ケンタウルス座

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ケンタウルス座
Centaurus
Centaurus
属格 Centauri
略符 Cen
発音 [sɛnˈtɔrəs]、属格:/sɛnˈtɔraɪ/
象徴 the Centaur
概略位置:赤経 13
概略位置:赤緯 −50
正中 5月20日
広さ 1060平方度 (9位
主要恒星数 11
バイエル符号/
フラムスティード番号
を持つ恒星数
69
系外惑星が確認されている恒星数 8
3.0等より明るい恒星数 9
10パーセク以内にある恒星数 15
最輝星 α Cen(−0.1
最も近い星 プロキシマ・ケンタウリ(α Cen C);(4.22光年)
メシエ天体 0
流星群 Alpha Centaurids
Omicron Centaurids
Theta Centaurids
隣接する星座 ポンプ座
りゅうこつ座
コンパス座
みなみじゅうじ座
うみへび座
てんびん座(角で接する)
おおかみ座
はえ座
ほ座

ケンタウルス座(Centaurus)は、トレミーの48星座の1つ。南天の明るい星座である。日本では星座の半分程度しか見えない場所が多く、全体が見えるのは沖縄県の一部や小笠原諸島の一部地域である。

α星β星ともに、全天21の1等星の1つである。

主な天体[編集]

恒星[編集]

2つの1等星α星とβ星以外に、γ星[1]、ε星[2]、η星[3]、θ星[4]の4つの2等星がある。

  • α星:全天21の1等星の1つであり[5]、リギル・ケンタウルス(Rigil Kentaurus)という固有名があるが、日本語では学名を訳さずそのまま読んだアルファ・ケンタウリ(α Centauri)というほうが通じやすい。この星は地球から4光年強の距離にあり地球から最も近い恒星系である[5]。太陽とよく似た黄色の主系列星のα星A[6]、オレンジ色の主系列星のα星B[7]赤色矮星[8]α星Cプロキシマ・ケンタウリ(Proxima Centauri)の三重連星である。このプロキシマ・ケンタウリは太陽系から最も近い恒星である[8]。2012年に、α星Bに惑星が発見されている。
  • β星:ハダルは、全天21の1等星の1つで[9]、青白い0.6等星[9]。アゲナとも呼ばれる。
  • γ星:ムリファイン
  • ε星:バーダン
  • η星
  • θ星:メンケント

星団・星雲・銀河[編集]

その他[編集]

  • BPM 37093:ダイヤモンドの塊などとも言われる、炭素の結晶化の理論検証に利用されている白色矮星[10]

由来と歴史[編集]

古代メソポタミアでは、紀元前5千年紀に成立した最も古い星座の1つである。人頭身とされ、ケンタウルスに似た2腕4脚、または、直立した2腕2脚の姿に描かれた。これらはバイソンマン (the Bison-Man) またはブルマン (the Bull-Man) と呼ばれ、狂(現在のおおかみ座)と対をなす[11]

紀元前3千年紀後半にはイノシシ (the Wild Boar) に変化した[11]

この星座は紀元前4世紀のエウドクソスと紀元前3世紀のアラトスによる言及がある。プトレマイオスは、この星座の37の星のカタログを作った。現在はギリシャからこれらの星を見ることは困難だが、プトレマイオスの時代には歳差運動による地軸の向きの関係で見ることができたと考えられている[12]

神話[編集]

古代ギリシャでは、想像上の動物ケンタウロス (ラテン語読みでケンタウルス) とみなされた。ケンタウロスが由来の星座はほかにもいて座がある。これらの2つの星座はその由来からしばしば混同された[注釈 1]。いて座は、ケイローンという名の、神の子たちを立派に育て上げたとされるケンタウロスで、ケンタウルス座は、ポロスという別のケンタウロスが由来だとされる。

呼称と方言[編集]

日本では、センタウル座と呼んだ時代がある。またしばしばケンタウロス座とも呼ばれる。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 古代ローマの詩人オウィディウスは祭暦(Fasti)の中でケンタウルス座の由来をケイローンとしている。

出典[編集]

  1. ^ SIMBAD Astronomical Database”. Results for CCDM J12415-4858AB. 2013年2月2日閲覧。
  2. ^ SIMBAD Astronomical Database”. Results for V* eps Cen. 2013年2月2日閲覧。
  3. ^ SIMBAD Astronomical Database”. Results for * eta Cen. 2013年2月2日閲覧。
  4. ^ SIMBAD Astronomical Database”. Results for LHS 2858. 2013年2月2日閲覧。
  5. ^ a b SIMBAD Astronomical Database”. Results for * alf Cen. 2013年1月20日閲覧。
  6. ^ SIMBAD Astronomical Database”. Results for HR 5459. 2013年1月20日閲覧。
  7. ^ SIMBAD Astronomical Database”. Results HR 5460. 2013年1月20日閲覧。
  8. ^ a b SIMBAD Astronomical Database”. Results for V* V645 Cen. 2013年1月17日閲覧。
  9. ^ a b SIMBAD Astronomical Database”. Results for V* bet Cen. 2013年1月19日閲覧。
  10. ^ CfA Press Release - This Valentine's Day, Give The Woman Who Has Everything The Galaxy's LargestDiamond”. 2013年6月4日閲覧。
  11. ^ a b 近藤二郎 (2010年). わかってきた星座神話の起源 古代メソポタミアの星座. 誠文堂新光社. ISBN 978-4-416-21024-6. 
  12. ^ Ian Ridpath. “Star Tales - Centaurus”. 2014年2月5日閲覧。