ツバメ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ツバメ
Landsvale.jpg
ツバメ H. rustica
保全状況評価[1][2]
LEAST CONCERN
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 LC.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: スズメ目 Passeriformes
: ツバメ科 Hirundinidae
: ツバメ属 Hirundo
: ツバメ H. rustica
学名
Hirundo rustica
Linnaeus, 1758[3]
和名
ツバメ、燕
英名
Barn Swallow
亜種
  • H. r. rustica
  • H. r. erythrogaster
  • H. r. transitiva
  • H. r. savignii
  • H. r. gutturalis
  • H. r. mandschurica
  • H. r. saturata
  • H. r. tytleri
Hirundo rustica subspecies.png
各亜種の分布図

ツバメ、学名:Hirundo rustica)はスズメ目ツバメ科に属する鳥類である。古くはツバクラメあるいはツバクロと呼ばれた。

特徴[編集]

形態[編集]

全長は約17 cm翼開長は約32cm[4]。背は光沢のある藍黒色で、と額が赤い。は白く、胸に黒い横帯がある。は長く切れ込みの深い二股形で、この尾の形をツバメにちなんで燕尾形という。翼が大きく、飛行に適した細長い体型である。脚は短く歩行には不向きで、巣材の泥を求めるとき以外は地面に降りることはめったにない。

鳴き声[編集]

鳴管が発達しており、繁殖期になるとオスはチュビチュビチュビチュルルルルと比較的大きなさえずり声で鳴く。日本語ではその生態を反映して「土食て虫食て口渋い」などと聞きなしされる。さえずりは日中よりも早朝から午前中にかけて耳にする機会が多い。

食性[編集]

飛翔する昆虫などを空中で捕食する。また、水面上を飛行しながら水を飲む。

分布[編集]

北半球の広い範囲で繁殖する。日本では沖縄県以外で繁殖し、沖縄県では旅鳥[5]。日本で繁殖するツバメの主な越冬地は台湾フィリピンボルネオ島北部、マレー半島ジャワ島などである。

日本における越冬例[編集]

一部、越冬する個体があり、しばしば「越冬ツバメ」と呼ばれる。特に中日本から西日本各地で越冬し、そのような場合、多くは集団で民家内や軒下などで就塒(しゅうじ)する。日本で越冬している個体が日本で繁殖したものであるのか、それともシベリアなど日本より北方で夏に繁殖したものであるのかはよく分かっていない。

営巣・繁殖・群れ[編集]

と枯草を唾液で固めてを造る。ほとんど人工物に造巣し、民家の軒先など人が住む環境と同じ場所で繁殖する傾向が顕著である。これは、天敵であるカラスなどが近寄りにくいからだと考えられている[6]

巣は通常は新しく作るが、古い巣を修復して使用することもある。産卵期は4 - 7月ごろ。一腹卵数は3 - 7。主にメス抱卵する。抱卵日数は13 - 17日。その後の巣内での育雛日数は20 - 24日。1回目の繁殖の巣立ち率は概ね50%程度と推定される。1回目繁殖に成功したつがいあるいは失敗したつがいのうち、詳細は不明であるが、相当数のつがいがその後2回目あるいはやり直しの繁殖をする。

(ヒナ)を育てている間に親鳥のうちどちらか一方が何らかの理由で欠けると、つがい外のツバメがやってきて育てているヒナを巣から落して殺してしまう行動が観察されている[7]。一方で、つがいの内メスが欠けた場合なのかどこからともなく複数の他のツバメが集まり、その中から選ばれたように一羽ツバメが新たなつがい相手となって、子育てを継続するさまも観察されている。

落ちているツバメのヒナを拾って人間が育てることはとても困難であるし、野鳥なので日本での飼育鳥獣保護法によって禁じられているが、保護のために許可を得て飼育することは可能である。

集団ねぐらの形成[編集]

巣立ちを終えたヒナと親鳥は河川敷溜池(ためいけ)の葦原(よしはら)などに集まり、数千羽から数万羽の集団ねぐらを形成する。小規模ではあるが、繁殖前や繁殖に参加していない成鳥も集団ねぐらを形成する。

Sibley分類体系上の位置[編集]

シブリー・アールキスト鳥類分類
ツバメ亜科 Hirundininae

種の保全状況評価[編集]

国際自然保護連合(IUCN)により、レッドリスト軽度懸念(LC)の指定を受けている[1]

日本の以下の都道府県で亜種Hirundo rustica gutturalisが、レッドリストの指定を受けている[9]

日本におけるツバメに関する文化[編集]

人との関わり[編集]

日本においては、水稲栽培において穀物を食べず害虫を食べてくれる益鳥として古くから大切にされ、ツバメを殺したり巣や雛に悪戯をする事を慣習的に禁じ、農村部を中心に大切に扱われてきた。江戸時代にはツバメのは雑草の駆除に役立つと考えられていた。「人が住む環境に営巣する」という習性から、地方によっては、人の出入りの多い家、商家の参考となり、商売繁盛の印ともなっている。また、ツバメの巣のある家は安全であるという言い伝えもあり、巣立っていった後の巣を大切に残しておくことも多い。

語彙・語句[編集]

燕を冠したもの[編集]

鳥以外の意味[編集]

  • 「燕」または「若い燕」は、年上の女に養われている、またはつきあっている若い男を指す俗語[11]

ことわざ[編集]

  • 「ツバメが低く飛ぶと雨が降る」という観天望気(天気のことわざ)があり、根拠は湿度が高くなるとツバメの餌である昆虫の羽根が重くなって高く飛べなくなり、それを餌とするツバメも低空を飛ぶことになるからと言われている。
  • 燕雀安くんぞ鴻鵠の志を知らんや (陳勝を参照)

物語[編集]

  • 竹取物語』 - かぐや姫が5人の貴公子に出す結婚の条件の中に、燕の子安貝がある。
  • 幸福な王子』 - 金色に輝く王子の像が、越冬のためエジプトに渡ろうとするツバメを使いにして、貧しく不幸な人々のために自らがまとう宝石金箔を分け与える物語。
  • 秋物語』 - NHK「みんなのうた」で流れた、越冬できなかったツバメの物語を歌詞にした歌。
  • 雀孝行』 - 「昔、燕と雀は姉妹であった。あるとき親の死に目に際して、雀はなりふり構わず駆けつけたので間に合った。しかし燕は紅をさしたりして着飾っていたので親の死に目に間に合わなかった。以来、神様は親孝行の雀には五穀を食べて暮らせるようにしたが、燕には虫しか食べられないようにした」という説話

シンボル[編集]

JRバスのシンボルマーク

以下の地方公共団体が市町村の鳥にツバメを採用している。

日本救急救命士協会のシンボルマークにも使われている。 JRバスのシンボルマークにも使われている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b Hirundo rustica in IUCN Red List of Threatened Species. Version 2011.2.” (英語). 国際自然保護連合(IUCN). 2012年4月22日閲覧。
  2. ^ Hirundo rustica (Species Factsheet by BirdLife International)
  3. ^ Hirundo rustica (Linnaeus, 1758)” (英語). ITIS. 2012年4月22日閲覧。
  4. ^ ひと目でわかる野鳥 (2010)、158頁
  5. ^ 神山和夫 「ツバメ・モノグラフ」『BIRDER』26巻5号、文一総合出版、2012年、10-11頁
  6. ^ まれに自営業をしている民家の天井に、大量の繁殖中のつがいがそれぞれ巣を作る光景が見受けられる。
  7. ^ この行動は江戸時代中期の説話集『新著聞集』や大正時代岩田勝市因伯珍談』に記録が見られる。
  8. ^ 直下には便器。民家の軒先など人が住むにぎやかな環境に営巣するという習性そのもの
  9. ^ 日本のレッドデータ検索システム「ツバメ」”. (エンビジョン環境保全事務局). 2012年11月11日閲覧。 - 「都道府県指定状況を一覧表で表示」をクリックすると、出典元の各都道府県のレッドデータブックのカテゴリー名が一覧表示される。
  10. ^ 千葉県レッドデータブック動物編(2011年改訂版) (PDF)”. 千葉県. pp. 120 (2011年). 2012年11月11日閲覧。
  11. ^ 頻繁に女の巣に通うことから例えられる。後に女性解放運動家平塚らいてうの夫となる、平塚より5歳年下の画家・奥村博史が(運動の邪魔にならないよう、一時的に身を引いた際に)、自分を例えて「水鳥たちが遊ぶ池に迷い込んだ若い燕」と表現したことに由来する(瀬戸内寂聴小説『美は乱調にあり』では、平塚が奥村をラブレター上で若い燕と形容したことになっている)

参考文献[編集]

  • 大田眞也 『ツバメのくらし百科』 弦書房、2005年、ISBN 4902116316
  • 『ひと目でわかる野鳥』 中川雄三(監修)、成美堂出版、2010年1月ISBN 978-4415305325

関連項目[編集]

外部リンク[編集]