ウグイス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ウグイス
Cettia diphone.jpg
保全状況評価[1]
LEAST CONCERN
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 LC.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: スズメ目 Passeriformes
: ウグイス科 Cettiidae
: ウグイス属 Horornis
: ウグイス H. diphone
学名
Horornis diphone
(Kittlitz1830)
シノニム

Cettia diphone
(Kittlitz1830)[2]
Horeites diphone
(Kittlitz1830)

和名
ウグイス(鶯、鴬)
英名
Japanese Bush Warbler
Japanese Nightingale
亜種

詳細は本文参照

ウグイス(鶯、鴬、学名: Horornis diphone)は、スズメ目ウグイス科ウグイス属の1種である。

「ホーホケキョ」と大きな声でさえずる。日本三鳴鳥の1つ。山梨県福岡県の県鳥であり、日本の多数の市町村などの自治体指定の鳥である。

特徴[編集]

分布[編集]

種の範囲の定義により、分布域は多少変化するが、大まかにいって東アジアに生息する。

現代的な分類でのウグイス(マンシュウウグイスを含みチョウセンウグイスを含まない)は、日本南西諸島を含む)、サハリン、東部・中部中国で繁殖し、南部・東南部中国、台湾東南アジアで越冬する[3]

伝統的な(2000年代までの)分類に基づく場合、「広義の (sensu lato) ウグイス」(チョウセンウグイスも含む)の繁殖地には南東シベリア中国東北部朝鮮半島が加わる。「狭義の (sensu stricto) ウグイス」(マンシュウウグイスも含まない)は、日本(南西諸島を含む)とサハリンのみで繁殖し、南部・東南部中国、台湾で越冬する[4]

ハワイ諸島にも分布するが、これは日本から移入されたものである。

日本ではほぼ全国に分布する留鳥。ただし寒冷地の個体は冬季に暖地へ移動する。平地から高山帯ハイマツ帯に至るまで生息するように、環境適応能力は広い。の多い林下や藪を好むが[5]、さえずりの最中に開けた場所に姿を現すこともある[6]。英名の「Bush Warbler」は藪でさえずる鳥を意味している。警戒心が強く、声が聞こえても姿が見えないことが多い[7][8][9]

形態[編集]

体長はオスが16 cm、メスが14 cmで、スズメとほぼ同じ大きさ[6][10]翼開長はオスが21 cm、メスが18 cm[6]。体色は、背中がオリーブ褐色で、腹面は白色、全体的に地味である。雌雄同色[10][11]

ウグイスの長径は1.8 cm、ホトトギスの卵の長径は2.2 cmで、色はほぼ同じで、ホトトギス托卵対象となる[11][12]

生態[編集]

食性は雑食だが、夏場は主に小型の昆虫幼虫クモ類などを捕食し、冬場は植物の種子や木の実なども食べる[10]。繁殖期は初夏で、オスは縄張りをつくり「ホーホケキョ」と1日に1000回ほど鳴くことがある[7]。横穴式の壺形の巣をつくり、4–6個の卵を産み、メスが雛を育てる[6][13]。亜種のハシナガウグイスは、2-3個の卵を産み、オスも雛への給餌を行う[14]

鳴き声[編集]

「ホーホケキョ」とさえずるウグイスのオス

さえずりは「ホーホケキョ、ホーホケキキョ、ケキョケキョケキョ……」、地鳴きは「チャッチャッ」。

さえずるのは縄張り内を見張っているオスで、「ホーホケキョ」が他の鳥に対する縄張り宣言であり、巣にエサを運ぶメスに対する「縄張り内に危険なし」の合図でもある。「ケキョケキョケキョ」が侵入した者や外敵への威嚇であるとされており、これを合図に、メスは自身の安全のためと、外敵に巣の位置を知られないようにするためにエサの運搬を中断して身をひそめる。

平地にて鳴き始める季節が早春であることから春告鳥ハルツゲドリの別名がある[15]。本州中部あたりでは 2月初旬頃からさえずり始め、 8月下旬頃までがよく聞かれる時期だが、10月頃まで弱いさえずりが聞かれることがある。「ホーホケキョ」とさえずるのを初めて聞いた日を『ウグイスの初鳴日』と呼び、気象庁生物季節観測に用いている[16][17]

藤原敏行古今和歌集で「うぐいす鳴く」と詠っている。古くは鳴き声を「ウー、グイス」または「ウー、グイ」と聴いていて[12]和名の由来であるとする説がある[15]

音声データ[編集]

分類と系統[編集]

系統樹[編集]

系統樹は Alström et al. (2011)[18]より。

Horornis









ウグイス H. diphone cantans 標本1



 :



ウグイス 標本n



マンシュウウグイス H. diphone canturians




チョウセンウグイス H. borealis



フィリピンウグイス H. seebohmi




ウグイス(マンシュウウグイスを含む)+チョウセンウグイス+フィリピンウグイス H. seebohmi は単系統をなす。ただし、この3種間の系統関係は不確実である。

ここではウグイスの亜種のうち2亜種しか解析されていないが、マンシュウウグイス H. borealis は亜種 H. diphone cantans の系統に内包されており、系統的な亜種分類にはなっていない。

上位分類[編集]

ウグイスやチョウセンウグイスはかつて、Horeites 属に分類されていた。その後、Horeites 属など数属が、それまではヨーロッパウグイスの単型属だった Cettia 属に統合された。

しかし、ウグイスとヨーロッパウグイスは別系統と判明し[19][20][18]、ウグイスなど大半の種は、タイワンコウグイス Horornis fortipes模式種とする Horornis 属として分離された[18][21]

亜種[編集]

ウグイスの種の範囲には伝統的に、狭義 (sensu stricto) と広義 (sensu lato) があった。

狭義のウグイスは、島嶼(日本・南西諸島・サハリン)で繁殖する亜種のみを含んだ。広義のウグイスには、大陸で繁殖するチョウセンウグイス Horornis borealis とマンシュウウグイス Horornis diphone canturians が亜種として含められた。ウグイスを狭義にとる場合、チョウセンウグイスとマンシュウウグイスは1種マンシュウウグイスの亜種とされた。

実際の系統では、マンシュウウグイスは狭義のウグイスの系統内に位置し、ウグイスに含められた。一方、チョウセンウグイスは系統的にやや離れており、別種となった[18][21]

かつては、フィリピンウグイス Horornis seebohmi を広義のウグイスに含める説もあった[18]

現在の亜種[編集]

日本に生息する種には○をつける。

  • Horornis diphone cantans, ウグイス ○ - 北海道から九州まで広く分布する普通種。
  • Horornis diphone diphone, ハシナガウグイス[22] ○ - 普通種と比較して、やや小型で嘴が長く、さえずりは活発ではなく、縄張りは狭い[14][23]
  • Horornis diphone restrictus, ダイトウウグイス ○ - 南大東島1922年(大正11年)に 2羽が発見・採集されたが、その後に記録がなく絶滅 (EX) したものと考えられていた[24]。しかし2001年以降、沖縄本島喜界島に生息していることが確認された。
  • Horornis diphone riukiuensis, リュウキュウウグイス ○ - 越冬のため冬に沖縄に飛来する[23]
  • Horornis diphone sakhalinenis, カラフトウグイス - 灰色味が強い[23]
  • Horornis diphone canturians, マンシュウウグイス(タイワンウグイスとも言うが、この名はタイワンコウグイス H. fortipes を意味することもある) - かつての広義のウグイスに含まれたが狭義のウグイスには含まれなかった亜種。

かつて亜種とされた種[編集]

種の保全状況評価[編集]

国際自然保護連合(IUCN)により、軽度懸念(LC)の指定を受けている[1]

1950年から1979年まで愛玩飼養の対象種となっていたが、1980年に除外された[25]。 日本では環境省により鳥獣の保護及び狩猟の適正化に関する法律で、法第二十六条第二項の環境省令で定める鳥獣の対象になっている[26]

日本の以下の都道府県レッドリストの指定を受けている[27]

人との関わり[編集]

飼養[編集]

鳥刺(左)、鶯飼(うぐひす飼、右)の歌合(『三十二番職人歌合』、1494年、その1838年の模写)。ウグイスが鳥籠に入っており、鶯飼は帯刀している。

その飼養は、古くから行なわれ、足利義政の頃に流行し、その弊害の大きさから法度において禁じられたが、江戸時代、とくに文化から弘化にかけて、流行し、徳川家治徳川家斉もこれを愛し、小納戸役にお鳥掛という職を置いたほどであった。

飼育法[編集]

一番子の雛を巣ごと持ち帰り、藁製の畚(ふご)に入れ、巣口を綿で覆い、その畚を小蒲団で包み、温かい室内に置き、雛がピピピと鳴いて餌を求めたらすり餌を与え、夜は暖房して寒さを防ぐ。羽翼が整って離巣するようになれば、1羽ずつ籠に移す。籠には親籠、雛籠、付籠、袖籠(付子の雛を持ち運ぶ)、旅籠(遠方に携行する)、水籠(水浴びさせる)などの種類がある。籠にいれたウグイスはさらに籠桶(こおけ)に入れる。籠桶はキリ製で、高さ45 cmほど、幅30 cmほど、長さ 80 cmほどで、正面は障子のけんどんになっている。キリ製なのは、それ以外では、琴と同じく、鳴く音と調和しないからであるという。餌はすり餌が中心で、活き餌も用いる。すり餌は、玄米米ぬか青葉で作る。活き餌は、アオガエル、ヤナギの虫(ボクトウガの幼虫)、クサギの虫(コウモリガの幼虫)、エビヅルの虫(ブドウスカシバの幼虫)、イナゴなどである。その他、シンクイムシミールワームヨーロッパイエコオロギヒメツメガエルなど入手しやすい活き餌がある。時期的に早く鳴かせるには、夜飼法などの方法がある。これは夜、籠桶の障子をはずして燈火に向けるもので、これを鳥をあぶるという。9月中旬から始めて、冬から春にかけて鳴かせる。付子といって、親鳥が鳴く音を練習させる方法もある。親鳥の籠桶から約2 m離れたところに雛の籠桶を置き、自然に鳴方を習得させるものである。

和歌[編集]

  • うぐいすの なく野辺ごとに きてみれば うつろふ花に 風ぞ吹きける 詠み人知らず古今集
  • あらたまの 年ゆきがへり 春立たば まづ我が宿に 鶯は鳴け 大伴家持万葉集
  • 春たてば 花とや見らむ 白雪の かかれる枝に うぐひすぞなく 素性法師古今集
  • 春霞 おもひたちにし あしたより またるるものは 鶯のこゑ 藤原敦忠
  • ほととぎす なくべき枝と みゆれども またるるものは 鶯の声 藤原道綱
  • 鶯の こゑ聞きそむるあしたより 待たるる物は 桜なりけり 本居宣長
  • 鶯の 声を聞きつる あしたより 春の心に なりにけるかも 良寛
  • 鶯の 谷よりいづる 声なくは 春くることを 誰か知らまし 大江千里
  • 声たえず 鳴けや鶯 ひととせに ふたたびとだに 来べき春かは 藤原興風

音楽[編集]

  • 『春鶯囀(しゅんのうでん)』雅楽(唐楽) 舞楽、管絃で演じられる大曲。
  • 『千代の鶯』 地歌箏曲(光崎検校作曲) 地歌手事ものの大曲。
  • 『宮の鶯』 箏曲(組歌)
  • 『初鶯』 箏曲(宮城道雄作曲)
  • 『春の曲』 箏曲(吉沢検校作曲) 鶯を詠んだ和歌二首を含む。
  • その他一部分に鶯を詠んだ邦楽作品はきわめて多い。

鳴き合わせと密猟[編集]

ウグイスはさえずりが見事なことから、捕獲したウグイスに声を競わせる「鳴き合わせ」という行為が行わることがある。現在日本では鳥獣保護法により捕獲・飼育が禁止されているが、しかし今なお密猟が絶えない実態があり、密猟者の存在が時折報じられることもある。

詳しくはメジロ#鳴き合わせと密猟も参照。

鴬品定めの会[編集]

鳴声の1節を律、中、呂の3段に分ける。律音をタカネ、またアゲ、中音をナカネ、呂音をサゲという。3段を日月星に比して三光と称し、三つ音とも称し、その鳴声の長短、節調の完全なものが優鳥とされた。正月下旬、2月の計2回、江戸、京都、大坂の三都に持ち寄って、品評会を開き、「鶯品定めの会」と称した。会場は江戸では向島牛島の旗亭梅本と定め、期日が決定したら、数日前から牛島を中心に小梅、洲崎の各村の農家に頼んで出品する各自の鳥を預ける。当日、審査員格の飼鳥屋が梅本に集まり、家々を何回となく回って鳴声を手帳に書留め、衆議の上で決定した。第一の優鳥を順の一という位に置き、以下、東の一、西の一、三幅対の右、三幅対の中、三幅対の左、というように品位を決め、品にはいったものは大高檀紙に鳥名と位を書き、江戸鳥屋中として白木の三宝に載せ、水引を掛けた末広扇1対を添え、飼主に贈り、飼主からは身分に応じて相当の謝儀があった。その謝儀をもって品定め会の費用を弁じた。本郷の味噌屋某の飼鳥が順の一を得た時には、同時に出品した加賀の太守前田侯の飼鳥を顔色なからしめ、得意のあまり、「鴬や百万石も何のその」と一句をものしたという挿話がある。弘化年間の飼鳥屋で品定め会に立会う者は58軒と定められた。毎回そのなかの1人が催主となって肝煎役に当たった。明治維新とともにこの会は廃絶した。維新後、一時、根岸鴬春亭で、鴬鳴き合わせ会が開かれたことがある。[要出典]

ウグイスのフン[編集]

そのには豊富にリゾチームなどの加水分解酵素が含まれ、顔面に塗布する事で角質層が柔らかくなって、小皺が取れたり肌のキメが細かくなる・肌のくすみが取れて色白になる事から、古くから美顔洗顔料にきび治療薬として人気がある。「うぐいすの粉」として市販されているものがそれで、この酵素には脱色作用もあるため、着物の染み抜きにも利用される(以前は毛はえ薬として用いられていたこともあった)。

なおウグイスは大量飼育が難しく、得られる糞も少量であることから、市販の「ウグイスの糞」と称する商品は、ほとんどが別科ガビチョウ科ソウシチョウを飼育し得られた糞を原料に使用している。

メジロとの混同[編集]

BYR color wheel.svg この項目ではを扱っています。
閲覧環境によっては、色が適切に表示されていない場合があります。
梅にメジロ

日本では、ウグイスとメジロは混同されることがよくある。いわゆる梅にウグイスという取り合わせが花札をはじめ、よく見かけられるが、実際には梅の蜜を吸いにくるのはメジロであり、藪の中で虫を食べるウグイスはそのような姿で見かけられることは少ない。「ウグイス色」というとメジロの体色のような鮮やかな色を連想する人も多いが、JIS慣用色名に定められているウグイス色は茶と黒のまざったような緑色をしている。この色を鶯茶(うぐいすちゃ)ともいう。実際のウグイスの体色は茶褐色であり、JISのウグイス色は、ウグイスの羽を忠実に取材した色である。メジロ#ウグイスとの混同も参照。

鶯色はこのような色である。
#918D40
鶯茶はこのような色である。
#6D5826

なお、ここにあげた色の見本は JIS で規定したマンセル値に基づく近似色であり、RGB 値は一例にすぎない。

「鶯」[編集]

「鶯」の漢字がさす鳥は日本と中国で異なる。日本では、本記事のウグイスのことをさす。古来中国の漢詩等では別上科カラス上科コウライウグイスのことである。両者とも美声を愛でられる鳥だが、声も外見も非常に異なり分類的な類縁はない。

なお、現在の中国ではウグイス科鶯科でありウグイスを「日本樹鶯」と表記する。またコウライウグイス科黄鸝科でありコウライウグイスは「黄鸝」または「黄鳥」と表記する。

別名[編集]

春鳥(ハルドリ)、春告鳥(ハルツゲドリ)、花見鳥(ハナミドリ)、歌詠鳥(ウタヨミドリ)、経読鳥(キョウヨミドリ)、匂鳥(ニオイドリ)、人来鳥(ヒトクドリ)、百千鳥(モモチドリ)、黄鳥(コウチョウ)、金衣公子(キンイコウシ) など多くの異称を持つ。

ウグイスを「自治体の鳥」とする自治体[編集]

平成の大合併で誕生した新しい自治体の多くが市町村区の鳥に採用している。また茨城県は県内自治体の約13が採用している。以下は一部で多数のでも指定の鳥に採用されている。

その他[編集]

鶯張り
上を歩くとキュキュと音が鳴る床。将軍の上洛時の居城だった二条城や大寺院の堂や書院などの廊下に使われることが多い。特殊な金具を使用して音が出るようにしており、かつて忍者の侵入対策として作られたとも言われる。一部には単に積年劣化により鳴るようになった例もある。
鶯谷
ウグイスの多いから付けられた地名。
鶯餡(うぐいすあん)
エンドウを使った餡。色がうぐいす色。これを使って作られたパンをウグイスパンという。うぐいすの肉を使っている訳ではない。
うぐいす嬢
野球場場内アナウンスを担当する女性のこと。また、選挙運動で選挙カーから候補者の応援アナウンス(選挙ウグイス)をする女性のこと。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b IUCN 2011. IUCN Red List of Threatened Species. Version 2011.2. (Cettia diphone)” (英語). IUCN. 2012年3月30日閲覧。
  2. ^ Cettia diphone Kittlitz, 1830” (英語). ITIS. 2012年3月30日閲覧。
  3. ^ Gill, F.; Donsker, D., eds. (2012), “Birds of the World: Recommended English Names”, IOC World Bird Names, version 2.11, http://www.worldbirdnames.org/Archives/IOC%20Names%20File-2.11.xls 
  4. ^ Gill, F.; Donsker, D., eds. (2009), “Birds of the World: Recommended English Names”, IOC World Bird Names, version 2.0, http://www.worldbirdnames.org/Archives/IOC%20Names%20File-2.0.xls 
  5. ^ ウグイス 一夫多妻の鳥 (1997)、29頁
  6. ^ a b c d ひと目でわかる野鳥 (2010)、192頁
  7. ^ a b 色と大きさでわかる野鳥観察図鑑 (2002)、32頁
  8. ^ ウグイス”. サントリー. 2012年3月30日閲覧。
  9. ^ 散歩で楽しむ野鳥の本 (2008)、76頁
  10. ^ a b c 野山の鳥 (2000)、88–89頁
  11. ^ a b 鳥類図鑑 (2006)、101頁
  12. ^ a b 里山の野鳥ハンドブック (2011)、36頁
  13. ^ ウグイス 一夫多妻の鳥 (1997)、34-35頁
  14. ^ a b ウグイス 一夫多妻の鳥 (1997)、58–59頁
  15. ^ a b 庭で楽しむ野鳥の本 (2007)、32-33頁
  16. ^ ウグイスの初鳴日 (PDF)”. 気象庁. 2012年3月31日閲覧。
  17. ^ 2011年のウグイスの初鳴日 (PDF)”. 気象庁. 2012年3月31日閲覧。
  18. ^ a b c d e Alström, P.; Höhna, S.; Gelang, M.; Ericson, P.G.P.; Olsson, U. (2011), “Non-monophyly and intricate morphological evolution within the avian family Cettiidae revealed by multilocus analysis of a taxonomically densely sampled dataset”, BMC Evol. Biol. 11 (353), doi:10.1186/1471-2148-11-352, http://www.biomedcentral.com/1471-2148/11/352 
  19. ^ Drovetski, S.V.; Zink, R.M.; Fadeev, I.V.; Nesterov, E.V.; Koblik, E.A.; Red’kin, Y.A.; Rohwer, S. (2004), “Mitochondrial phylogeny of Locustella and related genera”, J. Avian Biol. 35: 105–110, http://hosting.uaa.alaska.edu/afsvd/SVDpublications/2004%20Drovetski%20et%20al%20JAB.pdf 
  20. ^ Alström, P.; Ericson, P.G.P.; Olsson, U.; Sundberg, P. (2006), “Phylogeny and classifcation of the avian superfamily Sylvioidea”, Mol. Phylogenet. Evol. 38: 381–397, http://www.nrm.se/download/18.4e1d3ca810c24ddc70380001143/Alstr%C3%B6m+et+al+Sylvioidea+MPEV+2006.pdf 
  21. ^ a b Gill, F.; Donsker, D., eds. (2012), “Sugarbirds, starlings, thrushes”, IOC World Bird Names, version 2.11, http://www.worldbirdnames.org/n-sugarbirds.html 
  22. ^ 日本のレッドデータ検索システム(ハシナガウグイス)”. エンビジョン環境保全事務局. 2012年3月31日閲覧。
  23. ^ a b c ウグイス 一夫多妻の鳥 (1997)、52-53頁
  24. ^ 絶滅危惧種情報 ダイトウウグイス(環境省生物多様性センター)
  25. ^ 愛玩飼養”. 環境省 (2011年). 2012年3月31日閲覧。
  26. ^ 鳥獣の保護及び狩猟の適正化に関する法律”. 環境省 (2011年11月30日). 2012年3月31日閲覧。
  27. ^ 日本のレッドデータ検索システム(ウグイス)”. エンビジョン環境保全事務局. 2012年3月30日閲覧。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]