やまねこ座

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
やまねこ座
Lynx
Lynx
属格 Lyncis
略符 Lyn
発音 [ˈlɪŋks]、属格:/ˈlɪnsɨs/
象徴 the Lynx
概略位置:赤経 8
概略位置:赤緯 +45
広さ 545平方度 (28位
主要恒星数 4
バイエル符号/
フラムスティード番号
を持つ恒星数
42
系外惑星が確認されている恒星数 5
3.0等より明るい恒星数 0
10パーセク以内にある恒星数 0
最輝星 α Lyn(3.14
最も近い星 HD 55575;(55光年)
メシエ天体 0
隣接する星座 おおぐま座
きりん座
ぎょしゃ座
ふたご座
かに座
しし座(角で接する)
こじし座

やまねこ座(山猫座、Lynx)は、北天の星座の1つ。

主な天体[編集]

恒星[編集]

  • α星:やまねこ座で最も明るい恒星。
  • 31番星(31 Lyn):固有名はアルシャウカット(Alsciaukat)。
  • おおぐま座10番星(10 UMa):連星系。
  • PTF11kxIa型超新星。超新星爆発を起こす前に新星爆発を起こしていた可能性がある天体として初めて発見された。

星団・星雲・銀河[編集]

  • NGC 2419球状星団。我々の銀河系に属する球状星団で最も遠方にある。この天体は銀河系の重力場の脱出速度より速い速度で運動している。

由来と歴史[編集]

1687年天文学者ヨハネス・ヘヴェリウスによって設定された[1]おおぐま座ぎょしゃ座の間の大きな隙間を埋めるように作られたが、明るい星がなく、ヘヴェリウスは「この星座を見るためには、ヤマネコ(厳密にはオオヤマネコ)のような鋭い目が必要だ」と述べている[1]

新しい星座であり、神話は伝わっていない。

出典[編集]

  1. ^ a b Ian Ridpath. “Star Tales - Lynx”. 2014年1月28日閲覧。