うお座

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
うお座
Pisces
Pisces
属格 Piscium
略符 Psc
発音 /ˈpaɪsiːz/、属格 /ˈpɪʃiəm/
象徴 the Fish
概略位置:赤経 1
概略位置:赤緯 +15
21時正中 11月10日
広さ 889平方度 (14位
主要恒星数 21
バイエル符号/
フラムスティード番号
を持つ恒星数
86
系外惑星が確認されている恒星数 5
3.0等より明るい恒星数 0
10パーセク以内にある恒星数 5
最輝星 η Psc(3.6
最も近い星 ヴァン・マーネン星;(14.1光年)
メシエ天体 1
流星群 うお座υ流星群
隣接する星座 さんかく座
アンドロメダ座
ペガスス座
みずがめ座
くじら座
おひつじ座
観測可能地域は+90°と−65°の間
21:00(午後9:00)に最も良く見えるのは11月の間

うお座(魚座、Pisces)は、黄道十二星座の1つ。トレミーの48星座の1つでもある。

うお座は黄道十二星座でありながら、3等星より明るい星がなくあまり目立たない星座である。

ペガススの大四辺形のちょうど南で、γ星、7番星、θ星、ι星、19番星、λ星、κ星がいびつな輪を描いているが、この西の魚の胴体を象るアステリズムを英米ではサークレット(Circlet)と呼んでいる。また、ω星の7°ほど南に春分点がある。

主な天体[編集]

恒星[編集]

  • α星:アルレシャ(Alrescha、「ひも」の意)は、2匹の魚を結びつけるリボンの結び目にある。この星は4.2等と5.1等の連星であり、それぞれはさらに分光連星となっている。
  • β星:フム・アル・サマカー(Fum al Samakah)は、「サークレット」 の西にある4等星で、西の魚の口先に位置している。
  • η星:うお座で最も明るい恒星だが、4等星(3.6等)である。

星団・星雲・銀河[編集]

  • M74渦巻銀河(Sc型)。η星の北東方向付近にある。美しいが光度は9.8等と暗い。
渦巻銀河M74

神話[編集]

うお座は古代メソポタミア文明に由来する星座と考えられ、はっきりしたギリシア神話がない。

通例、リボンで結ばれた2匹の魚として描かれる(初期は人魚とツバメ、魚とツバメなどとする図画もあった)。そのため、ラテン語や英語などの名称は複数形である。なお、アラビア語名では al-Samakatān (アッ゠サマカターン)といい双数形をとっている。現代中国名(中文名)の双魚座も、双数形ではないが双数表現といえるであろう。

2匹の魚とそれから伸びる紐は、チグリス川ユーフラテス川をあらわし、紐が魚繋がっているのは2本の川が合流することを表している。2匹の魚の間にあるペガススの大四辺形は、2本の川の間にあるバビロンまたは農地を表している[1]

ギリシア神話では、美の女神アプロディテとその子エロスがエリダヌス川(エリダヌス座)のそばを歩いていたところ、突然、怪物テュポンが現れ、驚いた2人は魚の形になって逃げた[2]。2人ははぐれないようひもをつけて逃げた、という神話がある[2]。ただし、ほとんど同じ神話が、みなみのうお座にもある[2]

出典[編集]

  1. ^ 近藤二郎 『わかってきた星座神話の起源 古代メソポタミアの星座』 誠文堂新光社2010年ISBN 978-4-416-21024-6
  2. ^ a b c 長島晶裕/ORG 『星空の神々 全天88星座の神話・伝承』 新紀元社、2012年ISBN 978-4-7753-1038-0