夏 (三代)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
夏の領域
中国の歴史
元謀藍田北京原人
神話伝説三皇五帝
黄河長江遼河文明
西周
東周 春秋
戦国
前漢
後漢
三国
西晋
東晋 十六国
南北朝 北魏
西魏 東魏
北周 北斉
 
 
五代十国
北宋 西夏
南宋
北元
後金  
 
満洲 中華民国
 
中華人民共和国 中華民国
台湾
中国の歴史年表
中国朝鮮関係史
Portal:中国

(か、紀元前2070年頃 - 紀元前1600年頃 [紀元前2000年頃からとする説もある])は、中国最古と伝承される王朝夏后ともいう。夏・三代という。『史記』『竹書紀年』など中国の史書には初代のから末代のまで14世17代、471年間続いたと記録されている。に滅ぼされた。従来、伝説とされてきたが、近年、考古学資料の発掘により実在可能性が見直されてきている。

考古学的比定[編集]

夏の実在性[編集]

従来、夏の実在性を確実に示す考古学上の発見が無く、伝説上の王朝とされてきたが、『史記』などを始めとする中国の史書での記載が理由なき記載ではない事、また近年の考古学の実績からも、夏王朝が実在していた可能性は非常に高いものと見なされつつあり、現代の中国歴史・考古学学界では実在したものと見なされている。

近年、炭素14年代測定法により、河南省偃師の二里頭村の二里頭遺跡や河南省新密市新砦遺跡などに痕跡を持つ二里頭文化が夏の時代に相当する年代のものと略確定するなど、文献史料のいう「夏」は二里頭文化に比定される。しかし二里頭文化が文献史料が示す「夏王朝」と同じである訳ではなく、文献史料のいう「夏王朝」には戦国時代以降の思想が多分に紛れ込んでおり、二里頭文化が構成した「夏」が、王朝・初期国家としての実質を持ったものであるかという意味では疑問が多い。考古学的に『「夏」と後世に呼ばれた政権が実在した事』を証明された事と、文献史料のいう『「夏王朝」が実在した事』を混同してはならない[1]

二里頭遺跡[編集]

二里頭遺跡は新石器時代の遺跡で、掘り出された住居の跡から人口2万人以上と推定される。当時としては世界有数の大規模集落。トルコ石で表現された銅爵(どうしゃく)、宮殿区、龍の文様の入った玉璋(ぎょくしょう)が発掘されている。

「宮殿区」の南門近くにある「一号宮殿」は、回廊に囲まれ、内部に広い空間「中庭」、正面に「正殿(せいでん)」を配する構造となっている。この構造は、後の中国歴代王朝の宮殿構造に近く、歴代王朝ではここで宮廷儀礼を行っていることから、宮廷儀礼もここから始まったとも考えられる。

ヒスイの龍は、二里頭文化以前に栄えた遼河流域の興隆窪文化紅山文化でも発掘されており、遼河流域の文化の影響が及んでいることが示唆される。龍は歴代王朝は王の権威の象徴として用いられていること、歴代王朝の宮殿と類似する宮殿跡などから、二里頭文化が歴代王朝に影響を与えた文化だと考えられ、二里頭文化こそ夏王朝だとする学者も多い。

また、二里頭遺跡周辺の当時の土壌に残る種子の分析から、(あわ)、キビ小麦大豆水稲、の5種類の穀物を栽培していた痕跡がある。これにより、気候によらず安定した食料供給が可能となったと考えられる。これが、それまでに衰退した他の中国の新石器時代に起こった各文化との違いであり、その後の(殷)とも推定される二里岡文化へと繋がる中国文化の源流となったとも言われる。

建国:黄帝の三苗征服伝説との対応[編集]

墨子』五巻には夏と三苗ミャオ族[2]に関する伝説が記載されている。

三苗(サンミャオ)時代に、夜に太陽が現れ、血の雨が三日間降った。龍が寺に現れ、犬は通りで吠えた。夏の水は氷になり、大地は裂け、水が噴き出した。五穀は変異した。天はミャオ族に克服を課した。雷が連続し、鳥をともなった者がミャオ族の指導者を射た。後、夏王国は建国した。

このミャオ族と夏の建国に関する伝説に就いては、他の史書での記載と対応させると、以下の様になる[3]

紀元前26世紀頃、神農時代、華夏民族の君主・黄帝蚩尤(『路史中国語版英語版』によるとが姓とされる)民族の討伐作戦を行い(涿鹿の戦い英語版)、涿鹿で破った。戦いは黄河の台地で行われた。蚩尤は濃霧を起こして華夏軍を苦しめたが、黄帝は指南車を使って方位を示し、蚩尤民族を破った。この時、他に蚩尤に味方したのは勇敢で戦の上手い九黎族[4]、巨体の夸父族だった。敗れた蚩尤民族はミャオ族と黎族に分裂し、ミャオ族は四散した。一部は代に華夏民族と同化し、一部の部族は春秋の強国であるの建国に関わった。中国では楚は異民族の国とされている。六朝時代に揚子江南部を支配していた南朝は北方民族の侵入に苦しめられており、あまりミャオ族を歓迎しなかったが、五胡による揚子江北部の破壊により、ミャオ族が大量に南朝の領域に入ってきた。漢民族と同化する事もあった。

先秦時代、苗族は、苗民、尤苗(ヨウミャオ)、三苗(サンミャオ)と呼ばれ、揚子江流域に住んでいた。長江文明に属すると見られる三苗は屈家嶺文化及び石家河文化付近を本拠地としていたと見られる[5]。三苗は母系集団であり、黄河流域の中原に依拠した父系集団の龍山文化と対立した。この龍山文化集団が夏王朝に繋がる遊牧民族的な父系集団と見られる。中原地域は黄帝炎帝の活躍した地域で、炎黄集団は仰韶文化後期に一度衰退し、龍山文化期に復興し三苗民族を征服した後、夏王朝を興す。黄帝の三苗征服伝説は、黄河文明と長江文明の勢力争いを描いたものと考えられる[6]

長江中流域の屈家嶺文化(紀元前3000年 - 紀元前2500年)・下流域の良渚文化(紀元前3300年 - 紀元前2200年)の時代を最盛期として、後は衰退し、中流域では黄河流域の二里頭文化(紀元前2100年頃 - 紀元前1500年頃)が移植されている。

二里頭文化(夏)は、黄河流域の二里岡文化)により征服(鳴条の戦い中国語版英語版)されたと考えられる。

歴史[編集]

以下は主に『史記』「夏本紀」、『竹書紀年』による。

禹の創業[編集]

夏王朝の始祖となるは、五帝の一人顓頊の孫である。帝の時代に、禹は治水事業に失敗した父の後を継ぎ、帝に推挙される形で、黄河の治水事業に当たり、功績をなし大いに認められた。

舜は人望の高かった禹を後継者と考えていた。舜の崩御後3年のに服した禹は、舜の子である商均を帝位に就けようとしたが、諸侯が商均を舜の後継者と認めなかった為に禹が帝位に即位し、陽城に都城を定めた。禹は姓は(じ)と称していたが、王朝創始後、氏を夏后とした。

禹は即位後暫くの間、武器の生産を取り止め、田畑では収穫量に目を光らせ農民を苦しませず、宮殿の大増築は当面先送りし、関所や市場にかかる諸税を免除し、地方に都市を造り、煩雑な制度を廃止して行政を簡略化した。その結果、中国の内はもとより、外までも朝貢を求めて来る様になった。更に禹は河を意図的に導くなどして様々な河川を整備し、周辺の土地を耕して草木を育成し、中央と東西南北の違いを旗によって人々に示し、古のやり方も踏襲し全国を分けて九州を置いた。禹は倹約政策を取り、自ら率先して行動した。

竹書紀年』に依れば、45年間帝であったという。

即位後、皋陶に政治の補佐をさせたが、皋陶の死去に伴いによる朝政の補佐が行われた。

尚、「禹」という文字は本来蜥蜴の姿を描いた象形文字であり、禹の起源は黄河に棲む水神だったといわれている[7]。この神話から、禹及び夏人は南方系の海洋民族であったと想定する説もあり、その観点からも多数の研究書がある。

最初の世襲王朝[編集]

禹の崩御後、益が後継者とされていたが、益が執政に慣れていない事もあり、諸侯は禹の子であるを帝位に就けた。これが中国史上最初の帝王位の世襲とされる。帝位に就いた啓は、有扈氏が服従しなかった為に討伐を加えている。

啓の崩御後、子の太康が帝位を継承したが、『史記』に依れば「国を失った」と記録されるなど国勢の衰退が見られる。太康の5人の弟たちは「五子之歌」を作った。

「子帝太康立。帝太康失国、昆弟五人、須于洛汭、作五子之歌」

「五子之歌」、『史記』「夏本紀」より

この五子之歌は『尚書』に記されており、その内容は太康が戻らない事を弟達が恨んだ歌である。この歌より太康が遊楽に耽り朝政を省みなかった為に国を追放されたのだと解釈されている(孔安国)。

太康の崩御後、弟の中康が後を継いだ。中康の時に諸侯の羲氏と和氏が淫楽に耽っていたので、(胤は名前とも、国の名前とも云う)に命じ羲氏と和氏を討伐している。

『史記』には、中康の後の帝達に就いての事跡は特に伝えられていない。

夏の衰退と滅亡[編集]

中康の11代後の孔甲は、性格が淫乱であり、自分を鬼神に擬する事を好み、人心は夏王朝から離れていったと記録され、夏朝の徳治にも翳りが出たとされている。

又、は人徳に欠け、武力で諸侯や民衆を押さえ付けた事で人心の離反を招いた。又、商のを呼び出し夏台に投獄している。湯は後に赦されると徳を修めたので、諸侯がその下に集まり、遂には桀を倒した(鳴条の戦い中国語版)。桀は鳴条に逃げたが客死した。この桀に関する伝説は殷ののそれと酷似しており、後世になって作られた伝説であるとも言われる。

商の湯王は帝位に即位すると夏の血を引く者を夏亭(『史記正義』による)に封じた。代に於いては、に於いて諸侯に封じられている。

後継民族・国家[編集]

夏の後継といわれ、またそのように自称した民族に以下がある。

河南省の禹県は紀元前1世紀になっても夏人の町として有名だった。『史記・貨殖列伝』では、穎川(えいせん)と南陽は夏人の居。穎川は秦末期に、一部の民を南陽に移した。南陽は西は武関に通じ、東南は漢江長江淮河を受ける。宛(えん・南陽市)は亦都会で、その風俗は奇矯、職業は商人が多く、彼等は任侠で穎川と交通するので、夏人と呼ばれていると記されている[8]
杞県に在ったとされる。
越国
福建省広東省広西省からベトナム北部にかけて活動していた越人は夏人の末裔を自称していた。またの墓があると伝承される会稽山は越人の聖地でもある。紀元前333年、越国はに滅ぼされ越人は四散した。
百越
倭人・倭族は百越の一族ともされ、また越人の一部は倭国に渡来したとされる(下記「倭国との関連」参照)。
匈奴
『史記』『漢書』「匈奴列伝」に依れば、匈奴の先祖は夏后氏であり、この夏后氏は夏王朝の一族である。名を淳維といい、夏后淳維といった[9]

夏の帝の一覧[編集]

日名(諡号 御在位年数 備考
- 10 の子
- - 禹の子
太康[1] (不詳) - 啓の子、失国する。
中康 (不詳) - 太康の弟
- - 中康の子
  (無王) 40 東夷寒浞簒位する。
少康 (不詳) - 相の子
- - 少康の子、中興する。
- - 予の子
- - 槐の子
- - 芒の子
- - 泄の子、不降とも作る。
- - 不降の弟
胤甲 - 扃の子
孔甲 (不詳) - 不降の子、廑の従兄弟
- - 孔甲の子
- - 皐の子
履癸 - 発の子

1. ^ 「康」=「」。

文字[編集]

殷の甲骨文字の様な文字体系を所持していたかは未だ不明であるが、考古学者の徐中舒が、巴蜀文字中国語版を夏文字の名残りなのではないかとする見解を出し、更に徐朝龍は『長江文明の発見』[10]に於いて以下の様なシナリオ・仮説を提出している[11]

良渚文化は稲作都市文明を形成していた。1000年ほどの繁栄を経て、洪水でこの文化は崩壊する。良渚文化集団の一部は北上し、黄河中流域で夏王朝を興した。この変遷過程で、良渚文化に誕生していた図像文字絵文字グラフィティ)は様々な習合を経て北方の黄河中流域に持ち込まれ、一度は夏王朝の文字となり、そこで甲骨文字と接触した[12]

軈て夏王朝は支配下に在った東夷后羿(こうげい)部族に倒される。夏王朝の遺族の一部は北西に逃れ(下記匈奴参照)、後四川盆地に移住し、三星堆文化(古蜀国)を築いた。のち良渚文字は、族や族によって加工され、巴蜀文字となった。

名称・呼称[編集]

「夏」という名称は次王朝の殷王朝による呼称であり、夏自身による実際の自称は不明である(「殷」も次王朝のによる呼称である)。これは史書の記述を十分に客観的なものとみなす事は出来ないためであり、史書編纂が当時の国家の政策でもあった事から、政治的バイアスを差し引いて読解しなくてはならないからである。とは言え、史書の記述は先史時代の分析の手がかりとして重要である事は変わらない。今後も、考古学的分析と史書の記述との対応の分析が待たれる。下記の学説はあくまで仮説であり、完全に実証されたものではない。

漢字学者の藤堂明保は、「夏」の字を甲骨文字・金文からの形成の変遷を分析した上で、「大きい人(鎧をつけた大柄なひと)」という美称ではないかとの説を提出している[13]

岡田英弘の解釈に依れば、夏(か)とは「賈(か)、価(か)、牙(が)」と同音で商売を意味し[14]、元は洛陽盆地の首都から来た商人・貿易者が夏人(賈人)であり、その使用言語を夏語(雅語)といい、元々現在のインドシナ半島の諸民族の言語に近い「夷」の言語(南方系言語)を基礎にしたものであったとする。

古代中国の史書では洛陽盆地から見た非中国人を夷狄戎蛮とするが、これはそれぞれの方角の住居地による呼称である。南蛮は河南省西部・四川省東部・湖北省湖南省西部の焼畑農耕民を指し、西戎は甘粛省南部などの遊牧民、北狄は山西高原や内蒙古の狩猟民を指し(この地域は古くは森であった)、東夷は黄河や淮河のデルタ地帯の農耕漁労民を指す。岡田は史記での記述や夏人伝承の分布地などから、また史書に記述される夏人が龍を祖先神とする事などから、東夷を夏人とし、水上民族であったのではないかとする[15]

又「夷」は「弓」と「大」を合成したもので、音を「てい」とする「低」「底」などの文字と類似文字であり、「低地人」を意味するとした上で、中原へ北方高原からの「狄(てき)」が侵攻し、夏を滅ぼし殷を建てたとする。『史記』「殷本紀」に依れば、殷の高祖母神は簡狄(かんてき)といい、有娀氏つまり戎、草原遊牧民であった[16]

倭国との関連[編集]

岡田英弘は夏及びその後継と言われる河南省の禹県や杞県にあったとされる杞国などを参照しながら、「夷」と呼ばれた夏人が長江や淮河流域の東南アジア系の原住民であった事や、の墓があると伝承される会稽山人の聖地でもあり、福建省広東省広西省からベトナム北部に掛けて活動していた越人が夏人の末裔を自称している事、また顕王36年(前333年威王7年)越国に滅ぼされ越人が四散した後始皇帝28年(前219年)に琅邪(ろうや)を出発したといわれる徐福の伝承などを示した上で、後人が朝鮮半島に進出する前にこれら越人が日本列島に到着したのだろうと推定する[17]

脚注[編集]

  1. ^ 『中国の歴史1』307p-366p
  2. ^ 現代のミャオ族と、先史時代の伝説に記載された三苗や、楚や呉を構成した民族との関連性はまだ確定していない。
  3. ^ 『図説 中国文明史1 文明への胎動』創元社、2006年ほか
  4. ^ 黎族ミャオ族の祖先といわれる。
  5. ^ 『図説 中国文明史1 文明への胎動』創元社、2006年
  6. ^ 『図説 中国文明史1 文明への胎動』創元社、2006年
  7. ^ 白川静は禹は当初は魚の姿をした神格だったという仮説を立てた。
  8. ^ 岡田英弘『中国文明の歴史』講談社現代新書、2004年、46頁
  9. ^ 内田吟風他訳『騎馬民族史』平凡社東洋文庫、1971年。また後漢書六夷伝のうち南匈奴伝参照。
  10. ^ 1998 角川書店
  11. ^ 松岡正剛千夜一夜、第三百三十一夜、2001年7月9日
  12. ^ 松岡正剛はこの二種文字の接触及び衝突を「文字戦争」と呼んでいる。前掲リンク。
  13. ^ 藤堂明保『漢字の起源』講談社学術文庫
  14. ^ 岡田英弘『倭国』中公新書、1977年、14頁
  15. ^ 岡田英弘『中国文明の歴史』講談社現代新書、2004年、46頁
  16. ^ 岡田英弘『中国文明の歴史』講談社現代新書、2004年、49 - 51頁
  17. ^ 岡田英弘『倭国』中公新書、13頁

史書[編集]

関連文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

先代:
-
中国の歴史
次代: