日 19日 19日

グレゴリオ暦による19世紀から22世紀までの日本の雨水は表のとおり [2] [3] [4]。 今年2014年の雨水は2月19日

365日からの超過分が毎年蓄積し、 4年に一度閏年でリセットされる様子が分かる(雨水は閏日の挿入される2月末日より前のため、 4で割って1余る年が先頭)。

1961年から2200年までは2月18日2月19日のいずれか。1960年までは2月20日のときもあった。

七十二候[編集]

雨水の期間の七十二候は以下の通り。

初候
土脉潤起(つちのしょう うるおい おこる):雨が降って土が湿り気を含む(日本)
獺祭魚(たつ うおを まつる):が捕らえた魚を並べて食べる(中国)
次候
霞始靆(かすみ はじめて たなびく):がたなびき始める(日本)
鴻雁来(こうがん きたる):が北へ渡って行く(中国)
末候
草木萠動(そうもく めばえ いずる):草木が芽吹き始める(日本)
草木萠動(そうもく きざし うごく):草木が芽吹き始める(中国)


前後の節気[編集]

立春雨水啓蟄

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「年中行事事典」p82 1958年(昭和33年)5月23日初版発行 西角井正慶編 東京堂出版
  2. ^ 現代の天体力学による位置推算のため、過去の暦の記述とは必ずしも一致しない。また将来の見積もりも(主に閏秒の不確かさから)日付が前後する恐れがある。
  3. ^ JPL HORIZONS Web-Interface
  4. ^ NASA による ΔT の解説計算式